キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

ビジネスにおけるマナー、食事の際に気をつけるポイント

ビジネスマナーには、身だしなみや挨拶の仕方などがありますが、その中でも忘れてはいけないのが、食事のマナーです。
ビジネスの場における食事は、通常のものとは異なりますので、うっかりミスで、取引先や上司に不快な思いをさせてしまう恐れもあります。
そういった事がないように、いくつかのポイントをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。...

ネット販売は手軽?副業としてネット販売を行うために必要な知識

ネット販売はお家にいて商売が成り立ち、手軽な感覚があります。そのため副業としてネット販売を考える方も...

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

転職で覚えておくべき優良企業の探し方。失敗しない会社選び

今の会社に不満があり、転職を考えている方も多いと思います。ここで誰もが考えるのが「優良企業に転職...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います...

名刺交換の挨拶で印象は決まる!ビジネスにおける基本マナー

名刺交換の挨拶はビジネスにおいて欠かせないものです。これから名刺交換をするようになるという新入社...

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけな...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

これから流行るであろう、将来性のある仕事とは

これからはどんな仕事が流行るのか、儲かる仕事、将来性のあるのはどんな仕事なのか気になりませんか?...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

お客様にお詫びメールをする時は誠意が伝わる対応をしよう

仕事でミスをしてしまったら、逃げたくなってしまうこともあるでしょう。ですが、仕事にミスはつきもの...

電話が怖い【仕事編】克服するためにすぐに取り入れたいコツ

電話はどの仕事でも必要な業務のひとつ。電話が苦手で怖いという人も仕事で電話応対をしなければならないこ...

スポンサーリンク

ビジネスを成功させる、取引先との食事マナー

ビジネスでの食事と言えば、取引先との会食です。

ビジネスでの食事の席は、ただかしこまった食事会というだけではありません。取引先との食事が今後の取引に影響する可能性はゼロではありませんので、気心知れた相手との食事とは違うため、細部まで気を抜けない時間です。

取引先との食事会場は、高級店のイメージがありますので、気になるのはテーブルマナーでしょう。

テーブルマナーを気を付けるのは当たり前ですが、ビジネスでの食事会マナーはそれだけではありません。

ちなみに、取引先との食事会は相手の好み等も考慮してお店選びをするため、必ず高級店になるとは限りません。ただ、相手はお店の雰囲気や接客も込みであなたやあなたの会社の印象として残ることがあります。そのため、お店に事前にに足を運んで雰囲気を見ておくと安心です。

食事会当日は最後の最後まで気が抜けません。取引先の情報をしっかり頭に叩き込んでおくのは当然ですが、担当者の情報も出来るだけ仕入れておきます。

食事会が始まったら、仕事の話ばかりは嫌がられます。こちらが中心になって話をするのではなく、相手に気持ちよく話をしてもらえるように、きっかけとなる話題をいくつか考えていきましょう。

注文を取りまとめたり、飲み物を追加するタイミングなども逃さないように、話を盛り上げながらもテーブル上を自然にチェックしましょう。

また、当日の天気や道路状況等も確認しておきましょう。取引先よりも先に現地に付いて最終確認やお出迎えをしますので、遅刻は絶対にNGです。

雲行きの怪しい天気の時はお店に傘を貸してもらえるか、取引先に送迎の車がある場合は駐車場の位置や配車など細部まで色々な想定をして準備しましょう。

最後はお見送りをしっかりと行い、手土産を用意した場合は最後に渡します。

なお、ビジネスでの食事会利用の多い店だと、お店の人に協力やフォローしてもらえる可能性もあります。細かなところまで気遣いが出来るお店を選ぶことが成功のカギかもしれません。

食事を社内で行う時のビジネスマナーのポイント

取引先とのビジネスの食事会は緊張しますが、同じ会社の人との食事も相手によっては緊張の時間になります。特に新社会人はビジネス関係の食事会が初めてで、学生ノリになってしまわないように注意が必要です。

慣れないうちは特に社内の人との食事でも仕事の延長感覚でいると失敗が少ないでしょう。

  • 業務時間外の食事と言えど、時間を守ることは基本です。出来るだけ上司や先輩よりも先に会場に着くようにしたいところです。
  • 同じ社内の人との食事会でも席順には配慮が必要です。上司や先輩を差し置いて上座に座らないようにしてください。新人や一番後輩、幹事の人は、飲み物の追加注文をしたり、料理やグラスの取次をするためにも出入口の側に席を確保しましょう。
  • ジャケットやコートなどを掛けるハンガーがある場合は、コートを掛ける係もします。鞄やコートなど荷物で席が狭くなっていないかも確認して、置き場所を確保するなどしましょう。
  • 飲み物が全員に行き渡ったら乾杯をしますが、それまでは口を付けないで待っています。また、乾杯時のグラスの位置は上司や先輩より低い位置になるようにします。学生のように元気いっぱいグラスを持ち上げるのは止めましょう。
  • 料理の取り分けを積極的に行い、取り分けた皿は上司から順番に渡していきます。上司や先輩がまだ手を付けていないのに勝手に食べ始めたりするのはNGです。

