キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

ビジネスを成功させるために、知っておきたいマナーと挨拶

会社で働く時は、ただ決められた言葉と行動を行えばすべてが上手く行くわけではありません。
基本のビジネスマナーや挨拶が適切になされていないと、同じ言葉を言ったとしても、全く異なった印象に受け取られます。
ビジネスは、人間と人間との対話が基本ですので、しっかりとしたマナーと挨拶を学んで、出来るビジネスマンになりましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大切と大事の違いを知って正しく使って人と差をつけよう

「大切」と「大事」の違いを問われた時に、答えられない人がほとんどでしょう。 話し手が、なんとな...

欠席をお詫びする場合のメールは当日連絡は控えましょう

社会人になると、社内の同僚や上司と食事に行く機会もあると思います。 それだけではなく、取引先の相手...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。 それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。 ...

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点

大手の転職サイトでは、プロフィールを登録すると企業からオファーメールが届くシステムを導入しています。...

転職で覚えておくべき優良企業の探し方。失敗しない会社選び

今の会社に不満があり、転職を考えている方も多いと思います。ここで誰もが考えるのが「優良企業に転職...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。 ...

スーツのボタンは閉めないとダメ!女性のための着こなしマナー

女性が仕事でスーツを着るときはボタンを閉めないといけないことを知っていますか? 男性の場合は一...

電話応対のマナーはビジネスでの大切な基本

電話は、声だけでのやり取りになりますので、それに応じたマナーを心掛けなくてはいけません。 特に...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。 しかし、事務の仕事が未経験だと...

社会人のマナーである服装選びで気をつけたいポイントを紹介

社会人のマナーとして服装にはどんなことを気をつけたらいいのでしょうか? これまで学生の間はいつ...

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気が...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

スポンサーリンク

ビジネスにおいて、マナーの基本は身だしなみ

ビジネスにおいて様々なマナーがあるというのは皆さんご存知だと思います。

その中でも最も基本的なマナーの一つとして挙げられるのが身だしなみについてです。
その他のビジネスマナーをどんなにしっかりおさえていたとしても、身だしなみのマナーがきちんとなっていないのであれば、あなたの印象は自分が思っているよりも悪いものかもしれません。
やはり、仕事をする相手として身だしなみが整っているということはとても大切です。
そこでの第一印象の良し悪しでこれからのあなたの評価も変わることもあると思います。
どんなに仕事ができる、誠実だといってもやはり身だしなみが整っていて第一印象のいい方のほうが仕事ができる、一緒に仕事がしたいと思われることもあるでしょう。

ここで、身だしなみをチェックする時にはどのような点を確認するといいのかご紹介します。

  • まずは、髪型や髭の手入れです。
    定期的にカットをし、寝癖などがないようにセットします。
    スーツは色が濃いので、髪の毛が不潔だとフケが落ちて汚く見えます。
    髪の毛は毎日洗い、髭も毎朝キチンと剃って、剃り残しがないようにしましょう。
  • 次に服装です。
    スーツやワイシャツにシワがないようにします。
    スーツは定期的にクリーニングに出す、ワイシャツはアイロンをかけましょう。
    もちろん、汚れがあるものは着用しないでください。
  • 革靴も毎日履いていると、汚れます。
    ローテーションで履いてくたびれない工夫をしたり、クリームでお手入れをするなどきれいな状態で履きましょう。
    靴は意外と見られているので注意しましょう。
  • 最後に爪です。爪が汚かったり伸びていると清潔感がありません。欠けたりすることもあるので毎日チェックしましょう。

ビジネスマナーの基本である挨拶は、社内からしっかりやろう

身だしなみの他にもビジネスにおけるマナーの基本として、挨拶があります。

挨拶をする場面はたくさんありますが、まずは自分が働いている会社内での挨拶をきちんとするように心がけましょう。
社内だからといっておざなりにしている人もいるのではないかと思います。
ですが、一緒に仕事をする関係だからこそ挨拶は大切です。
挨拶をきちんとする人としない人では印象も変わりますし、仕事をするパートナーとしては挨拶をきちんとできる人が選ばれるはずです。

