キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

大切と大事の違いを知って正しく使って人と差をつけよう

「大切」と「大事」の違いを問われた時に、答えられない人がほとんどでしょう。

話し手が、なんとなく使い分けたり、同じ言葉を繰り返しても類似している2つの言葉に違和感を感じる聞き手はいないかもしれません。

ですが、類似してるからこそ、その意味の違いを知り、使い分けていきたいところです。
営業マンなら尚更でしょう。

「大切」と「大事」の違いについて理解しスマートに仕事をこなしていきましょう。

また日本語には類似語がたくさんあるので、この機会に仕事でよく使う類似語を調べておくと今後の役に立つ時があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男女の顔の違いをわかりやすく解説!イラストの描き方とコツ

イラストを描く上で大切なのが、男女の顔の違いを知ること。違いを知ってそこからアレンジすれば、...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。...

営業で稼げると注目の業界とは。年収をアップさせる企業選び

営業職と言えば、他の職種よりも高収入のイメージを持つ方も多いと思います。もともと営業の仕事が好きで、...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

上司とのラインで絵文字やスタンプはNG?ラインのマナーを解説

仕事の連絡を上司にするとき、ラインを使ってやり取りをしている人もいるのではないでしょうか。このときに...

異動したい時のやり方や、願いが通らなかった時の退職の仕方

働いている中で、今所属している部署が自分に合わなかったり、事務から営業など、別の担当に変わりたいとい...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

電話応対のマナーはビジネスでの大切な基本

電話は、声だけでのやり取りになりますので、それに応じたマナーを心掛けなくてはいけません。特に...

ビジネスマナーで大切な、手土産の渡し方についてご紹介

ビジネスマナーを学ぶ上で、さまざまな事柄がありますが、その中でも、手土産の渡し方も大切です。...

電話が怖い【仕事編】克服するためにすぐに取り入れたいコツ

電話はどの仕事でも必要な業務のひとつ。電話が苦手で怖いという人も仕事で電話応対をしなければならないこ...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

仕事での会合やパーティーを欠席する場合の謝罪メールについて

仕事をしていると、様々な会社とお付き合いがあり、時にはパーティーに呼ばれることもあります。し...

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキ...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

スポンサーリンク

「大切」と「大事」の違いについて

大切と大事の違いって一体何なのでしょうか。良くかんがえれば、同じように使ってしまっている人も多いとおもいます。実際、同じような意味だと捉えている人も少なくありません。
  • 大事といえば、「だいじ」とよむこともありますが「おおごと」と読むことも有るでしょう。
    そして、名詞として使われることもある一方、形容詞としても、使われます。
  • 「大事に至らないで済んだ」などというような場合は、名詞です。「一大事」もそうでしょう。
    しかし、ここで言う、大切と大事の違いについて考えるのであれば、大事は形容詞として考えるべきです。
  • 大事な人、大事な案件、物を大事にするになど、このときの大事は形容詞です。大事を大切に置き換えてもさほど変わらないような気がします。

例えば「物を大事にする」「物を大切にする」で考えてみましょう。

その時の物はどんな物を指し示すことになるのでしょうか。
「大事」の場合、その「物」は、あなたにとって重要で、それがあるかないかであなたの状況も変わってきます。

「大切」の場合、その「物」はあなたにとって、丁寧にそして慎重に扱わなけばならない存在です。その物に対して、特別な感情が生まれている可能性があると考えてよいでしょう。

大切と大事の違いには細かいニュアンスがある

大切と大事の違い、こう考えると違うようですが、まだ、どう考えても似ているなのではと思う人がいるのも当然かもしれません。ところで、あなたには、大切な存在、大事な存在の人がいますか。少し一緒に考えてみましょう。

「大切な存在」の人について考えてみましょう。

好きな人や好意を寄せる人、かけがえのない家族に対して使うこともあります。あなたの中にある思いやりや特別な感情が相手に対して存在します。身近な人でありながら、謹厚な気持ちで接したい、扱わなければならない、そう思って接しているのではないでしょうか。

