キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

スーツを上手に着こなして、快適に冬を過ごそう

スーツの素敵な着こなしのポイントの一つに、「季節感を大切にする」というものもあります。
日本には四季がありますので、それぞれの季節に応じた着こなしをすることで、見た目もおしゃれでありながら、快適に過ごすことが出来ます。
ここでは、寒い冬におけるレディーススーツの着こなし方などについてご紹介しますので、毎日スーツを着る女性の方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電話応対のマナーはビジネスでの大切な基本

電話は、声だけでのやり取りになりますので、それに応じたマナーを心掛けなくてはいけません。特に...

上司とのラインで絵文字やスタンプはNG?ラインのマナーを解説

仕事の連絡を上司にするとき、ラインを使ってやり取りをしている人もいるのではないでしょうか。このときに...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキ...

仕事が向いてないと感じるが、半年では本質が見えていないことも

社会に出て仕事をしていると、多かれ少なかれ悩みを抱えます。これはどんな人にも言えることでしょう。...

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

技術職への転職が難しいと言われる理由と転職活動をするポイント

技術職に転職したいと考えている人の中には、技術職への転職は難しいと言われることがネックで先に進めない...

電話が怖い【仕事編】克服するためにすぐに取り入れたいコツ

電話はどの仕事でも必要な業務のひとつ。電話が苦手で怖いという人も仕事で電話応対をしなければならないこ...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。ここでは、仕事のミ...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

学校のカウンセラーになるには?こんな資格があると有利

学校のカウンセラーになるにはどのような資格を持っていると有利なのでしょうか。とくに有利と言わ...

スポンサーリンク

冬のレディーススーツの着こなしのポイント

ウール素材のスーツがおすすめ

冬のレディーススーツの素材といえば、ウール素材です。柔らかい生地感が女性らしく、寒い冬にぴったり馴染みます。総裏地になっているものなら温かく、時期によっては多く着込んだり厚着しなくて済むのでスマートに着こなすことができます。

年中OKな素材のものもありますが、真冬だと寒そうな印象を与えてしまうため、季節感のあるウール素材がおすすめです。ツイード生地もおしゃれで上品な印象になり、華やかに着こなせますよ。

インナーはニットが◎

冬になったら、スーツのインナーはブラウスからニットに替えましょう。

スーツのインナーにするニットは体にフィットする薄手のものが良いです。
自宅で洗える素材のニットだとがんがん洗えるので使いやすいです。シワになりにくいものだとさらに良いですね。
薄手のニットなら着膨れせず、スーツの色やその日の気分に合わせた色を選んでコーディネートもできます。ネックの形やカラーで雰囲気を変えた着こなしができます。

冬を快適に過ごせるかは、スーツと合わせるコートの着こなしにあります

ノーカラーコート

ノーカラーが上品で、フォーマルな雰囲気がスーツにぴったりなコートです。首元がごたごたしないので、マフラーを巻いたり髪も下ろしやすいです。

ロング丈のノーカラーコートは1枚持っているとフォーマルな場面で活躍できるのでおすすめです。

チェスターコート

シルエットがスリムなチェスターコートもスーツにぴったりですよ。厚手のスーツでも、腕まわりにゆとりのあるチェスターコートなら問題なしです。オフでも着まわしやすいコートですが、ファッション性が高いスーパーロング丈や派手なカラーのものは避けた方が良いでしょう。

トレンチコート

雪が降っているとかでなければトレンチコートを合わせる方も多いです。しかし他のコートと比べると防寒性が足りないので、インナーダウンをあわせたりマフラーを巻いたりして工夫しましょう。

裏地がついていて防寒・防風性に優れたトレンチコートもありますので、冬に着る場合は春秋用のトレンチコートより、そういったものを選ぶと良いでしょう。

冬のスーツ着こなしに合わせる、靴の選び方

ショートブーツが重宝する

雪が降っているのに足元がパンプスだときついですよね。そんな時はショートブーツがスーツにはよく合い、寒い日に重宝します。

黒や茶色など落ち着いた色、レザー素材のものがおすすめです。

特に先がポインテッドトゥになっているショートブーツは大人っぽい雰囲気があり、スーツに合わせても浮きません。オフィスに着いたら履き替えますが、急に取引先の会社へ挨拶に行くといった時にも対応できるよう、ロッカーにはパンプスを常備しておくと良いです。

黒タイツは場合によりけり

寒い時にはデニールが厚い黒タイツが履きたくなります。ビジネスマナーとして考えると微妙なラインなので、服装の規定が厳しいオフィスや、営業で外出する際は避けた方が良いでしょう。それ以外なら、先輩の服装などを見て履いても大丈夫そうか判断しましょう。

冬の寒さを乗り越えるために、スーツの着こなし以外に出来ること

手袋、マフラーをする

末端が覆われていると、意外と体の温度は保つものです。冷えやすい手先や首・胸元は、手袋やマフラーで防寒しましょう。手袋は黒・グレーなどで五本指のもの、レザーのものなどが大人っぽく、スーツに合わせやすいです。

手袋をしながらでもスマホを操作することができるスマホ対応手袋がおすすめです。

マフラーはウールやカシミヤが冬スーツの着こなしに合いますよ。

カイロを貼る

カイロを貼るのも防寒対策に有効です。スーツに合わせる場合はジャケットを脱ぐ可能性も考えて、貼る部位は考えましょう。

貼るタイプで腰や背中を温めるのも良いですが、貼らないタイプのものを通勤時のコートのポケットに入れて手を温めるだけでも違いますよ。

インナー2枚重ね

インナーの薄手ニットの下にヒートテックなどのインナーを着て、2枚重ねにする方法です。

風が通りにくくなり温かさを感じられることでしょう。

ただし室内で暖房が効いていたり、社内で動き回って汗をかいた時はヒートテックだと熱くなりやすいので、外に出ることが多い日におすすめです。

冬のオフィスを快適に過ごすために出来る対策方法

保温性のある水筒を使う

温かい飲み物で体を温める方法がありますが、カップだとすぐ冷めてしまうので、保温性のある水筒に温かいお茶やコーヒーを入れて持っていくのがおすすめです。保温性に優れた水筒なら、7~8時間後でも温かいままです。会社のコーヒーメーカーで入れるならサーモマグを用意すると便利です。

あたたか小物フル活用

腹巻、ホット靴下、ブランケットなど、会社に持ち込めるならフル活用しましょう。とくにブランケットなら気軽にオフィスに持ち込みやすいです。足全体を覆える大きさのあるものを選びましょう。電池や充電タイプの電気ひざ掛けもあります。

小型ヒーターを導入してもらう

あまりに隙間風が入ってくるなら、小型ヒーターを入れてもらうよう上司に要望を伝えましょう!

複数の女性先輩社員と結束して伝えると良いですよ。一人だけが伝えても聞いてもらえないことが多いですが、複数となると上司も考慮してくれやすいです。足元がぽかぽか暖かいだけでも全身の温度が上がり、仕事の効率が高まります。一人一台でなくても数台導入してもらえるだけでも大きく違います。