キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

アラサーの転職を成功させるポイント!女の転職を有利にするコツ

仕事が好きでバリバリ働いているアラサー女性の中には、転職を考えている女性もいるのではないでしょうか。ですが、年齢や性別を考え、転職をすることは難しいのではないかと悩んでいる人もいることでしょう。

ここでは、アラサー女性の転職を成功させるポイントについてお伝えします。

今よりももっと高いキャリアを目指したいと考えたとき、転職を有利にすすめるコツがわかれば、アラサー女性の転職を成功させることも可能です。

転職成功を目指し、出来ることに取り組んで行動をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

土日休みの仕事がしたいなら、確実に休める業種を見つけよう

最近では子育てをしているママも社会に出て、仕事をしている家庭が多くなってきました。家庭とは違うこ...

大切と大事の違いを知って正しく使って人と差をつけよう

「大切」と「大事」の違いを問われた時に、答えられない人がほとんどでしょう。話し手が、なんとな...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。...

東京都と特別区の違いは?2つで迷っているあなたへアドバイス

公務員を目指している方の中には、東京都採用か特別区採用かで迷っている方もいるのではないでしょうか。...

仕事が向いてないと感じるが、半年では本質が見えていないことも

社会に出て仕事をしていると、多かれ少なかれ悩みを抱えます。これはどんな人にも言えることでしょう。...

在宅勤務として募集の多い職種や在宅勤務のメリット・デメリット

育児や親の介護など、在宅で働きたいという方も多いと思います。本当は今の会社で働き続けたいという気持ち...

名刺交換の挨拶で印象は決まる!ビジネスにおける基本マナー

名刺交換の挨拶はビジネスにおいて欠かせないものです。これから名刺交換をするようになるという新入社...

仕事での会合やパーティーを欠席する場合の謝罪メールについて

仕事をしていると、様々な会社とお付き合いがあり、時にはパーティーに呼ばれることもあります。し...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

公務員の女性の服装について選び方のポイントや注意点を紹介

公務員として働いている女性はどんな服装をするべきなのでしょう?これから公務員として働く予定の女性...

アパレルの仕事が未経験なときの志望動機とは?書き方とコツ

アパレルの仕事が未経験の場合はどのような志望動機を書けばいいのでしょうか。アパレル業界は志望動機でど...

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。...

取引先へのお礼は必須!飲み会後のお礼メールのタイミングと内容

取引先の会社から飲み会に接待してもらったあとは、しっかりとお礼のメールを送ることがビジネスにおいて大...

スポンサーリンク

アラサー女性の転職・自分のスキルや職務経験を考えてみよう

転職するにはまずはこれまで自分が培ってきたスキルや職務経歴を洗い出してみましょう。

そこから次の職種へのヒントを見つける事ができます。

詳しく説明していきます。

職務経歴を書き出す

まずはこれまでの職務経歴を紙に書き出してみましょう。

どの仕事をどのくらいの期間続けたかも必要です。

主な職務内容や大変だったことを自由に思い出して書きます。

自分のスキルを見直す

スキルは書き出した職務経歴を見ると見つけやすいです。

データ入力や書類の作成が得意であればそれは立派なスキルです。他にも接客や電話対応など、得意だった業務はスキルとして良いでしょう。逆に苦手だった業務は弱みです。それをここからどうフォローするか、また次の仕事では回避するかの参考になります。

アラサー女性の転職に役立つスキルや資格

女性が取っておくと有利になる資格は多数あります。

職業が限定的なものや、幅広い職種に使えるもの、私生活でも役に立つものなど様々です。

いくつかご紹介しましょう。

日商簿記やTOEICは強みになる

事務職を目指すなら非常に強い武器になるのが日商簿記です。

履歴書にこの資格の記載があると企業としては欲しい人材です。

また、グローバルな記号を目指すならTOEICのもあると良いでしょう。

英語検定よりはTOEICの方が重要視されているのでそちらがおすすめです。

高齢化社会向けなのはケアマネージャーや介護福祉士

高齢化社会において必ず必要な職業となるので、長い目で将来を見るなら持っておくと転職の強みになるのは介護福祉士です。

ケアマネージャーはそのさらに上の資格なので、介護福祉士として働きながらケアマネージャーの資格の勉強をするのがおすすめです。

プライベートでも役に立つカラーコーディネーターや管理栄養士

資格をプライベートにも活かしたいのであればカラーコーディネーターや管理栄養士の資格がおすすめです。

仕事でもそちらを活かすとなる特殊な職業になるため求人情報は少ないかもしれませんが、資格を持っておけば応募したときに強みになります。

アラサー女性が転職を成功させるためのポイント

30歳前後の女性の転職活動は、どうしても企業も慎重になりがちなところがあります。一番心配されるのは短期間で結婚・出産のために退職されるのではないかという点です。また、男性もそうですが、その年齢だからこそ求められるスキルというものもあります。そういった課題があるために、転職活動の難易度は決して低くありません。

転職難民にならないために以下の点に気をつけましょう。

理想を求めすぎない

年収、勤務時間、勤務場所など、理想は挙げればキリがなく出ると思いますが、ある程度の妥協点を最初に決めておきましょう。

そもそもハードルの高い転職活動なので、理想通りの仕事は見つからないと思っておかないといつまでも次の仕事は決まりません。

退職は転職活動の後にする

退職後の方がまとまった時間は取れますが、次の仕事がすぐに決まるとは限りません。

2~3ヶ月転職活動にかかってしまうとその分収入のない月が発生します。

リスクが高いので、働きながら転職活動をしましょう。

アラサー女性が転職を考えたときにNGな転職理由

転職は自由ですが、中には転職を考えるべきではない理由というのもあります。

以下の点が代表的なものですので、それ以外の明確な理由がない場合は転職時期ではないと考えた方が良いでしょう。

仕事に不満がある転職はNG

今の仕事の内容に不満があって転職したいのであれば、転職活動はおすすめしません。

仕事に対する不満は、どの仕事をしていても出てきます。

どうしても接客業が向いていなくて事務職に転職したとしても、今度は事務職の業務の中でどうしても向いていないと思う業務が発生するかもしれません。

仕事が嫌だと感じて転職する場合は、転職前に適正検査を受けてみたり自己分析をしてみたりと、その転職が正しいかどうか客観的な判断が必要です。

周りに影響されて転職するのはNG

周囲の人が転職をすると、自分もふと転職を意識するというケースが多くあります。

明確な意思のある転職でないなら、その転職は正しくありません。

なんとなく始めた転職活動は力が入りにくいので、求人情報の確認が甘くなって失敗する可能性もあります。

キャリアアップしたい女性は諦めないことが大切!転職で高いキャリアを目指そう

キャリアアップをしたいなら転職はおすすめです。

今の職場では積めない経験が積める可能性が十分にあります。

スキルアップのために全然違う職種を目指すのもいいですし近い業種で違う視点からものを見る目を養うというのもおすすめです。

そのためには自分の将来を思い描くことが重要です。

スキルアップは漠然と目指していてもその先がないと意味がありません。

自分が最終的に何になりたいのか、どう働きたいのかを具体的に考えると、必要なスキルとそのレベルが分かります。

本当の理想の働く自分を紙に書いて、そのためには何が必要で、今の自分の持っているもの、足りないものは何かをリストアップすると目指す方向が明確になります。

そのためには転職は必要なものとなるはずなので、すぐに決まらなくてもめげずに挑戦する気持ちも大切です。