キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

学校のカウンセラーになるには?こんな資格があると有利

学校のカウンセラーになるにはどのような資格を持っていると有利なのでしょうか。

とくに有利と言われているのは、臨床心理士、精神科医、公認心理師になります。では、この資格を取得するにはどうしたらいいのでしょう。また、学校のカウンセラーはどのような仕事内容なのでしょうか。

心のケアをする仕事、学校のカウンセラーについて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。管理職になることであなたにふりか...

ジャケットの袖丈が長い時の対処方法とジャストなサイズについて

ジャケットの袖丈が長いとどのような印象を与えてしまうのでしょうか。清潔感があっても、サイズが合っ...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。ここでは、仕事のミ...

転職祝いをメールで贈るポイント!注意点やビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいては転職をする上司や先輩などにお祝いのメッセージをメールで贈る場合があります。お世話に...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

公益財団法人の就職が難しい理由とは?求人を探す方法もご紹介

公益財団法人は非営利組織なので、一般企業のようにノルマに追われることがないことから就職先として人気が...

土日休みの仕事がしたいなら、確実に休める業種を見つけよう

最近では子育てをしているママも社会に出て、仕事をしている家庭が多くなってきました。家庭とは違うこ...

在宅勤務として募集の多い職種や在宅勤務のメリット・デメリット

育児や親の介護など、在宅で働きたいという方も多いと思います。本当は今の会社で働き続けたいという気持ち...

営業先への訪問!マナーを身につけてこそ一人前のビジネスマン

営業職をしていると会社へ訪問する機会が多いですよね。会社に訪問する時には、マナーはとても...

アパレルの仕事が未経験なときの志望動機とは?書き方とコツ

アパレルの仕事が未経験の場合はどのような志望動機を書けばいいのでしょうか。アパレル業界は志望動機でど...

名刺交換のやり方の基本とスマートに見える名刺交換のマナー

社会人として身に付けておきたいのが、名刺交換のマナーです。名刺交換は、会社と自分を知ってもらうための...

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気が...

働き方について考える。正規の雇用のメリットについて

お子様が小さなときにはパートで働いていても、小学生になってある程度手を離れるとフルタイムで働きたいと...

転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点

大手の転職サイトでは、プロフィールを登録すると企業からオファーメールが届くシステムを導入しています。...

スポンサーリンク

学校のカウンセラーに必要な資格とは?臨床心理士の資格があるといい

近い将来、学校のカウンセラーになりたいと思い、進路を決めようとしていますか?学校のカウンセラーになるには、どんな資格が必要なのか、知っていますか?学校のカウンセラーは、生徒の相談にのが仕事の一部です。既に、生徒と話をするのが好きな方は、学校のカウンセラーにもしかしたら、向いているのかもしれません。 あなたが興味のある学校のカウンセラーですが、なんだかの資格はあった方が、有利で、なれやすいと思います。

臨床心理士の資格はあった方が有利

あなたが興味のある、将来、なりたい学校のカウンセラーは、資格が絶対ないとなれない仕事ではありませんが、あった方が就活には有利です。ですので、資格の取得はお薦めします。資格はあった方が就職は有利なので、資格の取得は今から考慮して下さい。ないことで後から後悔しても時間の無駄になると思います。資格があることで、収入にも影響が出る職業です。収入のことも考えて、適切な資格は取得するべきです。

学校のカウンセラーですから、臨床心理士の資格が適切な資格になります。この資格は、取得している方が有利に働きやすい、就職しやすいです。 本当に将来、学校で学校のカウンセラーになることを望んでいるのなら、臨床心理士の資格の取得を考慮し、大学に進学すべきです。給料もいいですし、就活もしやすくなります。あなたの先輩で、学校で現在、カウンセラーとして働いている方も、大体の方は、大学に進学し、臨床心理士を取得して、働いているいると思います。必須ではないとはいえ、臨床心理士の資格はあった方が就職する時に確実に学校のカウンセラーにはなれます。

精神科医になりたい?

