キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

転職【スキル】自信がない人でも成功できるポイントを紹介

転職がしたいけどスキルに自信がないからと立ち止まっていませんか?
自分では気が付かないだけであなたはすでにスキルを持っているかもしれません。

そこで、スキルに自信がない人でも転職で成功するためのポイントについてお伝えしていきましょう。

転職で成功するためには自分で自分をアピールできることを見つけることです。
転職せずに今の職場のままであなたが活躍する場を見つけられる可能性もあります。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初めての転職なら未経験でも挑戦しやすい職種がおすすめ

突然ですが、現在の仕事に満足している人はどのくらいいると思いますか。実は社会人として働いてい...

今の仕事に満足していないけれど、転職しない人の理由

あなたのパートナーが今の仕事に満足していない時、あなたはどうしますか?パートナーの気持ちを優先し...

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。管理職になることであなたにふりか...

男女の顔の違いをわかりやすく解説!イラストの描き方とコツ

イラストを描く上で大切なのが、男女の顔の違いを知ること。違いを知ってそこからアレンジすれば、...

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのか...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気が...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

名刺交換の挨拶で印象は決まる!ビジネスにおける基本マナー

名刺交換の挨拶はビジネスにおいて欠かせないものです。これから名刺交換をするようになるという新入社...

転職祝いをメールで贈るポイント!注意点やビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいては転職をする上司や先輩などにお祝いのメッセージをメールで贈る場合があります。お世話に...

食品工場の正社員がきついと感じることとやりがいを感じること

食品工場での正社員の募集を見て、働いてみたいけど、食品工場はきついと聞いたことがある、という方もいる...

スポンサーリンク

転職したいけどスキルに自信がない人は自分を見つめ直してみましょう

今の会社でマンネリを感じていると、転職を考えるかもしれません。転職するのも悪くはない、でも、転職するレベルのスキルを、持っていないから、無理かな。諦めているかもしれません。転職したいけど、その自信がないと感じているかもしれませんね。そんなに自分自身に否定的に考える必要はないと思います。スキルがなくても、転職もできる時はできます。

転職の際、売りになる、スキルはある

資格とか、数値にできないスキルをあなたが持っていても気づかないこともあります。転職する時、どうしても求人票に書かれているスキルに固着してしまいます。確かに、転職する時、資格やスキルも大切です。でも、転職の面談では、資格だけではなく、「この人と実際働いてみたい」雰囲気も重視され、それもスキルの一つになります。社会人経験がある程度あるなら、今の会社で磨かれた品性ですとか、コミュニケーションスキル、パソコンのスキルが上がった、何か売りになるスキルはあるはずです。あまり悲観的にあなた自身を見ずに、数年前と比べて、何をできるようになったのか、振り返って下さい。何かあなたにはスキルがあるはずです。

一つの会社でも色んな部署を経験したこともプラスになります。一つの部署での勤務年数が短いと捉えることもできますし、一社で様々な経験をしたとも考えることができます。

スキルに自信がない人が転職するには誠実な印象が必要

転職で相手の方が注目するのは、あなたの資格などのスキルだけではないと思います。面接では、あなたの人柄も審査対象になります。どんなに技術や経験がある方でも、もしかしたら、面接で人柄が当社には合わないからという理由で、不採用になることもあります。

転職の面接で、あなたの良い部分を表現すること

面接の担当者の方は、あなたの年齢、資格、どんな会社で働いていたのか、どうして辞めたのか、色んな点に興味を持ちます。それらの点も勿論大切ですが、それにプラスして、あなたと一緒に働きたいかどうか、その点も選考の考慮に入れます。

例え、あなたが転職するのに、十分なスキルを持っていないと自信がないように思えても、転職先の面接官が、一緒に気持ちよく働けると感じてもらえれば、転職に成功することはあります。あなた自身のスキルや人柄、経験をあまり悲観的に見ないことです。転職するのに、スキルも確かに大切ではありますが、それだけではありません。相手の企業の方は、あなたの人柄もきちんと判断基準に入れています。

スキルに自信がないなら転職したい理由を整理してみることも大切

あなたが転職したい理由はなんですか?自分が持っているスキルに不満があり、転職をしたいのか、今、逃げたい問題があるのか、転職したい理由を少し考えて下さい。

転職することも良い選択ではあります。ただ、今抱えている問題が今の企業で解決すると、転職する必要もありません。どうして転職したいのか、その理由も考え、解決できるかも考えましょう。

転職先でも、似たような問題にぶつかることもある

自分が持っているスキルに自信がない。今の職場でこんな問題がある。

どの職場に勤めても、問題に直面はします。それが理由で転職したいのなら、あなたがするべきことは、今の問題を乗り越えることだと思います。そうすると、転職するのが答えではないと思います。今の会社に留まり、問題を克服することが答えかもしれません。転職したところで、転職先でも、問題にはぶつかります。

スキルが足りないことが悩みで転職したいのであれば、今の会社でスキルアップをするべきなのかもしれませんね。

30代からの転職を成功させるためには即戦力をアピールする

年齢も年齢ですし、30代の転職は、これまで培われた技術やスキルを生かした、即戦力が求められがちです。転職先の方も、あなたにそれだけの実力や即戦力があること、それに加えて、年齢も考えて、人をリードした経験があるかどうかも30代を越えると問われます。あなたが20代ではなく、30代で転職をお考えなら、そんな「スキル」を求めれると思います。

これまでの企業への利益をアピールする

あなたのこれまでの働きぶりから何か転職先の企業にアピールできる点はありませんか?例えば、あなたが働いている姿を見て、周囲の方が「働くとはこういうことなのだ」再確認できた、マンネリが解消された、あなたが企業に貢献できた点を、具体的に数字にして表して下さい。証拠を見せられると、余計、説得力が増します。「私は仕事ができます」と自信を持ってアピールすることも大切ではありますが、数字のパックアップはより説得力があると思います。何か数値があるなら、転職の面接や職務経歴書でアピールするべきです。

スキルがなくても自分次第で転職は成功できる

どの職業に転職したいかにもよるとは思いますが、場合によっては、スキルがなくても、転職できる時はできます。スキルはあるに越したことはありませんが、必修ではありません。人が羨むようなスキルがなくても、転職はスキルだけが命ではありません。

どれだけ仕事に忠実だったかをアピールする

スキルはなくても、これまで、仕事に対してどれだけ真剣に取り組んだか、あなたなりの姿勢を企業に売り込むことはできます。スキルがなくても、例えばあなたの長所をアピールしたり、自分が就いた仕事から得られた経験をアピールし、転職に成功することもあります。

注意点は嘘をつかないことです。面接官もプロですから、あなたの嘘を見分けることはできると思います。あなたの長所や忠実さをアピールする際は、嘘はつかず、あなたの本当の姿を言葉にすることです。それが、あなたの強みになり、転職することもできるかもしれません。面接官もあなたの人間味に惹かれ、転職に成功するかもしれません。

仕事も縁です。あなたの人間味に魅力を感じ、転職できることもあると思いますよ。