キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。
その中でもネクタイの色は、第一印象を大きく左右するポイントの一つです。
ここでは、営業の人にぴったりなネクタイの色や柄、スーツの選び方などについてご紹介しますので、外見にも気を配りたい方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

仕事が向いてないと感じるが、半年では本質が見えていないことも

社会に出て仕事をしていると、多かれ少なかれ悩みを抱えます。これはどんな人にも言えることでしょう。...

スーツを上手に着こなして、快適に冬を過ごそう

スーツの素敵な着こなしのポイントの一つに、「季節感を大切にする」というものもあります。日本に...

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気が...

営業女子のための好印象メイクとは?ポイントは明るい肌

好印象を与えるのはどのようなメイクなのでしょうか。第一印象が大切な営業職は、清潔感を基本としてこ...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

上司とのラインで絵文字やスタンプはNG?ラインのマナーを解説

仕事の連絡を上司にするとき、ラインを使ってやり取りをしている人もいるのではないでしょうか。このときに...

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキ...

電話応対が上手になる練習のコツやポイント

会社で働くようになった時につき物なのが、電話応対です。練習期間を設けてもらっていても、なかなか上...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

電話が嫌いな女性でも克服できる!今日からやるべき対策を紹介

電話が嫌いな女性でも仕事をしていると電話対応をしなければならないことがあります。できるだけ受けた...

アパレルの仕事が未経験なときの志望動機とは?書き方とコツ

アパレルの仕事が未経験の場合はどのような志望動機を書けばいいのでしょうか。アパレル業界は志望動機でど...

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

営業先への訪問!マナーを身につけてこそ一人前のビジネスマン

営業職をしていると会社へ訪問する機会が多いですよね。会社に訪問する時には、マナーはとても...

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

スポンサーリンク

営業は会社の顔、ネクタイの色選びで印象が変わる

営業の仕事は客や取引先など外部の人と関わることが中心の仕事になります。

営業は接客態度はもちろん身だしなみも大切

仕事でスーツを着ている人ならネクタイも大切な要素のひとつです。

ネクタイの色や柄は印象を大きく左右するものです。ネクタイの色が与えるイメージを知っておくと、シーンに合わせた上手な選び方ができるようになります。

青いネクタイ

知性や誠実さ、冷静な印象を与える色です。また、爽やかさを感じる色でもありますので、若々しいイメージを与えることもできます。重要な商談や会議など、真剣さやクリーンな感じをアピールしたい時に選ぶと良いでしょう。

水色のネクタイ

春から夏にかけての季節にオススメです。爽やかでフレッシュなイメージがあります。青が紺のネクタイよりも親しみやすさがあり、顔や表情を明るく見せることができます。

赤いネクタイ

ここぞという時に赤のネクタイを選ぶ人もいるでしょう。赤は情熱を感じる色なので、赤のネクタイからはやる気や積極さを感じとることができます。

行動的に見せたいときややる気をアピールしたいときに赤はおすすめの色です。

ピンクのネクタイ

親しみや社交性を出したいときは黄色やピンクといった柔らかい色がおすすめです。明るい印象になり、優しいイメージを持たれやすくできます。

オレンジや茶色のネクタイ

オレンジのネクタイは更に元気で活発な要素をプラスすることができます。

茶色系のネクタイは落ち着いた印象を与えることができます。安定感や堅実さを出したい時に選んでみてください。

営業なら、ネクタイの色だけではなく柄にもこだわろう

ネクタイは色だけでなく、様々な柄があり、柄や色の組み合わせでイメージを変化させる事ができます。

無地のネクタイは無難なので、どんなシーンでも使うことができます

シャツの色柄やスーツとの相性も難しくありません。はっきりとした柄のシャツには無地のネクタイを選ぶとうるさくなりすぎず、スマートな着こなしができます。また、フォーマルな場にも相応しいネクタイです。

ビジネスではレジメンタルのネクタイもよく使われます

レジメンタルは色の組み合わせで印象がかなり違ってきますので、おとなしい印象にいたり個性的にすることもできます。

営業で使う場合、堅い印象にしたい時は幅が細いタイプを選ぶのがポイントです。ベースとなる部分の色を紺やグレーなどのダークカラーにし、派手になりすぎないようにしましょう。

接客業などで親しみを感じさせたいときには幅が太めで明るい印象のある組み合わせを選んでみてください。幅が太すぎたり色が明るすぎると、少しカジュアルになりすぎることもありますので注意が必要です。

若々しく爽やかな印象にしたい時はチェック柄がおすすめ

色との組み合わせも考えて選ぶとイメージもかなり違ってきます。水色と白のチェック柄なら涼しげでさわやかになるため春から夏にかけての季節におすすめです。黒をベースに細かいチェック柄は落ち着きを出しながらカジュアルに見せることができます。

