キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

自己PRの書き方や面接でのアピールの仕方とは?高校生の就職

高校生が就職を希望する場合は、どのような自己PRをしたらいいのでしょうか。

高校生はスキルや経験がないぶん大学生や転職組よりも人間力を見られているとも言えます。しかし、高校生ならではのやる気や素直さはとても心強い自己PRになるでしょう。

高校生の為の自己PRの書き方や面接でのアピールの方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

欠席をお詫びする場合のメールは当日連絡は控えましょう

社会人になると、社内の同僚や上司と食事に行く機会もあると思います。それだけではなく、取引先の相手...

営業先への訪問!マナーを身につけてこそ一人前のビジネスマン

営業職をしていると会社へ訪問する機会が多いですよね。会社に訪問する時には、マナーはとても...

お客様にお詫びメールをする時は誠意が伝わる対応をしよう

仕事でミスをしてしまったら、逃げたくなってしまうこともあるでしょう。ですが、仕事にミスはつきもの...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

受付の対応で感じが良いと思ってもらえるマナー

受付は、会社の顔とも言える場所です。その時に間違った対応をしてしまうと、来社したお客様や、そのお...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。...

ビジネスマナーで大切な、手土産の渡し方についてご紹介

ビジネスマナーを学ぶ上で、さまざまな事柄がありますが、その中でも、手土産の渡し方も大切です。...

仕事が向いてないと感じるが、半年では本質が見えていないことも

社会に出て仕事をしていると、多かれ少なかれ悩みを抱えます。これはどんな人にも言えることでしょう。...

今の仕事に満足していないけれど、転職しない人の理由

あなたのパートナーが今の仕事に満足していない時、あなたはどうしますか?パートナーの気持ちを優先し...

ビジネスパーティーに出席する時の女性の服装選びとマナー

会社主催の祝賀会や式典を行うビジネスパーティーに出席する時には、服装のマナーも大切です。個人的なパー...

食品工場の正社員がきついと感じることとやりがいを感じること

食品工場での正社員の募集を見て、働いてみたいけど、食品工場はきついと聞いたことがある、という方もいる...

仕事でのミスが怖い時の対処法、気持を切り替えるためにできること

誰でも仕事でミスをしてしまうのは怖いものです。一度仕事で大きなミスをしてしまうと、また同じミ...

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのか...

スポンサーリンク

高校生の就職は強気で自己PRをしましょう

高校生が卒業後に就職を希望する場合は、高校在学中に採用面接を受けることになります。まだ学生である現時点では、その会社が求めるスキルは十分に身についていないことを考えると、採用されるためのカギは自己PRにあると言っても良いでしょう。効果的な自己PRをするためには、面接を受ける前にきちんと心構えをしておく必要があります。

熱意を言葉で伝える練習をする

同じ職種の求人に対して、複数の採用希望者がいた場合は、書類選考を経て面接で採用者を決めることになります。就職先に履歴書が届いた時点では、学歴や資格をメインにして判断するしかありませんが、実際の面接においては、身だしなみや質問への受け答え方とともに、いかに熱意が伝わる自己PRができるかどうかがカギとなるのです。

学歴や経験などが不足しているのは、高校生を求人対象としている時点で想定されていることとは言え、やはり同じ条件で応募してきた大学生と比べると、圧倒的に不利ではあります。

しかし、面接官が求めているのは、他でもないその人の熱意なのです。

ただ「頑張ります!」と、口で言うのは簡単です。なぜこの会社に就職を希望するのか、そこに至った経緯や、実際に就職してからはどのように働きたいかなどを、わかりやすい言葉で伝えることが、採用の決め手となることも覚えておきましょう。

高校生が就職先に自己PRできる事とは?長所の考え方

採用面接を受けるにあたっては、その職場への就職を希望するに至る、何か具体的なエピソードを添えることも有効だと言われています。しかし、高校生の時点で何かその就職先に関連した出来事があることのほうが、かえって稀なのではないかと思います。面接時の自己PRには、自分の長所を挙げる人が多いですが、特別派手なエピソードなどはなくても、まずは自分の人柄が現れてさえいれば、あなたの良さは十分に伝えることができるのです。