学校のカウンセラーというより、精神科医になりたい場合は、医師免許を取得するのが必修になります。臨床心理士の資格か、精神科医、どちらかの資格を取得していると、学校のカウンセラーになりやすいので、考慮すべきです。

学校のカウンセラーに有利な資格「公認心理師」

学校のカウンセラーになりたい方でさえ、恐らく公認心理師という資格は、あまり聞いたことはないと思います。臨床心理士の資格の方がよく知られています。公認心理師はあまり聞き慣れない資格だと思います。あまり聞き慣れない資格だとは思いますが、この公認心理師の資格を取ると、学校のカウンセラーになれる確率は高いと思います。学校のカウンセラーになりたいのでしたら、お薦めできる資格になります。

国家試験を受けなくてはならない高度な資格

公認心理師になるためには、実は国家試験に合格しなくていけません。難易度の高い資格になると思います。ただ、この資格を取得すると、幅広い分野で働けるのがかなりのメリットのように思えます。

あなたは学校のカウンセラーになりたいですよね?だとすると、資格としては、かなり有望だと思います。国家試験を受けて、登録しなくてはいけないので、難易度は高いとは思いますが、取得するにはやりがいがあり、学校のカウンセラーになりやすい資格だと思います。心理学では強い資格になるのかもしれませんね。

学校のカウンセラーは資格がなくてもいい?資格なしでもいいかは募集要項を確認

学校のカウンセラーになるのに、特別な資格は要りませんが、あった方が就職は有利です。でもだからと言って、資格を取らないというのは、あまりお薦めできませんし、就職には不利だと思います。やはり上記でも紹介している、臨床心理士の資格や公認心理師の資格は取得した方が学校のカウセターとして、有利に働けると思います。

条件に臨床心理士の資格の記述はある

どこの職場に働くにしろ、資格はあった方が便利です。学校のカウンセラーの求人票を見て下さい。恐らく、資格の欄に「臨床心理士」の文字が書かれていると思います。資格はあった方がいいです。本当に学校のカウンセラーになりたいなら、臨床心理士や他の心理学に関連する資格は取得するべきです。

給料に違いがある

資格があるのとないのでは、給料に差が出ます。あくまでも一例ですが、資格がある方は、時給も5,000円、ない方は3,000円と差がある場合もあるようです。資格はあった方が、就職にも便利です。

学校カウンセラーに向いているのはこんな人

学校のカウンセラーに本当になりたいのでしたら、臨床心理士の資格とか、公認心理師の資格を考慮するべきです。でも、あなたが将来就きたい職業を考える前に、あなた自身、本当に学校のカウンセラーに向いているのかどうか、適正を判断した方が後々後悔しないと思います。

生徒から相談された時、どう対応するのか

本格的に学校のカウンセラーとして働くと、生徒さんから色んな相談をされると思います。その時にあなたはどんな対応をしますか?親身に生徒さんの悩みを聞くことはできますか?生徒もあなたのことを信頼して、問題をあなたに打ち明けてくれます。それに対して、あなたが親身になって話を聞けるか、自分自身に問うべきかもしれません。

個人的な悩みを他には漏らさないこと

学校のカウンセラーとして働くと、生徒からの悩みを聞くことになります。その悩みですが、他の方には話してはいけません。これも訓練だと思います。学校のカウンセラーになりたいのなら、資格を取得するだけではなく、その点にも気をつけて下さいね。

学校カウンセラーの業務内容はさまざま予防活動も重要

学校のカウンセラーの仕事は、生徒の悩みを聞く、生徒が怪我をしたら、治療をする、そんなイメージがあります。それも確かに学校のカウンセラーの仕事の一つです。それに加えて、保護者の方とお話をすることもありますし、何か生徒同士で問題が起きる前に問題を把握する、アンケートの実施も含まれます。

保護者と話すこともある

学校カウンセラーの仕事の一部として、保護者からの悩みを聞く業務も含まれます。生徒だけではなく、保護者の方も悩みを抱えています。その悩みを聞くことも学校のカウンセラーとしての役割になります。

生徒のストレスをチェックする

生徒がストレスを感じていると、何かと問題も起こりやすいと思います。学校のカウンセラーの方々は、生徒がどんな点でストレスを感じやすいのか、アンケートで調査することもあります。それも学校のカウンセラーの仕事の一つになりそうです。

経験者のスケジュールから、生徒の悩みを聞くだけが学校のカウンセラーとしての仕事ではないことがわかります。それ以外でも、生徒の保護者とのコミュニケーション、生徒がどれだけストレスを感じているかのチェック、学校のカウンセラーの仕事は色々あります。あなたが学校のカウンセラーになる気満々であればあるほど、学校のカウセラーには、他にも業務があることも今の時点で考慮すべきです。
学校のカウンセラーの仕事として、クラスの行事にも参加をし、生徒の様子を見ることも仕事の一部になるようです。