キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

ビジネスマナーで大切な、手土産の渡し方についてご紹介

ビジネスマナーを学ぶ上で、さまざまな事柄がありますが、その中でも、手土産の渡し方も大切です。
誠意などの気持ちを伝える手土産は、渡すタイミングや渡し方を間違えると、先方に良い印象どころか、悪印象を与えてしまいます。
ここでは、取引先などに失礼のないように、渡し方や手土産の選選び方などについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

仕事での会合やパーティーを欠席する場合の謝罪メールについて

仕事をしていると、様々な会社とお付き合いがあり、時にはパーティーに呼ばれることもあります。し...

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけな...

電話が怖い【仕事編】克服するためにすぐに取り入れたいコツ

電話はどの仕事でも必要な業務のひとつ。電話が苦手で怖いという人も仕事で電話応対をしなければならないこ...

夜勤の睡眠不足を解消するコツや上手な眠りのポイントを紹介

夜勤による睡眠不足に悩まされているあなた。夜勤がある職業の人は睡眠を取る時間がその日によって違うため...

これから流行るであろう、将来性のある仕事とは

これからはどんな仕事が流行るのか、儲かる仕事、将来性のあるのはどんな仕事なのか気になりませんか?...

上司とのラインで絵文字やスタンプはNG?ラインのマナーを解説

仕事の連絡を上司にするとき、ラインを使ってやり取りをしている人もいるのではないでしょうか。このときに...

お家でも取得可能な資格や人気がある女性の就職に役立つ資格

就職をするときに業種によっては資格が必要であったり、資格が有利に働くことは少くありません。また再就職...

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。...

ネット販売は手軽?副業としてネット販売を行うために必要な知識

ネット販売はお家にいて商売が成り立ち、手軽な感覚があります。そのため副業としてネット販売を考える方も...

電話の「応対」と「対応」の違いと、正しい受け付け方

電話でお客様などとお話をする時のことを「電話応対」と呼んだり、「電話での対応」と言ったりすることがあ...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。ここでは、仕事のミ...

事務仕事を効率的にこなすコツと事務仕事は本当に楽なのかについて

事務は結婚後も続けられる、子育てしながらでも働きやすい、楽そうなどの理由から女性の間で人気な職業です...

転職祝いをメールで贈るポイント!注意点やビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいては転職をする上司や先輩などにお祝いのメッセージをメールで贈る場合があります。お世話に...

受付の対応で感じが良いと思ってもらえるマナー

受付は、会社の顔とも言える場所です。その時に間違った対応をしてしまうと、来社したお客様や、そのお...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

スポンサーリンク

ビジネスの商談や会食で手土産を渡す、適切なタイミング

ビジネスで取引先に手土産を用意したとき、それを渡すタイミングが難しく感じることがあります。手土産はベストなタイミングでスマートに渡せると良いのですが、そのタイミングを逃してしまうと最後までなかなか渡すことができず、マナー違反にはらないかと心配になってしまうでしょう。手土産のことが気になり話に集中できなくなったりもします。また、手土産を任されているという負担もなかなか大きいですよね。

手土産を渡すタイミングに特別な決まりはありません

渡すときは相手のことを考えてタイミングを見計らうことが大切です。

取引先の会社を訪問した場合は、応接室や会議室などに通され、まず先に名刺交換を行います。手土産を渡すときは、この名刺交換が行われた後になります。訪問先に入って顔を合わせた途端、または応接室に通されてすぐに手土産を渡してしまうと、手土産が邪魔になりその後の名刺交換がスムーズに行われません。

挨拶のときに話が盛り上がってしまうこともあります。その場合は話が落ち着いたところで、手土産を渡すようにしてください。

会食などの場合はまた違ってきます。会食の前に手土産を渡してしまうと、手土産が邪魔になってしまうことも考えられます。会食の場合は最後のお見送りのときに渡すようにしてください。
手土産を渡すタイミングにルールはありませんが、相手にとってベストなタイミングをはかることがマナーになります。

ビジネスにおける手土産の渡し方や、紙袋の扱い方

手土産は大抵の場合、紙袋に入れて持って行きます。いざ手土産を渡そうとしたとき、紙袋をどうしたらよいのか、また渡し方にマナーがあるのかが心配になることでしょう。初めて手土産を渡すという場合は、包装紙などを見て手土産に向きがあるかどうかを確認しておき、事前に渡すイメージをしておくと慌てずに済みますよ。

