キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。
多くの事務はそうであっても、そうはいかない事務もあると知っておく必要があります。特にIT・WEB系の中小・ベンチャー企業などは一般事務の中でも高いスキルや仕事量を求められることがあります。

事務のキャリアを積んでいきたいのか、子育てと両立を重視するのかで選ぶ事務の種類が決まってくるでしょう。

今回はそんな女性の間で人気な職種である事務について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

受付の対応で感じが良いと思ってもらえるマナー

受付は、会社の顔とも言える場所です。その時に間違った対応をしてしまうと、来社したお客様や、そのお...

電話応対のビジネスマナー。覚えておきたい基本ルールとマナー

仕事で電話応対をする時には、電話ならではのビジネスマナーがあります。顔が見えない電話は、声のトー...

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけな...

スーツを上手に着こなして、快適に冬を過ごそう

スーツの素敵な着こなしのポイントの一つに、「季節感を大切にする」というものもあります。日本に...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

ジャケットの袖丈が長い時の対処方法とジャストなサイズについて

ジャケットの袖丈が長いとどのような印象を与えてしまうのでしょうか。清潔感があっても、サイズが合っ...

転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点

大手の転職サイトでは、プロフィールを登録すると企業からオファーメールが届くシステムを導入しています。...

スーツのボタンは閉めないとダメ!女性のための着こなしマナー

女性が仕事でスーツを着るときはボタンを閉めないといけないことを知っていますか?男性の場合は一...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

営業で稼げると注目の業界とは。年収をアップさせる企業選び

営業職と言えば、他の職種よりも高収入のイメージを持つ方も多いと思います。もともと営業の仕事が好きで、...

お客様にお詫びメールをする時は誠意が伝わる対応をしよう

仕事でミスをしてしまったら、逃げたくなってしまうこともあるでしょう。ですが、仕事にミスはつきもの...

ビジネスで大切な電話のマナー、電話の受け方かけ方を解説

ビジネスマナーとしてぜひ覚えておきたいのが電話のマナー。電話対応が悪いと、会社の信用問題にも...

異動したい時のやり方や、願いが通らなかった時の退職の仕方

働いている中で、今所属している部署が自分に合わなかったり、事務から営業など、別の担当に変わりたいとい...

ビジネスパーティーに出席する時の女性の服装選びとマナー

会社主催の祝賀会や式典を行うビジネスパーティーに出席する時には、服装のマナーも大切です。個人的なパー...

スポンサーリンク

事務は未経験からでも始められるので転職に人気な職業である

転職するのなら事務の仕事にしたいと考えている人も多いでしょう。

事務は未経験でも始められる新卒でも転職の場合でも人気の職業

事務の仕事ももちろん経験がある方が有利ではあります。

基本的な事務の知識やパソコンの使い方を知っていて、電話や接客の方法も心得ているため、即戦力として会社の役に立つことができます。

事務はデスクでの仕事となるため、同じ事務所にいる他の社員たちとうまくやっていくことも大切です。

仕事ができるかどうかだけでなく、人間性も見て採用していることも多いです。そのため、未経験であっても協調性がある良い人材の方を優遇する傾向もあります。

事務の仕事は学びながら仕事をすることがができるというのも人気のひとつ

デスクワークの仕事やパソコンのスキルなど、一から教えてもらえるところも多いです。特別な知識がなくても、誰でも教えてもらえさえすれば出来るといった仕事内容が多いので、未経験でも不安を感じることなく挑戦することができます。

未経験でもできる事務が人気な理由は他にもある

事務の仕事が人気なのは、仕事をする環境にもあります。

事務職は屋内作業

事務であっても外出することはありますが、基本的にはオフィスで働くことになります。暴風雨であっても猛暑の日でも快適で冷暖房が整った室内で仕事ができます。事務所内は清潔で、自由にお茶を飲んだりトイレに行くことができます。重たいファイルを動かしたり荷物を運ぶことはあっても、基本的に肉体労働はありません。お茶を飲みながらデスクでコツコツと仕事ができるのは魅力的ですよね。

仕事の融通がききやすいというのもメリットでしょう。

急な電話連絡も取りやすく、残業も少ない会社も多いため、他の職種に比べると家庭との両立もしやすくなります。接客業などはお客さんによって勤務時間などに影響が出てしまいますが、事務は自分のペースで働くことができます。

今日は子供が早く帰るから残業は明日にしよう、といった具合に自分の都合で融通をきかせることができると便利ですよね。

事務に転職したい!育児と仕事の両立が難しい事務もあることを知っておこう

ラクそうだから事務に転職をしたいと思っていたら、とんだ誤算ということもあるので注意が必要です。事務でも高いスキルを求められたり、リーダー的な責任のある仕事が多かったり、常に能力の向上をはかるような企業もあります。

特にIT・WEB系のベンチャー企業といったところは、企業自体が新しいことを求め前進し続ける体制のため、事務の仕事であっても常によりよいことを求められることが多いです。改善策や新しい企画など、次から次と要求されてしまいます。仕事が負担になり家庭との両立が無理、常にストレスを感じるといったことになりかねません。

与えられた仕事をコツコツこなすことを望んで事務の仕事につきたいと考えているのなら、企業のことも調べておく必要があります。事務の仕事でもイメージとは違い、そのギャップに驚くといったケースも十分にあります。

事務に転職する前に事務の特徴を知っておこう

事務は人気の職種のため、競争率が高いことも覚悟してください。事務の仕事につきたいと同じように考えている人はたくさんいるのです。給料が良い、残業が少ない、新しくキレイなオフィスで働けるといった勤務条件の良い事務なら誰でも働きたいと考えるでしょう。その分、競争率も高くなります。

事務のデメリットも知っておく必要があります

営業の仕事なら成果を出したら給料として見返りがありますが、事務はちゃんとできて当たり前の仕事です。

能力に応じて給料が上がるということも少ないため、モチベーションが上がらないと仕事でもあります。基本的な賃金アップはあっても能力や成績によって大幅に給料が上がるということはまずないと思ってください。

事務の仕事が嫌いと言う人の意見も参考にしてみると良いでしょう。

事務の仕事は単調で面白みがない、刺激が少ない、細かい、飽きるといった意見があります。

毎日、又は定期的に同じ仕事を淡々とやることになるので、中にはそれが苦痛の感じる人もいます。事務の仕事につきたいと思ったら、自分の性格も考慮した上で決めるようにしてください。

事務未経験なら自分の性格が事務に向いているかどうか判断してみよう

事務の仕事につきたいと考えたら、自分の性格が向いているかどうかを一度考えてみてください。

事務の仕事には同じ仕事をコツコツとやり、確認を怠らない細かい面が必要になります

大雑把な人、細かいことが面倒という人には苦痛に感じるかもしれません。

正確さを求め、真面目な人ほど事務の仕事に向いていると言えるでしょう。

事務は地味な仕事でもあります。

表舞台に立つ営業の仕事に対して、事務はそれを支える仕事になります。目立つことが好きで華やかさを求める人、周りを引っ張っていきたいリーダー的な存在の人には向いてはいません。
また、事務の仕事には個性は必要なく、それよりも協調性やコミュニケーション能力を求められます。サポートすることが仕事だと思っておくと良いでしょう。

事務の仕事は華やかな舞台とはなりませんが、誰かの役に立つ仕事でもあります。自分のペースでコツコツと真面目に仕事をするのが好きな人、そんな人は事務の仕事も楽しく感じることでしょう。