一方「大事な存在」という言葉にするとどうでしょうか。

その人がいなければ、何かしら困る、自分の状況が変わってしまう、ある意味大事にしなければならないというどこかで義務のような感情が生まれているのではないでしょうか。

難しいですが、柔らかいニュアンスを求めるのであれば、大切という優しい感情でその人が包まれているという感覚をもつとよいかもしれません。
大事は、しっかりとした強い気持ちのように感じます。あなたの今一番身近にいる人は、大切な存在ですか、それとも大事な存在ですか。

「大切」と「大事」に 違いがわかったら正しい使い方をしよう

違いが分かったら、あとは「大切」と「大事」を正しく使い分けるだけです。

あなたが営業活動をしている時、お客様に持っていく書類があったとしましょう。

その書類は「大切な書類」ですか。それとも「大事な書類」ですか。

会社にとっては、その書類は慎重に扱うべきものであり、会社の損益には関係ありますが、あなたにとってはお届けもののような存在です。とりあえず、持っていかなければならないというあなたの中に気持ちがある場合は、その書類は「大事な書類」になります。

しかし、あなたが苦労して考えた思い入れのある案件書類だったとします。その規格が通れば、あなたの仕事がもっと楽しくなる、頑張ったかいがあるというものです。そのような場合はその書類は「大切な書類」に値するかもしれません。

気持ちがどこに有るのか、どんな存在で有るのかで、大切と大事は変わってくると言えます。

大切と大事に似ている「重要」の意味も知ってをおくと便利

先程、大切な書類と大事な書類の違いみてきました。そのなかで、もしかしたらそれは本当は単なる「重要な書類」なのではと考えた人もいるかもしれませんね。

大切と大事も使い方としては似ていますが、重要もなんとなく似ていると思ったそこのあなた。使い方を間違えてはいませんか。

大切と大事は似ていますが、重要だけは全く違うと言っても過言ではありません。

重要という言葉を使う時、そこに必要性を感じる人も多いと思います。

重要な場合は、個人の所有物ではない場合が多いでしょう。客観的であり、自身で所有していたいという感情からは離れます。

重要は、離れてもいいというのもに使われることが多いように感じます。ですから書類やなにかの証拠などに対して使われたする事が多いでしょう。大切な、大事ななどではなく、なが抜けて、重要な書類ではなく、重要書類という使われ方もします。

それは、大切と大事とは違うところでしょう。

全くそこにあなたの感情がない場合「重要な書類」と言ってもよいかもしれません。

正しい日本語を使ってスマートに仕事をこなそう

日本語の使い方って本当に難しいですよね。私もそう感じているその一人です。営業に出るような人であれば、お客さまと話す機会も多いと思います
その中で、スムーズにそしてスマートに日本語が使えれば、仕事の出来る人に一歩近づけたような気がします。

では、どうやって、日本語を学べばよいのでしょうか。いちいち辞書をにらめっこして話すわけにもいきませんよね。

ところで、あなたには尊敬出来る先輩はいますか。尊敬できる上司は存在しますか。出来る人は、きっと言葉遣いもしっかりとしています。

言葉使いができなければ、マナーの良い大人とは言えません。

しっかりと話すことが出来る人は、その場その場で空気を感じ取り、それに適した言葉を使うことができます。大切と大事のように似ているニュアンスの言葉もたくさんあります。それを状況によって上手に使い分けてこそ、仕事の出来る人になれるのです。

言葉は、人とのコミュニケーションには欠かせないものです。相手に不快感を与えないためにも、正しい言葉遣いで接することが大切です。

ぜひ、素敵な先輩や上司のマネをするところから始めてみましょう。言葉遣いやマナーがしっかりとできてくれば、あなたの品格も自然とアップするに違いありません。