もちろん、出社した時の朝の挨拶や退社時の挨拶もそうですがそれ以外でも挨拶をする場面はあります。

  • 会社内ですれ違った時
    あまり親しくない、面識のない人でもすれ違う時に無言なのはよくありません。
    相手をみて「お疲れさまです」と挨拶しましょう。
  • 営業などで社外に出るときと戻った時
    社外に出る時には、家と同じで「行ってきます」と聞こえるようにいいましょう。
    何も挨拶をせずに出るのはマナー違反です。
    戻った時には「ただいま戻りました」と言ってから着席しましょう。
    ここで重要なのは、大きな声でいうことです。
    自分が社内にいないということ、戻ってきたということをしっかりと伝えるための挨拶なので聞こえないような小さな声では挨拶をしていないのと同じです。
    また、誰かが「行ってきます」「ただいま戻りました」と言ったのであれば「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と挨拶を返すことも大切です。

ビジネスが成功するかは挨拶次第、覚えておきたい挨拶のマナー

挨拶の仕方によっては、今後の仕事がうまくいくかどうかも変わってきます。

特に初めて伺う営業先だと、初めの挨拶が上手くいかないと今後についてもあまり期待できません。

挨拶のマナーやコツを覚えて、ビジネスの成功につなげてみましょう。

  • はっきりと話す
    初めて会うのに、ボソボソ挨拶したり、聞き取れないような声の大きさでは印象は良くないですし、もっと話したいといったような気持ちにはなれません。
    明るくハキハキしていると、相手からもいい印象を持たれますし不快感がありません。
    ただあまりにハツラツ過ぎるとうるさいと思われる可能性もあるので、気をつけましょう。
  • 言葉遣い
    言葉遣いにも気をつけましょう。
    馴れ馴れしく話したりするのはNGです。
    正しい丁寧な言葉遣いをすることはマナーとしても大切です。
  • コツは話を広げる
    営業先への挨拶は、ほんとに挨拶や商品の紹介で終わることもできますが、そこから少し話を広げてコミュニケーションを取ってみましょう。
    挨拶から、話を続けることで営業も自然としやすくなります。
    もちろん、一度きりの訪問では関係も築けないですが何度も伺うことで、信頼関係も作れますしビジネス成功へも近づきます。

取引先へ訪問する際に、好印象を残すビジネスマナーと挨拶の仕方

取引先へ訪問する時にもマナーがあるのでご紹介します。

マナーを守って好印象を与えることができると、今後の仕事も円滑に進みやすくなります。

  • 取引先へ連絡しアポイントをとる
    突然伺うのは失礼にあたるので、きちんと約束をとりつけましょう。
    アポイントをとるのはマナーですし、その際も言葉遣いや話し方にも注意が必要です。
    内容としては、訪問したい理由や訪問人数、どれくらいの時間が必要なのかを伝えましょう。
    了解を得たら、お互いの都合のいい日時を決めます。
    この時、自分たちは伺う方なので相手のなるべく相手の希望を聞いてそれにそえるようにするといいですね。
  • 挨拶は立ち上がってする
    訪問した時には先に会議室などに案内されていることが多いです。
    座って待っていても、先方が入室した時には必ず立ち上がって挨拶しましょう。
    座ったままの挨拶はマナー違反です。
    また、その後座るときは相手に声をかけてもらってから座ってください。
その後は、今回の場を設けてもらったことに対して感謝を伝えましょう。
時間を作ってもらって当たり前ではないのでその気持ちを挨拶に続けていいます。
やはり、このような丁寧な対応は相手にとっても印象がいいですし、真摯なイメージがもたれるでしょう。

異動や転勤になった時にも忘れてはいけない、挨拶のビジネスマナー

働いていると、部署異動や転勤などもあります。

その際はお世話になりましたと言う気持ちを込めて、しっかりと挨拶しましょう。

基本的には、社内、取引先などに挨拶をしますが、異動が決まったからと言ってすぐに挨拶をしてまわるのは控えましょう。
辞令が出たかどうかが基準となるので、それが出てから挨拶をし始めましょう。

また、取引先への挨拶も早めに済ませたいと思ってしまいがちですが、自分の判断でせずに、自分の上司と相談して、または指示をもらってから挨拶回りをします。

取引先の目線で考えると、あまりに早い報告だと「後任はだれなの?」といった不安も出てきます。
ですので、そのあたりがしっかりと整ってからにしましょう。

社内の人たちや同僚には挨拶のタイミングはたくさんありますが、特にお世話になった人や上司には個別にきちんとした挨拶を行いましょう。
全員に挨拶する場面がないといった場合には、メールでの挨拶でも問題ありません。