キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むのが、「手土産の渡し方」ではないでしょうか。

取引先に手土産を渡す時は、相手に失礼にならないようなマナーを知って、ビジネスマンとして正しい振る舞いをすることが大切です。

社会人として恥をかかないためにも、これからご紹介する内容を参考にして手土産の渡し方を確認してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自己PRの書き方や面接でのアピールの仕方とは?高校生の就職

高校生が就職を希望する場合は、どのような自己PRをしたらいいのでしょうか。高校生はスキル...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。...

夜勤の睡眠不足を解消するコツや上手な眠りのポイントを紹介

夜勤による睡眠不足に悩まされているあなた。夜勤がある職業の人は睡眠を取る時間がその日によって違うため...

お家でも取得可能な資格や人気がある女性の就職に役立つ資格

就職をするときに業種によっては資格が必要であったり、資格が有利に働くことは少くありません。また再就職...

スーツのボタンは閉めないとダメ!女性のための着こなしマナー

女性が仕事でスーツを着るときはボタンを閉めないといけないことを知っていますか?男性の場合は一...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

営業女子のための好印象メイクとは?ポイントは明るい肌

好印象を与えるのはどのようなメイクなのでしょうか。第一印象が大切な営業職は、清潔感を基本としてこ...

転職祝いをメールで贈るポイント!注意点やビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいては転職をする上司や先輩などにお祝いのメッセージをメールで贈る場合があります。お世話に...

土日休みの仕事がしたいなら、確実に休める業種を見つけよう

最近では子育てをしているママも社会に出て、仕事をしている家庭が多くなってきました。家庭とは違うこ...

営業で稼げると注目の業界とは。年収をアップさせる企業選び

営業職と言えば、他の職種よりも高収入のイメージを持つ方も多いと思います。もともと営業の仕事が好きで、...

名刺交換のやり方の基本とスマートに見える名刺交換のマナー

社会人として身に付けておきたいのが、名刺交換のマナーです。名刺交換は、会社と自分を知ってもらうための...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

スーツを上手に着こなして、快適に冬を過ごそう

スーツの素敵な着こなしのポイントの一つに、「季節感を大切にする」というものもあります。日本に...

社会人のマナーである服装選びで気をつけたいポイントを紹介

社会人のマナーとして服装にはどんなことを気をつけたらいいのでしょうか?これまで学生の間はいつ...

スポンサーリンク

ビジネスの会食の席での手土産渡し方・渡すタイミング

ビジネスでは訪問先に手土産を持参することも多いです。特に取引先から会食に招待された場合は手土産を持っていくのがマナーになります。
この手土産、会食の場合はどのようなタイミングで渡したら良いのかが心配になるでしょう。

会食では挨拶を交わしてから手土産を渡す事

会食を行われる場所に行くと、用意されている個室へと案内されます。そこで取引先の社員と挨拶を交わすことになります。

名刺交換をして、会食の席を設けてくれたことへのお礼を伝えてください。その後で手土産を差し出します。

会食の席に自分以外に他社も招待されていて、自分だけが手土産を用意している場合は、挨拶の後でいつものように手土産を渡してしまうと、手土産を用意していない人が気まずさを感じてしまいます。そのような場合は帰り際など、タイミングを見計らってそっと渡すようにしてください。

周りへの気遣いもまた、ビジネスには必要なマナーです。

手土産を渡す時のビジネスマナー・紙袋に入っているときの渡し方

手土産は紙袋に入れて持参する場合が多いですよね。お菓子などを手土産用として購入したら、お店では包装してから紙袋に入れて渡してくれます。

紙袋は中身が汚れないために使うもの

大切な手土産を汚すことがないように、そして持ち運びがしやすいように紙袋に入れてくれるのです。

紙袋は中身を汚れから守るだけのためにあるので、手土産を渡すときに紙袋ごと渡すのはマナー違反になります。

紙袋から中身を取り出し、空になった紙袋は軽くたたんで自分の足元などに仮置きをし、包装された中身だけを相手に渡してください。

手土産を渡した後で紙袋を小さくたたんでかばんの中にしまいます。

ただし、中身が重たくて紙袋に入れたままのほうが持ちやすいということもあります。また、会食の場では手土産を渡すとなると、紙袋があった方が相手も持ち帰りやすくなります。その場合は紙袋ごと渡した方が良いでしょう。渡すときに「袋ごとで失礼します」のような一言を添えてください。

