キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのかもしれません。

だいたい自分の髪を切るペースを決めている人が多いと思いますが、忙しかったりすると床屋に行く頻度がずれてしまう事もありますよね。

見た目をきちんと見せたいのなら1ヶ月に1回、ほどよく身だしなみを整えたいのなら2ヶ月に1回がおすすめな頻度となります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスマナーで大切な、手土産の渡し方についてご紹介

ビジネスマナーを学ぶ上で、さまざまな事柄がありますが、その中でも、手土産の渡し方も大切です。...

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います...

手紙の書き方【謝罪文のマナー】構成や注意点などポイントを紹介

手紙の書き方には謝罪を伝える手紙のマナーもあります。ビジネスにおいてお客様などへ謝罪する際に、電...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

ビジネススキルは資格取得でアップ!身につけたいポイントを紹介

ビジネススキルをアップするために資格を取得したいと考えている人は必見です。大変な勉強をして資格を...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。ここでは、仕事のミ...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

学校のカウンセラーになるには?こんな資格があると有利

学校のカウンセラーになるにはどのような資格を持っていると有利なのでしょうか。とくに有利と言わ...

営業女子のための好印象メイクとは?ポイントは明るい肌

好印象を与えるのはどのようなメイクなのでしょうか。第一印象が大切な営業職は、清潔感を基本としてこ...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。そんな時、ビジネスマナーの...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

大切と大事の違いを知って正しく使って人と差をつけよう

「大切」と「大事」の違いを問われた時に、答えられない人がほとんどでしょう。話し手が、なんとな...

男女の顔の違いをわかりやすく解説!イラストの描き方とコツ

イラストを描く上で大切なのが、男女の顔の違いを知ること。違いを知ってそこからアレンジすれば、...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

スポンサーリンク

身だしなみ意識が違いのは?男性の床屋の頻度について理想は1ヶ月に1回

髪が長めの男性であれば、床屋に行く頻度が少なかったとしても、見た目にはさほど髪が伸びているようには感じないものですが、髪型や髪質によっては、少し伸びてきただけでもとても髪が伸びたように見えるものです。人気商売である芸能人やスポーツ選手の中には、見た目の変化を気にして、1~2週間に一度の頻度で床屋を訪れる人もいるようですが、金銭面や時間などを考えると、さすがに一般男性ではそうはいきませんよね。

自分なりの頻度で床屋に行く男性は多い

スポーツをしていた学生の頃であれば、床屋に行く手間やお金をかけるくらいならと、自分でバリカンで刈り上げてしまう人も珍しくありませんでしたが、さすがに社会人ともなると、スーツ姿に似合う髪型を維持するために、床屋で髪を切る人のほうが圧倒的に多くなるものです。

床屋に行く目安としては、自分の中で「ここまで伸びてきたら」といった基準がある人もいれば、だいたい○ヶ月に1回といったように、定期的に切りに行く人が多いようです。

周囲に伸びたと感じさせない程度に、同じヘアスタイルを維持したいのでしたら、本来は1ヶ月に一度くらいの頻度で切るのが理想です。よく言われているように、人間の髪はたった1ヶ月で1センチ以上伸びてしまいます。そのため時間が経つごとに、床屋で切った当初の髪型とはだんだんと見た目が変わってしまい、伸びているという印象を与えやすくなるのです。

男性の床屋の頻度は長くても2ヶ月に1回がおすすめな理由

元々長めな髪型であれば、多少床屋に行く頻度が空いたところで、さほど伸びたような印象は受けませんが、社会人の男性はショートカットにしている割合が高いため、何ヶ月も床屋に行かないままにしておくわけにもいかないものです。お気に入りの髪型を維持したいのであれば、月に一度は切りにいく必要がありますが、もう少し現実的な線でいくのでしたら、2ヶ月に1回くらいのペースを心がけると良いでしょう。

ほどよくヘアスタイルを保てるのは2ヶ月が限界

床屋に行ってから2ヶ月程度であれば、多少髪は伸びてきたとしても、整髪料の付け方で誤魔化すことはできますが、それ以上頻度が空いてしまうと、どうしても耳の周りや襟足あたりのもっさり感が目立ってきてしまいますので、周囲にだらしない印象を与えてしまう可能性も出てくるでしょう。

男性は床屋に通う頻度が高ければ身だしなみはバッチリ

なんとなく、床屋と言えば男性が通うところというイメージが強いかもしれませんが、近年では髪を切ること以外を目的として、定期的な頻度で床屋を訪れる女性も珍しくありません。

床屋ならではのサービスが女性にも好評

彼女たちはなんと、床屋では当たり前な顔そりを目当てにしているのです。

床屋にしか行ったことがない男性には、なぜわざわざそのためだけに床屋を訪れるのか不思議に思うかもしれませんが、顔そりを行えるのは、理容資格を得た理容師のみであり、美容室では顔そりをしてもらうことができません。女性には男性のように太くて硬いヒゲが生えることは稀ですが、顔全体の産毛を剃ってもらうことで、化粧ノリがよくなるため、床屋で顔そりをしてもらう女性たちが増えてきたと考えられています。

男性にとっては、床屋へ定期的な頻度で通うことで、髪型を整えるとともに、顔そりの気持ちよさを味わえるというのを、楽しみにしている人も多いことでしょう。

また、美容室と比べると料金が安く設定されていることや、混んでいても手早く作業が進むため、待ち時間が短くて済むといった利点もあります。

床屋だってソフトモヒカンやツーブロックをしてくれます

初めて行った床屋だと、どのように切って欲しいと頼めば良いのか、迷うこともありますよね。単純に、今の髪型を全体的に少し短めにしたいのであれば、何センチくらい切って欲しいと頼むだけでも済みますが、大きく髪型を変えたい場合は、それなりに細かく要望を伝える必要が出てきます。

具体的に希望を伝える

一番わかりやすいのは、自分がしたい髪型の画像などを見せることです。必ずしも希望通りになるとは限りませんが、あとからの言った言わないを回避するためにも、口頭で伝えるだけでなく、実際に見てもらったほうがイメージが伝わりやすいでしょう。

モデルや芸能人などの画像を見せるのが恥ずかしいのであれば、ヘアスタイルの名称で頼むという方法もあります。ただし、たとえばソフトモヒカンにしたいと頼んだとしても、やはり自分の思っている髪型と、切る人との認識が異なれば、当初のイメージとはかけ離れてしまう可能性もありますので、やはり実際になりたい髪型を見せて依頼したほうが、より希望に近づけることはできるでしょう。

おしゃれに見せたいなら床屋よりもヘアサロン

近年では、安い金額で顔そりまで行ってくれる床屋という存在があるにも関わらず、あえて美容室などのヘアサロンを選ぶ男性も増えています。彼らの多くは、自分の髪質に合ったおしゃれな髪型で、見た目にもとても気を遣っていることがよく伝わってきます。

ヘアサロンでは絶妙なヘアカラーやパーマを施すことで、より垢抜けて洗練されたヘアスタイルを作ることができるわけですが、時間や手間がかかるぶんだけ、料金も床屋より高めに設定されていることが多く、おしゃれにお金と時間がかけられる男性でもない限りは、定期的な頻度で床屋に通い、清潔感を保つだけでも十分だと思います。

どちらにせよ、伸びっぱなしの髪で印象を悪くすることのないように、自分の髪型や髪の伸び具合に合わせた、最適な頻度で切りに行くことを心がけてみてくださいね。