キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

働き方について考える。正規の雇用のメリットについて

お子様が小さなときにはパートで働いていても、小学生になってある程度手を離れるとフルタイムで働きたいと考える方は多いことでしょう。
フルタイムで働く時に悩むことといえば、パートのままでいるか、それとも正規雇用を目指すかということではありませんか?

ここでは雇用形態の種類や正規で雇用されるメリット・デメリットについてご紹介します。
正規か非正規か悩んでいるなら、ぜひご一読ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

取引先へのお礼は必須!飲み会後のお礼メールのタイミングと内容

取引先の会社から飲み会に接待してもらったあとは、しっかりとお礼のメールを送ることがビジネスにおいて大...

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキ...

食品工場の正社員がきついと感じることとやりがいを感じること

食品工場での正社員の募集を見て、働いてみたいけど、食品工場はきついと聞いたことがある、という方もいる...

仕事が向いてないと感じるが、半年では本質が見えていないことも

社会に出て仕事をしていると、多かれ少なかれ悩みを抱えます。 これはどんな人にも言えることでしょう。...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。 ...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。 ここでは、仕事のミ...

名刺交換の挨拶で印象は決まる!ビジネスにおける基本マナー

名刺交換の挨拶はビジネスにおいて欠かせないものです。 これから名刺交換をするようになるという新入社...

手紙の書き方【謝罪文のマナー】構成や注意点などポイントを紹介

手紙の書き方には謝罪を伝える手紙のマナーもあります。 ビジネスにおいてお客様などへ謝罪する際に、電...

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか? スーツのジャケットのボタ...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。 それはプライベートでもビ...

会社を辞めることを相談したいなら、相手をしっかり選ぼう

仕事をしていく上で、誰でも楽しく意欲を持って働けているわけではありません。 心や体に限界を感じた時...

電話応対のビジネスマナー。覚えておきたい基本ルールとマナー

仕事で電話応対をする時には、電話ならではのビジネスマナーがあります。顔が見えない電話は、声のトー...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。 特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

スポンサーリンク

働き方にはいろいろある。正規雇用と非正規雇用

ニュースや新聞でも時々話題になりますよね。正規社員と非正規社員の話。何をどうみても、正規雇用と非正規雇用を比較すると、正規雇用には、メリットがあります。あなたもきっと、今非正規で働いているにしろ、将来は、正規社員として雇用されることを望んでいると思います。

正規社員の方が、メリットは大きい

契約の長さにも期限はありません。期間限定の仕事ではないので、長期的にその仕事で働くことができます。大体の場合は、パートではなく、長時間働くことが多く、ボーナスもあるケースが多いです。これが、非正規雇用との収入の差になると思います。

成績によって、昇給が期待できるのも、正規雇用のメリットです。

非正規雇用の場合は、時給制が多い

正規雇用は、固定給といいますか、月給制で、月の収入は決まっています。それに比べて、非正規社員は、固定給ではなく、時給でお給料が支払われます。この点も、正規雇用の方がメリットを感じやすい点だと思います。また、成績により、正規雇用は昇給を見込めますが、残念ながら、非正規には、その点、成績が良くても、昇給を望めないことが多いです。優秀な方が、非正規雇用のままだと損をするかもしれませんね。

正規の雇用メリットは給与の他に福利厚生もある

年齢を重ねる毎に、色んな方が正規雇用に憧れます。正規雇用には、待遇のメリットがあるのでそれも仕方ないのかもしれません。それらのメリットは働く上で、従業員から喜ばれます。正規雇用ならではの待遇が欲しくて、正規雇用を狙う人も数多いと思います。

厚生年金に加入できる

年金は定年後のことも考慮すると、大切な収入源です。あなたが定年を迎えた後、頼れる一つの収入源になります。正規雇用は、厚生年金に加入できるメリットがあります。厚生年金に加入すると、支払う金額は、あなたと会社、両方になります。ということは、あなたの負担額が少なく済む利点があります。

正規雇用は、ボーナスがある

上記でも少し触れましたが、ボーナスがあるのとないのでは、収入にもかなりの差が出ます。ボーナスが出る正規雇用はやはり魅力。お子さんがいて、これから大学進学を望まれているなら、教育費に色々かかりますので、ボーナスも欲しいところ。これも正規雇用のメリットと言えます。将来なれるのなら、是非正規雇用にはなりたいですよね。

正規で雇用されるメリットの一つは仕事内容

正規雇用と非正規雇用の働き方の違いに、与えられた仕事をどうやってこなすのか、仕事の仕方や内容に違いが出ます。正規雇用の仕事ですが、自由奔放まではいかないと思いますが、ある程度は、あなたがしたいように仕事をまっとうすることができます。

正規雇用では、充実感がある

仕事に充実感を求めている方は、正規雇用を目指した方が、毎日が充実すると思います。給料もいいですし、あなたがしたいように仕事をこなすことができます。会社でも、あなたのカラーで働くことができ、あなた自身、働きやすいかもしれませんね。

もしかしたら、あなたが一つのしごとをこなした後、結果によっては、より大きな仕事を任せられるやすいのが、正規雇用の働き方です。そんな仕事への責任感も正規雇用のメリットになるかもしれませんね。逆に、仕事にあまり責任感を感じない方には、不向きとも言えると思います。

正規で雇用されることはメリットばかりではない、デメリットに感じることもある

仕事に対して、責任感を持って働きたいし、年収も増やしたい方は、正規雇用に見合っていると思います。正規社員は、責任ある仕事を任せられがちなので、毎日やりがいを感じながら、働けると思います。特にこれから教育費がかかるお子さんがいるご両親は、正規雇用で働き、ボーナスも頂き、教育費用に当てたいですよね。

お子さんがいる方は、正規雇用で働くことを給料面では、メリットと感じていると思います。 でも、正規雇用で働くことはメリットだけではありません。正規雇用で働くと、お子さんの用事の時に、休みたい時に休めないデメリットもあります。

子供の都合に合わせて、休暇を取れない

お子さんの学校の用事に合わせて、休みたいですよね?それは、正規雇用になるとなかなか難しいと思います。責任のある仕事を任されますので、その分、休みたい時に休めないというデメリットがあります。

給料は良くなりますが、家庭の用事で休めないのはデメリットの一つになると思います。正規雇用で様々なメリットはありますが、デメリットがあることも忘れないで下さいね。

正規の雇用が良いとは限らない!自分にメリットがある働き方を選ぶ

収入面や待遇面を考えると、正規雇用の方が、非正規雇用に比べて、良い条件で働けると言えます。ただ、収入面や待遇面だけ考えて働いても、あなたにメリットだけある訳ではありません。それも考えて、あなた自身、正規雇用がいいのか、非正規雇用がいいのか、考慮した上で働くべきです。

都合よく働きたいなら、非正規雇用の方が働きやすい

仕事をする上であなたが何を一番大切するかで雇用体系も変わると思います。一つの技術に優れている方は、初めは派遣で働き、それから契約社員や正規社員に切り替わる、紹介派遣で働くというやり方もあります。収入の面では、正規社員の方が確かに雇用もしっかりしていますが、非正規雇用の方が気軽に休めるメリットもあります。

あまりボーナスにこだわらずに、家庭の用事を優先にできる仕事もあります。そんな仕事を優先にした方があなたのライフスタイルにあっていることもあります。

あなたがどんな形で働きたいのか、一度自分の優先順位を確認してから、就活をするべきです。正規雇用にメリットはありますが、そのメリットだけに固着しないで下さいね。