キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。
どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難しいでしょう。

大切なのはミスをした後です。
ミスをしたことを反省せず、何度も同じミスを繰り返していては社会人として問題外です。

仕事でミスをしてしまった場合は、反省をしてお詫びをすること。
そして、同じミスで迷惑をかけないために自分なりの改善点を考えることが必要です。

ただ心の中で反省をしていても周囲にお詫びの気持ちは伝わりません。
口頭でお詫びすることも一つの方法ですが、さらにお詫びの気持ちを表すために謝罪文を書くとより伝わりやすくなります。

文章にすることによって冷静にミスを振り返ることが出来ますし、気付きにくい原因を発見出来るキッカケにもなります。

反省の気持ちを伝えるための謝罪文の書き方について見てみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。 それはプライベートでもビ...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。 ...

仕事中に眠いときの対処法!睡魔を撃退するために出来ること

仕事中に急激な睡魔に襲われ、眠いのを我慢しながら仕事をすることもあります。眠いとなかなか仕事がはかど...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。 ここでは、仕事のミ...

ビジネスマナーとして身につけておきたいお茶出しのルール

会社で、取引先の方やお客様など、お茶をお出しする場面もあります。そんな時に覚えておきたいのがお茶出し...

取引先へのお礼は必須!飲み会後のお礼メールのタイミングと内容

取引先の会社から飲み会に接待してもらったあとは、しっかりとお礼のメールを送ることがビジネスにおいて大...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。 そんな時、ビジネスマナーの...

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

電話が怖い【仕事編】克服するためにすぐに取り入れたいコツ

電話はどの仕事でも必要な業務のひとつ。電話が苦手で怖いという人も仕事で電話応対をしなければならないこ...

初めての転職なら未経験でも挑戦しやすい職種がおすすめ

突然ですが、現在の仕事に満足している人はどのくらいいると思いますか。 実は社会人として働いてい...

働き方について考える。正規の雇用のメリットについて

お子様が小さなときにはパートで働いていても、小学生になってある程度手を離れるとフルタイムで働きたいと...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。 特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

アパレルの仕事が未経験なときの志望動機とは?書き方とコツ

アパレルの仕事が未経験の場合はどのような志望動機を書けばいいのでしょうか。アパレル業界は志望動機でど...

スポンサーリンク

謝罪文を書く前に。直接事実と反省の意思を伝えよう

仕事になれている方でも、その仕事に就いて間もない方でも、誰でも仕事でミスはしてしまいます。きちんと上司に確認をとってから仕事にミスのないようにしていても、ミスはしてしまうもの。仕事でミスをしてしまった後の礼儀として、謝罪文を書きます。意図的にしたミスではなかったとは言え、謝罪文を書いて、仕事の信頼の回復にしましょう。

謝罪文を書く前に、迷惑をかけた方に詫びる

謝罪文を書く前に、あなたのミスで迷惑をかけた方に、お詫びをして下さい。ミスをしたのですから、謝罪文を書いた方が信頼度は上がると思います。でも、その前に、あなたが自分で仕事でミスをしたことを自覚し、周囲の方に謝る必要もあります。

というのも、相手の方は、あなたがあなたがしたミスを周囲のせいにしていないかどうか、気にしています。まずは、自分のミスを認め、周囲の方に謝るべきです。

謝罪文を書く前に、周囲の方にミスについて謝る姿勢が求められます。お給料を受け取っていますから、それも仕事の中に入ると思って下さい。

仕事のミスをしっかりお詫びするなら謝罪文を書くこと!