手土産を渡すときは紙袋ごと渡してはいけません

紙袋は中身が汚れないために使うものなので、手土産を渡すときは紙袋から出して、中身だけを渡してください。中身を取り出した後の紙袋は一旦、椅子の上や床の上にそっと置いておき、手土産を渡した後で紙袋を畳んでかばんの中に片付けてください。

手土産を風呂敷で包んで持って行く場合もあります。

風呂敷も紙袋と同じ役割をしているため、風呂敷から中身を取り出して相手に渡してください。紙袋よりも風呂敷の方がフォーマルになりますので、重要な取引先なら紙袋ではなく風呂敷を使うようにしましょう。
紙袋から中身を出してから渡すのがマナーになりますが、中身が重たくて紙袋があったほうが持ちやすいということもあります。その場合は一言添えた上で紙袋のまま渡したほうが良い場合もあります。

訪問先の人が2人以上同席する場合は、手土産は立場が一番上の人に渡してください。迷ったときは座る場所を見て判断したり、名刺交換したときにさりげなく役職などを見ておくと良いでしょう。
上司と一緒に訪問した時は、手土産を渡すのは上司からになります。手土産は会社を代表して渡すものなので、こちら側も立場が一番上の人から渡すことになります。

ビジネスで手土産を渡す時は、渡し方と添える言葉も大切

手土産を渡すときは、向きにも注意をしてください。

包装紙の包み終わりが底になるように持ち正面を上に向けてください

また、包装紙や包み方によって向きがある場合もあります。手土産の包装にリボンやメーカーのシールが貼ってあったり、包装紙の柄に向きがあるものもあります。

相手が見やすい状態に向きを合わせて持ってから渡してください。

手土産を渡すときには一言添えてください。「つまらないものですが」という一言が多いですが、これは言葉通りのつまらないものという意味ではなく、謙遜して使う言葉です。ですが、つまらないものを選んだのか?というイメージが残りますよね。

気になる人は「ありきたりのものですが」という言葉を使ってみてください。また、「お口にあうと良いですが」「みなさんで召し上がってください」など、その場の雰囲気に合わせてさりげない一言を添えるだけで良いです。「いつも大変お世話になっております」という言葉でも十分です。

手土産は渡し方と何を選ぶかが、ビジネス成功のカギ

手土産ひとつで商談に左右するということはありませんが、その場の雰囲気が和んだり緊張感がほぐれるなど、ビジネスにおいては大切なツールのひとつでもあります。

手土産をあっというような物にしようとか、高級品を贈って重要さをアピールしようと考える必要はありません。

ビジネスにおいての手土産は、誰もが喜んでもらえる一般的な物がおすすめ

また、冷蔵が必要なものや切り分けなけばならない物よりも、ある程度日持ちがして常温保存可能で、個装されている方が便利になります。
手土産は会社のみんなで分けて食べることが多いです。好みが分かれるような食べ物よりも、ありきたりな物の方が誰の口にも合うことが多いです。

毎回同じ手土産もまた喜ばれるものです。私もよくお客さんの顔を見て、またあのお菓が食べられると楽しみに思っていました。

遠方の取引先を訪問する場合なら、地元の銘菓を選ぶのをおすすめします。

訪問先の地域では購入できないようなお菓子もありますよね。地域ならではの有名なお菓子なら食べる機会も少ないため、きっと喜ばれることでしょう。

ビジネスで必要な手土産の渡し方だけではなく、貰い方も知っておこう

ビジネスにおいて手土産は渡すばかりではなく、貰う立場になることもあります。手土産の受け取り方も知っておくと、相手に失礼な印象を与える心配もありません。
手土産を貰ったらお礼の言葉を言って受け取ってください。受け取った手土産はその場に置きっぱなしにしてはいけません。

「ちょっと失礼します」などと一言断りを入れて手土産を持って席を立ってください。相手を待たせすぎないようにして、手土産を他の社員に任せたり別の場所に置いておき、すぐに戻るようにします。

上司が同席しているとき、上司は話しこんで手土産に気がつかないこともあります。その場合はタイミングを見計らって、話が終わったときやお見送りする前などに上司に手土産を貰ったことを報告してください。

ビジネスにはマナーがあります。手土産を渡すときはもちろん、貰う場合も相手に失礼のないようにマナーを身につけておきましょう。