手土産を風呂敷で包んでいる場合のビジネスマナー・渡し方

手土産を風呂敷で包んで持参することもあります。重要な取引先であったり、会食の場が格式が高い料亭やレストランの場合なら、手土産も紙袋ではなく風呂敷を使うことをおすすめします。

風呂敷もまた役割は紙袋と一緒

大切な中身にほこりがついたり汚れることがないように、中身を守るため風呂敷で包むのです。

ですから、手土産を渡すときには風呂敷は必要ありません。風呂敷から中身を取り出し、中身だけを相手に渡します。手土産を渡してから、風呂敷はたたんでかばんの中にしまってください。

手土産を購入したお店では紙袋に入れて渡してくれますが、風呂敷を使った方が良いと判断したら、風呂敷に包みかえておきましょう。

会食の場で手土産を渡すと、相手はいただいた手土産を持ち帰ることになります。手土産の持ち運びに不便さを感じるとも思われます。手土産を購入したお店で新しい紙袋を1枚もらっておくと良いでしょう。

手土産を渡すときに風呂敷は外しますが、手土産を渡した後で「よろしければ袋を用意しましたのでお使いください」のような一言を添えて、新しい紙袋を渡してください。

会食の席にたくさん同席者がいる場合の手土産の渡し方

会食の席に上司も同行する場合もあります。同じ会社から複数で行く場合もありますし、相手もまた複数の人が同席することもあります。

手土産を渡す人と渡す相手

手土産は会社を代表して用意してあるものなので、手土産を渡すのは立場が一番上の人になります。

所属の課長と部長が一緒に場合なら、手土産を渡すのは部長からになります。

立場が下の者が手土産を用意して持参まではしますが、渡すのは上司からになりますので、会食の場に着いた時もしくは手土産を渡すタイミングで、手土産を上司に手渡してください。

手土産を渡す相手もまた、立場が一番上の人になります。

取引先の中で一番立場が上の人へ手土産を差し出してください。上司が同行した場合、手土産は上司から取引先で一番立場が上の人へ渡すことになります。自分と取引先の担当者、担当者の上司といった場合なら、自分から担当者の上司へ手土産を渡すことになります。

手土産を渡す時の向きと渡すときに添える言葉

手土産を渡すときに紙袋または風呂敷から中身を取り出します。中身には向きがあることもあります。包装紙に文字が書かれていたり、メーカーや商品についてのシール、またはリボンがついていることもあります。その場合は手土産の向きに気をつけてください。相手が読みやすいような向きに持ってから渡します。

手土産を渡すときには一言添えることも必要

ただ黙って渡してしまっては無作法な感じがしますよね。ビジネスの場でも次のようなちょっとした一言を添えながら渡してください。

  • お口のあうと良いのですが、
  • 人気のお菓子と聞きましたので、ぜひ召し上がってください。
  • 地元の銘菓です。お気に召すと良いのですが。
  • いつも大変お世話になっております。
よく「つまらないものですが」といった一言を添えることもあります。謙遜して言う言葉ではありますが、言葉通りのつまらないものといった印象が残ってしまう感じがして気になることもありますよ。最近ではあまり使わない傾向もあるようです。
つまらないものよりは「ほんの気持ちですが」といった言葉を選んでください。ビジネスにはこのような手土産を渡すときにもマナーがあります。さりげなくスマートに渡せるように、渡し方の作法は事前におさえておくと安心です。