ビジネスではつきものの、上司との食事の際に気をつけたいマナー

働いていると上司に食事に誘われることもあるでしょう。私も上司と食事したことはあっても、業務で関わっていない会長に食事を誘われたときはとても緊張しました。上司でも仲が良くて距離の近い関係になっていれば気楽な感じで食事を楽しむことも出来ますが、マンツーマンだと緊張するような上司や何とか取り入りたい上司との食事ならマナーに気を付けましょう。

もしも、上司から食事に誘ってくれたとしても何もかもお任せではいけません。

時間厳守や席、飲み物の追加タイミングなど基本的な事は社内での食事会と同じことです。ただ、大人数での食事会だと多少大雑把なところがあっても目立ちませんが、少人数での食事会だと一人一人の行動が目立ってしまいます。

お店が上司の行きつけのお店やお勧めのお店だとしたら、お店を褒めることは上司を褒めることにも繋がります。上司を直接褒めるのはおこがましい感じがしますし、言い方によっては白々しいおべっかに聞こえてしまいます。

しかし、お店を褒めるなら言いやすいでしょう。料理がおいしければ素直に美味しいと感想を言い、雰囲気が素敵だと思えばそのように伝えましょう。良いと思った事があれば素直に伝えた方が部下として可愛いです。

個人的な食事会の時に気になるのは会計です。上司が払ってくれるか割り勘なのかは関係性等によって違うと思いますが、奢りだと思い込んだ行動はしないようにしましょう。

会計の時にぴったり側にいたり、払うと押し問答をするのはマナー違反です。

会計に行く直前にそっと払う姿勢を見せましょう。おごってくれるというならしっかりお礼を言います。その場でお礼を言うだけでなく、次に会った時にももう一度お礼を言いましょう。
割り勘の場合は、「じゃあいくらで」など言われると思いますので、レジの前に行く前にお金をそっと渡すか、会計後に渡すと良いでしょう。

一人だって気は抜けない、会社で昼食をとる時のマナー

取引先や同僚との食事会ではマナーを気にする人も多いですが、昼食のマナーを見落としている人は意外と多いです。

昼食に一人で休憩室やデスクでお弁当を食べる場合は、一人で食べると思ってしまうため、つい周囲への配慮に欠けてしまう事があります。

お弁当は意外と匂いがします。匂いのきつい食材は入れないようにして、どうしても匂いがする場合は換気するなどしましょう。

匂いは買ってきたお弁当の空き容器や食べ残しなどのゴミからもすることがあります。
蓋のないゴミ箱やすぐにゴミが回収されない場合は、容器を軽く洗ってから捨てたり、出来るだけ食べ残さないようにしましょう。

全員で一斉にお昼休憩になる会社ならデスクでご飯を食べていてもそれほど気にならないかもしれませんが、仕事をしている人もいる場合は、匂いだけでなく音にも気を付けましょう。麺類等はあまり豪快に音を立てて食べないようにするなど、静かに食事をするのもマナーです。

同僚と一か所に集まって食べる場合は、自分のデスクではない所で食事をすることもあるでしょう。自分のデスクでもそうですが、他人のデスクの場合は特に食事をした場所は使用後に拭いたりして食べかすが落ちていないように確認してください。

これが出来ていなければ全て台無し!?忘れてはいけない食事のマナー

取引先との食事も上司との食事も同僚との食事も、誰かと一緒に食事をするときはどんな場面であろうとテーブルマナーを守るのは基本です。

ビジネスの相手だと尚更気を付けなければいけません。

箸やカトラリーの持ち方、使い方を守るのは基本です。日本人だと箸は使い慣れていますが、日常的に使い慣れているからこそ、マナー違反をしていても気付いていないこともあります。

箸先をなめたりかんだり、食べ物に突き刺したり、箸置きがあるのに皿の上に箸をおいてしまったり…普段何気なくやってしまっている事だと気を付けていても出てしまう事があります。

ビジネス上で食事をする機会がある人は、普段からマナーに気を付けた食事の仕方をして練習すると良いでしょう。

食事のスピードは周囲と合わせるようにします。遅すぎたり早すぎるのはマナー違反になります。

会話の内容も食事の席にいるみんなが参加出来る内容にします。料理を褒めるのは良いですが、批判は止めてください。また、食事と会話のバランスも考えましょう。

取引先や上司が話しているときは、相手は食べるよりも話を聞く方に比重が重くなりますが、話に夢中になって相手の箸を止めすぎないようにします。