キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

仕事でのミスが怖い時の対処法、気持を切り替えるためにできること

誰でも仕事でミスをしてしまうのは怖いものです。
一度仕事で大きなミスをしてしまうと、また同じミスを繰り返してしまうのでは…とますます怖くなってしまいます。
ただ恐怖心を募らせたまま仕事をしてしまうと、その恐怖心からまたミスを生み、自信を失って仕事への意欲さえも失ってしまうかもしれません。
では、仕事でミスをしてしまうのが怖い時はどうすれば気持を切り替えることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

在宅勤務として募集の多い職種や在宅勤務のメリット・デメリット

育児や親の介護など、在宅で働きたいという方も多いと思います。本当は今の会社で働き続けたいという気持ち...

20代で独身なのにパート勤務なのはなぜ?気になる理由について

40代の子持ちの主婦がパート勤務を希望すると、多くの方は家事と子育てを両立するためだと思い疑問を...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

電話応対が上手になる練習のコツやポイント

会社で働くようになった時につき物なのが、電話応対です。 練習期間を設けてもらっていても、なかなか上...

社会人のマナーである服装選びで気をつけたいポイントを紹介

社会人のマナーとして服装にはどんなことを気をつけたらいいのでしょうか? これまで学生の間はいつ...

パートの事務の志望動機、企業が印象に残る志望動機の書き方

お子さんがある程度大きくなると仕事に復帰する方が増えてきます。またフルタイムではなくても、空いて...

取引先へのお礼は必須!飲み会後のお礼メールのタイミングと内容

取引先の会社から飲み会に接待してもらったあとは、しっかりとお礼のメールを送ることがビジネスにおいて大...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。 ...

ビジネスで大切な電話のマナー、電話の受け方かけ方を解説

ビジネスマナーとしてぜひ覚えておきたいのが電話のマナー。 電話対応が悪いと、会社の信用問題にも...

仕事が向いてないと感じるが、半年では本質が見えていないことも

社会に出て仕事をしていると、多かれ少なかれ悩みを抱えます。 これはどんな人にも言えることでしょう。...

働き方について考える。正規の雇用のメリットについて

お子様が小さなときにはパートで働いていても、小学生になってある程度手を離れるとフルタイムで働きたいと...

異動したい時のやり方や、願いが通らなかった時の退職の仕方

働いている中で、今所属している部署が自分に合わなかったり、事務から営業など、別の担当に変わりたいとい...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

銀行の事務の志望動機と業務内容、家事と育児を両立するコツ

長く働ける、安定していると言った理由で銀行の事務のパートは主婦から人気です。 面接するにあたっ...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。 それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

スポンサーリンク

仕事でミスをしてしまうのが怖い時は、1人で悩まず上司に相談をする

今まで生きてきた中で、一度もミスをしたことがない人などいませんよね。それは社会に出てからも同じことで、今は完璧に仕事をこなす憧れの先輩でも、そこに至るまでには些細なミスで上司から叱られた経験もきっとあるはずです。

ミスをするのが怖いのは誰しも同じ

大なり小なり、人間はミスを繰り返しながら成長していく生き物です。さすがに同じようなミスを何度も繰り返すようでは、仕事の進め方自体に問題があると言わざるを得ませんが、肝心なのはミスをした時にどのようにその状況を切り抜けるか、そしてそのミスを今後の仕事に活かすかということに尽きます。

またミスをして周りに迷惑をかけてしまうのではないかと、怖い思いをしながら仕事をするくらいなら、まずは今後どのようにすればミスを減らすことができるのかを、周囲の人たちと一緒に考えてみましょう。上司や同僚からの助言を受けるだけでなく、ミスのないようにチェック作業を二重で行ってもらうのも効果的ではないかと思います。

ミスをしそうで怖いなら、自分なりのルールを作って仕事に抜けがないか入念にチェックしては

人はひとたび不安を感じてしまうと、その通りに事が運んでしまうのではないかと、ますます不安が増大してしまうものです。まだ起きてもいないミスを怖いと感じたために、余計なミスを生む可能性が高くなるくらいなら、怖さを払拭するための具体的な行動を取ることで、仕事上のミスを減らすことができます。

