キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

仕事中に眠いときの対処法!睡魔を撃退するために出来ること

仕事中に急激な睡魔に襲われ、眠いのを我慢しながら仕事をすることもあります。眠いとなかなか仕事がはかどらないため、なんとか睡魔を撃退したいと考えるものです。

ここでは、仕事中に眠くなったときに出来る対処法についてお伝えします。すぐに出来る色々な対処法をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

毎日眠いと体がとっても辛いもの。休めるときはしっかりと体を休め、毎日の仕事に元気に取り組めるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。...

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか?スーツのジャケットのボタ...

ビジネスパーティーに出席する時の女性の服装選びとマナー

会社主催の祝賀会や式典を行うビジネスパーティーに出席する時には、服装のマナーも大切です。個人的なパー...

欠席をお詫びする場合のメールは当日連絡は控えましょう

社会人になると、社内の同僚や上司と食事に行く機会もあると思います。それだけではなく、取引先の相手...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

ジャケットの袖丈が長い時の対処方法とジャストなサイズについて

ジャケットの袖丈が長いとどのような印象を与えてしまうのでしょうか。清潔感があっても、サイズが合っ...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。ここでは、仕事のミ...

ビジネススキルは資格取得でアップ!身につけたいポイントを紹介

ビジネススキルをアップするために資格を取得したいと考えている人は必見です。大変な勉強をして資格を...

電話が嫌いな女性でも克服できる!今日からやるべき対策を紹介

電話が嫌いな女性でも仕事をしていると電話対応をしなければならないことがあります。できるだけ受けた...

男女の顔の違いをわかりやすく解説!イラストの描き方とコツ

イラストを描く上で大切なのが、男女の顔の違いを知ること。違いを知ってそこからアレンジすれば、...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

夜勤の睡眠不足を解消するコツや上手な眠りのポイントを紹介

夜勤による睡眠不足に悩まされているあなた。夜勤がある職業の人は睡眠を取る時間がその日によって違うため...

ビジネスマナーで大切な、手土産の渡し方についてご紹介

ビジネスマナーを学ぶ上で、さまざまな事柄がありますが、その中でも、手土産の渡し方も大切です。...

スポンサーリンク

仕事中に眠い時の対処法・ツボ押しをしてリフレッシュ

家事だけではなく子育てもしながら働くと仕事中でも眠くなってしまうことがあると思います。

眠いまま仕事をすると効率も悪くなり上手くいかないことも。

簡単にできる眠気覚ましの方法としてツボを押す方法があります。

体をリフレッシュさせて眠気を覚ますのも方法のひとつです。

  • 1つ目 手を開いた時に手の甲側の親指と人差し指の間を触ると骨の付け根があります。
    皮の部分ではなく、骨の付け根近くを数秒押します。
  • 2つ目 手の平の中心を数秒押します。

眠いときは手と顔の運動で睡魔を撃退!仕事中に出来る対処法

デスクワークなど、仕事中でもできる方法として手や顔のストレッチがあります。

眠い時は、まぶたが重い感覚がある方も多いと思います。

手や顔を使って眠気をスッキリさせてみるのも簡単でおすすめです。

仕事の内容によりますが手を自由に使えて、あまり人目を気にしなくて良い場合は試しやすいと思います。

  1. 手でグーをつくり、その後広げられるまで大きく手を開きます。
  2. これを反対の手と交互に行います。

ポイントとしては、軽くではなく思いっきり手を閉じたり開いたりすることです。

まぶたが重く、人目を気にしなくても良い仕事の時におすすめです。
また、トイレに行ったときなど、まわりを気にしなくても良い環境だと簡単にできます。

  1. 顔の中心に目や口を集めるように意識して目をつぶります。
  2. 口は唇を「む」の形にして思いっきり突き出します。

こちらも、軽くではなくできるとこまで顔のパーツを動かすことでよりスッキリします。

仕事中の眠気は正しい姿勢で座るだけでもOK!すぐに出来る対処法

座ってする仕事だと仕事に夢中になり、気づくと姿勢が悪くなっていることがある方も多いと思います。

例えば、文字を書くことに集中して背中がまるまり、頭が机の近くまで下がっていたり…
または、椅子の背もたれのよりかかりお腹を突き出すように座っていたり。

時間が経つに連れ良い姿勢をキープできなくなること、眠気を引き起こすこともあります。

まずは、姿勢を正しくしてみるのも良いです。

  • 背中
    背中が丸まると目線が下にいってしまいます。
    背筋をまっすぐ伸ばすことが大切です。
  • お尻
    お尻の位置も重要です。
    浅く腰掛けると姿勢が悪くなるので、椅子に深く座るようにします。

  • 姿勢を良くする時に、目線の位置ばかりが気になりがちですが顎の位置でも大きく変わります。
    顎は軽く引くようにすると正しい姿勢につながります。

眠いときは短時間の仮眠もおすすめ!仮眠で眠気への対処を

車など運転して移動する仕事の場合の眠気は、事故などにもつながるのですぐに無くしたいもの。

ツボ押しや顔の体操なども良いですが、仮眠をとることが出来る仕事の時は思い切って仮眠を取ることもおすすめです。

時間は15分程度

仮眠できる状況だと眠れるだけ眠ってしまいたくなりますが、長い時間仮眠をとると目覚めたあとの体も変わってきます。

仮眠は脳の働きとも関係性があり仮眠をとることを日課にしている職場もあるほどです。
適度に仮眠を取ることで仕事の効率も良くなるそうです。そのため、時間は15分程度に留めておきます。

仕事中に眠いときはこんな対処法もOK

他にも、様々な方法で眠気を覚ますことができます。

職種によっては難しい物もありますが、出来る方法で実践してみてください。

ガムを噛む

ガムを噛むとしばらく口を動かすことになります。
口を動かすことで、脳に刺激が伝わっていくことで眠気がおさまることがあります。

体を伸ばす

ずっと同じ姿勢でいると眠くなってくることも。
例えばデスクワークだと上に手を伸ばし背中を伸ばしたり、腕を軽く曲げ腕の付け根を回すなど、体を伸ばしてあげるのも方法の一つです。

体を少しだけ冷やす

長時間体を冷やすことは良くありませんが、一時的に冷やすことで眠気が冷めることがあります。
効果的なのは首の後ろなどがおすすめです。

発熱した時など、体温を早く下げたい時にも有効となる場所です。

目薬をつかう

長時間同じ物を見るパソコンを使った仕事などは、目が疲れてきて眠気につながることも。
最近では、目がスッキリするような目薬もあります。
自分に合った目薬を使うと良いです。

睡眠時間を見直す

睡眠時間は人それそれだと思いますが、日中眠くならないためには大切なことです。
睡眠時間が短かったり、寝る時間が遅すぎると眠気が強くなったり眠くなるタイミングが変わってきます。

睡眠は6時間~7時間しっかりとると良いです。