キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。
履歴書や面接では志望動機が必ず必要になりますので、それまでには志望動機を語れるよう準備しておく必要があります。
では、志望動機が思いつかない場合はどうすればいいのでしょうか。考え方とは?
志望動機が思いつかないのは、あなたが転職しようと思った理由に原因があるのかもしれません。もう一度なぜ転職したいのか見つめ直し、志望動機に繋がるよう頭を整理していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

在宅勤務として募集の多い職種や在宅勤務のメリット・デメリット

育児や親の介護など、在宅で働きたいという方も多いと思います。本当は今の会社で働き続けたいという気持ち...

会社を辞めることを相談したいなら、相手をしっかり選ぼう

仕事をしていく上で、誰でも楽しく意欲を持って働けているわけではありません。心や体に限界を感じた時...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

受付の対応で感じが良いと思ってもらえるマナー

受付は、会社の顔とも言える場所です。その時に間違った対応をしてしまうと、来社したお客様や、そのお...

スーツを上手に着こなして、快適に冬を過ごそう

スーツの素敵な着こなしのポイントの一つに、「季節感を大切にする」というものもあります。日本に...

上司とのラインで絵文字やスタンプはNG?ラインのマナーを解説

仕事の連絡を上司にするとき、ラインを使ってやり取りをしている人もいるのではないでしょうか。このときに...

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。管理職になることであなたにふりか...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

お客様にお詫びメールをする時は誠意が伝わる対応をしよう

仕事でミスをしてしまったら、逃げたくなってしまうこともあるでしょう。ですが、仕事にミスはつきもの...

仕事中に眠いときの対処法!睡魔を撃退するために出来ること

仕事中に急激な睡魔に襲われ、眠いのを我慢しながら仕事をすることもあります。眠いとなかなか仕事がはかど...

これから流行るであろう、将来性のある仕事とは

これからはどんな仕事が流行るのか、儲かる仕事、将来性のあるのはどんな仕事なのか気になりませんか?...

スポンサーリンク

志望動機が思いつかないのは転職する理由が原因かも。自分を見つめ直し将来どうなりたいのか整理することから始めよう

これから転職をするつもりでいるのに、志望動機が思いつかない。志望動機が思いつかないようでは、転職する時に困ります。志望動機が思いつかないということは、どんな仕事をしたいのかもまだわかっていないのかもしれません。志望動機を考える前に、仕事で何をしたいのかを考えてはいかがですか?

転職先に何を求めるのか

志望動機が思いつかないということは、あなたは、今働いている会社にどんな不満があり、どうして転職したいのか、まだわかっていないのだと思います。

今の現状に何か問題があるから、転職を考えているのだと思います。転職することにより、その問題を乗り越えることができるのか、それを考えるべきです。

例えば、あなたが持っている才能や経験を考えれば、別の会社でもっと良い給料で働くことができる。それがネックで転職を考えているのなら、それも志望動機になります。

何か資格は取得したけど、それを生かせるポジションが今の会社にはない。だから、資格や経験を生かせる会社に転職する。それも志望動機です。

何が問題で転職をしたいのか、その原因が理解できれば、自ずと、志望動機は見つかるはずです。

志望動機が思いつかないまま転職活動をしても問題ないが、面接時までにははっきりさせておく必要がある

履歴書で、志望動機の欄がそれほどないものを使用して、転職活動をすることはできます。そのような履歴書を使って、実際、書類審査を通過することもありますし、会社によっては、書類審査もなく、すぐに面接という企業もあります。

面接までにはしっかりとした志望動機は持つべき

履歴書も自分で作成することができます。作成する時に、志望動機の欄を作らず、他の欄にして履歴書を提出することもできます。

志望動機がネックで履歴書が作成できない、相手の企業に履歴書が提出できないようでは、転職活動はうまくはいきません。

それよりは、志望動機を書かなくても良い履歴書を購入したり、作成して、バンバン、応募するべきです。

面接時には、しっかりとした答えを持つべきです。それまでの過程では、履歴書は志望動機がないものを利用し、企業に応募することを優先すべきです。

履歴書は自分で作成できますから、志望動機がどうしても思いつかない時は、そのようにして、臨機応変に転職活動はできます。

転職したいのに志望動機が思いつかない時の考え方

自分が持っている知識や経験を考えれば、今の年収ではとても満足はできない。転職したい意思は強く持っていても、志望動機は思いつかない。履歴書に書け、面接で言える志望動機を見つける一つの方法になりますが、応募する企業のホームページをじっくり観察することで、志望動機が思いつくこともあります。

思いつかない時は企業のホームページを見る

企業のホームページを見るうちに、この点を評価したい、社長さんの考えなど、あなたが共感できる点が見つかります。それを転職時の志望動機にできます。

求人の情報を元にする

企業によって、ホームページが無いこともあります。企業が販売している商品があれば、それを元にして志望動機を書けます。それもない場合は、求人広告に書かれていることを元にして、志望動機を考えることもできます。

何かかしら、企業に関する情報を入手することです。それを元にして、志望動機を考えましょう。

自己分析は転職する上で大切なこと。志望動機につながることも

どうして今の仕事を止めて、転職したいのか。はっきりとした理由を転職をする時わかっていた時が、転職活動はしやすいと思います。というのも、何か問題を感じているからこそ、あなたは転職をしたいと感じていますし、それが、志望動機になるからです。もしかしたら、今の会社で責任あるポジションを任され、それが反って重荷で転職を考えているのかもしれません。転職したい理由をはっきりさせてから、転職活動を行った方が物事はスムーズに運ぶと思います。

問題ははっきりさせること

例えば、今の会社では、残業があまりにも多すぎて、それが原因で、あまり残業がない会社に転職するというのも転職理由になり得ます。

今働いている環境の中で、何か問題を感じているからこそ、あなたも転職を考えているのだと思います。残業があまりに多すぎるので、あまりない会社に転職し、もう少しプライベートを優先させたいというのも、立派な転職理由、志望動機になると思います。

なぜ転職したいのか、理由と志望動機に一貫性をもたせることが大切

履歴書でよく言われるのは、理由や志望動機に一貫性を持たせて下さいと突っ込まれます。転職する時は、転職する理由と志望動機が関連させるべきです。というのも、この二つに違いが生じると、矛盾した履歴書になり、採用はされないかもしれません。

転職したい理由と志望動機には関連性はあること

この二つに何か矛盾があると、面接官の方は、「この応募者が転職をしたい理由は、他にあるな」という印象を持たれます。それが原因でもしかしたら、書類審査が通らないかもしれません。面接でも、その点について突っ込まれ、最終面接までたどり着けないかもしれません。それを防ぐためにも、転職したい理由と志望動機には、矛盾なく、関連性があるようにして下さい。

そのためにも、転職する理由は、前向きなものにしましょう。例え、理由が何か否定的なものであったとしても、肯定的に書くようにして下さい。素直に全て書けば書類審査が通過する訳ではありません。企業から好印象を持たれる履歴書を作成し、賢く転職活動を行って下さい。