小紋柄のネクタイも営業にぴったりでおすすめです

柄が大きいとカジュアルになったり派手な印象になりますので、営業には小さめのおとなしい印象があるものを選んでください。目立たない柄ならスーツやシャツとも合わせやすくなります。クラシカルな印象があり、安心感と落ち着きを出しながらおしゃれな着こなしをすることもできます。

ネクタイは、色とスーツとの組み合わせを考えて営業に臨もう

ネクタイを選ぶときはスーツの生地やシャツの色柄とのバランスを考えてください。スーツとシャツにストライプ柄を選び、更にネクタイまでストライプにしてしまうと、見た目が目にうるさくくどい感じになりますよね。

はっきりとした色や柄のネクタイをしたいときは、スーツとシャツを無地などシンプルにすることが大切です。

スーツを着るときは柄物を取り入れるのは多くて2点まで

例えば、細いストライプのスーツを着てレジメンタルのネクタイをしたい時はシャツは無地を選びます。スーツに柄が入っているので、ネクタイの柄も目立たないものにしてください。全体の柄は多くて2つまでとします。

チェック柄や幅の太いレジメンタル、大きいドット柄といった目立つネクタイをしたい時もありますよね。その場合はスーツやシャツを無地にします。スーツまたはシャツにまで柄が入っていると全体的にしつこい印象になり、派手になったりカジュアルな印象になります。スーツやシャツの色味や柄を控えた方がネクタイの柄をよりいかすことができます。

色使いも多くても3色まで

営業にはシックで落ち着いた印象っも必要です。

難しいときは同系色で揃えるのがポイントです。全体がまとまり、スタイリッシュでありながら堅いイメージにもつながります。
暗くて地味な印象になるときは暖色系のネクタイを選んだり、またはカラーやストライプのシャツにするなど、どこかに柔らかいイメージを持たせると良いでしょう。

出来る営業だと思われる、スーツの選び方についてご紹介

営業がビジネススーツを選ぶときは、ダークグレーや紺といったダークカラーで無地が中心になりますよね。

スーツはサイズ感が重要

スーツを購入するときは必ず自分の体型にあったものを選んでください。

スーツのサイズがあっていないとだらしない印象になり、営業には致命的でもあります。

サイズが大きいスーツだとルーズに見え、ジャケットにもパンツにも余計なシワが残り、スーツとしての形も崩れてしまいがちです。
サイズが小さいとスリムに見えますが、窮屈な印象が残ります。いまにもはちきれそうなボタンや脚にぴったりとした幅のパンツでは見苦しくなります。

営業は会社の顔でもありますので、スーツもきちんとした着こなしをすることが大切です。

ジャケットは肩幅や身頃のサイズに気をつけ、パンツは幅だけでなく丈の長さにも注意してください。
ジャケットの袖丈は、中に着たシャツが1センチ程度ジャケットよりも出るのが丁度良い長さになります。長すぎても短すぎても見た目がよくありません。

パンツの丈には好みや流行がありますが、長すぎるとだらしなく見えてしまいますし、短すぎるとカジュアル感が強くなってしまいます。パンツの裾丈を合わせるときは、まずウエストの位置に気をつけて正しくパンツを履いてください。そのうえで、パンツの裾が靴の甲に触れて少しだけたわむくらいがおすすめの長さです。

スーツを購入するときは必ず試着をして、プロの販売員さんにサイズ感や丈などを見てもらうようにしてください。

営業は足で稼ぐからこそ、それに相応しい靴を選ぼう

営業は仕事のスタイルによってよく歩くという場合も多くなります。あっという間に靴底が減ってしまう、靴が傷んでしまうということもありますよね。少しでも長持ちしそうな靴や、歩き疲れない靴を選びたくもなりますが、スーツに合わせる靴は紐のある革靴が基本になります。靴もスーツに合わせたものを選んで、全身でしっかりとコーディネートしてください。

靴は意外と人から見られている部分

靴の色や形といったデザイン的なものはもちろんですが、汚れや型崩れなどにも気をつけてください。

一度履いた靴は脱いだら必ず手入れをして、いつも良い状態にしておくことが大切です。

同じ靴を連日履かないようにするためにも少なくても2足は用意して、ローテーションで履くようにしてください。

スーツに合わせる靴は紐のついた革靴を用意してください

ローファーのような紐がないタイプはカジュアル感が強くなってしまいます。また、装飾の多い靴もまたふさわしくありません。
シンプルなプレーントゥまたはストレートチップがおすすめです。色は黒が最も合わせやすく、グレーや紺のスーツなら濃いめの茶色も良いでしょう。茶の靴の場合は明るい茶だと安っぽく見えてしまう恐れがあり、また、足元だけが浮いて見えてしまうこともあります。

ビジネスに相応しい靴を選んで、全身で営業職らしさのあるコーディネートをしてくださいね。見た目を整えると自信を持って仕事に打ち込むことができ、周りからの対応もまた違ってきますよ。