あなたが仕事上でしてしまったミスを心から反省し、悔い改めているなら、あなたの気持ちを示した、謝罪文を書きましょう。

あなたに責任があること、ミスを自分がしたことを認める

謝罪文を書く時、上記のことを頭に入れた上で謝罪文を書いて下さい。あまりミスのことであなた自身のことを責め続けるべきではありません。でも、謝罪文は、基本的にミスをしたのは自分であり、それで周囲に迷惑をかけたことを詫びる文章です。あなた自身に責任があることは認めた文章にして下さい。

ミスに対する解決法も謝罪文に含める

誰でもミスはしてしまいます。それで、仕事に関わる方に迷惑はかけてしまいます。仕事では、問題は次、どうやってそのミスをしないようにするのか、また、ミスをした時にどう対処できるかだと思います。あなたが考慮した、具体的な対応策も謝罪文の中に入れて下さい。

ただ、詫びるだけでは、謝罪文は成立しません。ミスに対する対応策も含まれた内容にして下さいね。

仕事のミスを反省する気持ちが伝わる謝罪文の書き方はコレ

あなたが内側に感じている気持ちを言葉に表現するのは、時には難しいことですよね。ただでさえ、仕事でミスをして落ち込んでいるのに、その気持ちを謝罪文に表す。難しい時は難しいと思います。

メールで謝罪文を送る場合は、件名は、~に関するお詫びというふうに、何関するお詫びなのかわかるようにして下さい。そして、誰あてなのかを書き、正直にどんなミスをしたのか、文章に表して、謝罪文にします。そして、それに対して、どんな対応を取ったのかも、メールの中で説明します。

あなたがしてしまったミスに対して、相手の方が何かしなくてはいけないのであれば、それも謝罪文の中に記載します。

今後はこのようなミスはしないと最後に書き、謝罪した上で、あなたの名前を最後に記載します。

上記のような順序で謝罪文を書いて下さい。上記の順序は、大体の謝罪文の内容をカバーしています。最初に書く名前は取引先の方でしたら、取引先の会社の名前と、その方が属している部署と名前、名前の後に様をつけて謝罪文とします。

謝罪文を書くなら、形式だけではなくフレーズ選びも大切!ミスした仕事の向き合い方がわかる

謝罪文は、テンプレート化してしまい、形式も似たようなものになりがちです。それを参考にして書けば良いので、すぐに謝罪文を書ける利点はあると思います。ですが、相手によっては、言葉の選び方もかなり慎重にしなくてはいけませんよね。

深謝という言葉を使う

取引先の会社の方に迷惑をかけたですとか、謝る相手があなたが勤めている会社以外の方には、深謝という言葉も使えます。深謝いたします。短いフレーズではありますが、通常の詫びよりもっとレベルの高さを言葉で表現しています。あなたの反省の深さを深謝という言葉で表現できます。

陳謝いたします

深謝と同様、かなり礼儀正しい、ミスを詫びている言葉です。仕事でミスをした時に、覚えておきたい言葉の一つです。

ミスを繰り返さないために、ミスをチャンスに変える方法

仕事でのミスは、視点を変えると、チャンスでもあります。勿論、あなたがした仕事のミスを他の方のせいにするという意味ではありません。ただ、一度ミスはしたけど、それっきり。同じミスを繰り返していないね、周囲からこれから評価を得るチャンスとも考えられます。

どうして、そのミスをしてしまったかを考える

どうして仕事で重大なミスをしてしまうのか、原因は様々ですので、これが原因だと断定することはできません。ただ、もしかしたら、あなたが重要なことをメモに書き留めていないがために、ミスをしてしまったという可能性はあると思います。心当たりがあるようであれば、仕事をする際は、メモを書く癖をつけ、メモを見るようにして下さい。何か指示を受けた時、鍵になることを少し書くだけでも、ミスの回数や度合いも低くなると思います。また、ミスを減らすためにも、上司や同僚と確認することも大切です。
ミスをしてしまったのなら、どうしてそのミスをしてしまったのか、どうやって、同じミスをしないようにできるのかを考えて下さい。 また、どんな時にミスをしがちなのか、分析することも大切だと思います。こんな時にミスをしがちだと傾向が見えれば、それに対する対策も考えることができます。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666