自信の持てるものを探す

たとえば部活など、学生時代を通して自分が本気でやってきたことを書き出してみます。その中でも、それを始めたきっかけや、頑張ることができた理由とともに、そのことによって得られたものを自分なりに考えることで、自己PRの材料を探しやすくなります。

部活のキャプテンや生徒会役員などを経験してきたのであれば、その活動を通してどのような考えに至ったかを言葉にしてみることで、面接時の自己PRとして活かすことができるでしょう。

しかし、たとえ部活やテストで良い成績を収めたという点を自己PRに活かすとしても、ただ結果だけを述べたのではただの自慢にしかなりませんので、あくまでもそこに至るまでのプロセスや、そこで得た考え方などを明確にしておく必要があります。

就職先に出す自己PRでしてはいけない事や注意点

就職時の採用面接において、自分のやる気をストレートに伝えることはとても大切です。

しかし、ただ自信に満ちあふれた自己PRをするだけでは、残念ながらそう簡単に採用にはつながらないでしょう。

根拠のない自信は説得力に欠ける

効果的な自己PRをするためには、自身を客観的に自己分析する必要があります。

明るさを前面に押し出したいにしても、簡潔に「明るい性格です」と伝えただけでは、果たして本当にそうなのかは判断しにくいものです。同じことを自己PRとして話すのならば、具体的なエピソードのないものに関しては、その根拠を示さないことには、面接官にこの人を積極的に採用したいと思わせるのは難しいでしょう。

責任感の有無なども自己PRとして使われやすいですが、どのようなエピソードを添えるかによって、ただ言っているだけなのかどうかとともに、本当にその責任感を仕事に役立てることができるのかも含めて判断されることになります。

就職先に自己PRをするときの答え方や流れについて

面接時には、面接官からの質問に答えるだけでなく、自己PRタイムを与えられるケースも多いようです。たとえ履歴書には上手く自己PRを書けたとしても、何も見ずに話すのは難しいと感じるようでしたら、事前に受け答えの練習をしておくことをおすすめします。

自己PRは何パターンか考えておく

就職先によっては、人とのコミュニケーション能力を最重要視するケースもあります。

自分の言葉で相手に伝わるように話す力を見るために、とくに長さは設定せずに自己PRを求められる場合もあれば、○分程度と時間を指定されることもあるため、どのパターンでも対応できるように、長めと短めバージョンを練習しておきましょう。

とくに時間の指定がない場合は、簡潔に1分程度にまとめるのが理想です。

その中でも、メインのPRポイントは先に伝えたうえで、その根拠や就職後の展望などを加えていくことで、聞き手にも要点が伝わりやすくなります。

高校生の就職面接はとにかく自信と素直さが大切

高校生を採用するにあたっては、就職後にイチから仕事を教え込むことになります。ですが、そこで仕事の内容自体は教えることができたとしても、その人の考え方までを変えるのはかなりの労力が必要となりますので、採用する時点でこの仕事への適性や、職場になじめるかなどを見極めることが重要と言えるでしょう。

真面目さや謙虚さを評価する職場は多い

たとえ多少不器用だったり、仕事を覚えるのに時間がかかったとしても、就職先としては真面目に仕事に取り組む姿勢や、仕事に対するやる気を評価して、熱心に育ててくれるものです。そこで自分が仕事ができないからといじけたり、アドバイスも聞かずに適当に仕事をこなしているようでは、会社にとってもその人を採用したことはマイナスとなってしまうことでしょう。

面接時においても、面接官の質問の意図を組んで、自分の考えを懸命に伝えようとする姿勢は、きっと好印象を与えることができると思います。この人を採用したいと思ってもらうためにも、自分を過大評価せず、人柄を理解してもらえるような自己PRを心がけたいものですね。