ミスが起きやすい状況をなくす

たとえば、多くの仕事を抱え込みすぎて、期日までにやらなければいけないことを忘れてしまうようなミスが多いのであれば、自分が同時進行している作業を全て書き出してみて、そこに優先順位をつけることで、先にやるべき仕事の順序が明確になります。

一つの作業が終わったらチェックを付け、仕事に抜けがないかどうかを必ず確認しながら進めていけば、今後は同じようなミスが起こりにくくなります。

仕事上のミスとして多いのが、「きっと自分以外の誰かがやってくれるだろう」という根拠のない思い込みから、確認を怠ることです。

そのように自分に都合よく考えるのは、誰しも同じことですので、他人まかせにせずに自分が最後に確認するクセをつけるか、それが難しい場合は他の人に仕事を振るといった配慮をすることが、ミスの抑制にもつながります。

なぜ仕事でミスをしてしまうが怖いのか、怖い理由を深堀りすることも必要

仕事をするうえでは少なからず誰しも、ミスをするのは怖いものです。それがたとえほんの些細なミスから始まったことだとしても、結果的に周囲を巻き込んだ大きなトラブルに発展する可能性を考えると、仕事に対しても積極性を欠いたり、ミスに対する言い逃ればかりを考えるようになることも。

ミスが怖い理由を明確にする

人前で話すことが苦手な人にとっては、社外向けのプレゼンは緊張感からミスをしてしまうのではないかと、それだけでも怖さを感じるものです。

ミスをしてしまうことが怖いのでしたら、まずは人前で話す際の緊張感を和らげるところから始めるのが効果的です。

自分の提案に対して矛盾点を突っ込まれるのを恐れるあまり、早口でわかりにくい説明にならないように、まずはわかりやすさを優先するように努めましょう。

資料の内容にもミスがないように、入念な下調べをするのはもちろんのこと、事前に上司や同僚を相手に本番のシミュレーションを行うことで、緊張を克服しましょう。

発言者の自信のなさは、見ている側にも伝わりますのでご注意を。

仕事でミスをしたことよりも、成功したことを頭にインプットさせることも大事

成功体験を重ねることで、人は自分に自信がつき、ミスを必要以上に怖いと感じないようになります。そのためには、仕事によるミスをいつまでも引きずるのではなく、成功したというポジティブな感情を生かしていきましょう。

成功の積み重ねはミスに勝る

仕事でミスをしてしまったからには、何の解決策も取らずにそのことを忘れてしまっては意味がありませんよね。しかし、そのままミスすることが怖いと落ち込んでばかりいては前に進めません。

仕事のミスが怖いからとビクビクして過ごす代わりに、何かが上手くいくたびに、自分を褒めてみましょう。ほんのわずかなことでもいいので、何かに成功したという記憶を積み重ねていけば、自分自身にも自信がつき、それは必ず仕事をするうえでもプラスに働くのです。

上司に仕事でミスをしたことを伝えるのが怖い時の対処法

自分が仕事でミスをしたことに気付いた時、一番大切なのは次にそれをどう行動に移すかです。そのまま放置して現実逃避したところで、ますます問題は大きくなるばかり。そうなる前にまずは、ミスをしたという事実を周囲に伝える必要があります。

ミスで叱られることよりもミスが大きくなるほうが怖い

仕事に厳しい上司に対して自分のミスを報告するのは、勇気がいりますよね。しかし、そこで自分の保身に走った伝え方をしてしまうと、ミスしたことを言い逃れしたいという気持ちが伝わることで、ミスをしたということよりもさらに悪い印象を与えてしまうことにもなりかねません。

ミスをしてしまったことは事実として認め、そのうえで今できる解決策を考える手助けを乞うことに軸を置きながら報告したほうが、結果的には上司の信頼を得ることにつながるということを意識しておきましょう。