キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。
そんな時、ビジネスマナーの手土産の渡し方がよくわからないと困ってしまいますね。

手土産の渡し方や渡すタイミング、渡す時に添える言葉など正しいマナーがありますが、取引先との間柄や渡す場所など時と場合に応じて臨機応援に対応することも大切です。

正しいビジネスマナーを身に着け自然なスマートな渡し方で相手先に好印象を与えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大切と大事の違いを知って正しく使って人と差をつけよう

「大切」と「大事」の違いを問われた時に、答えられない人がほとんどでしょう。話し手が、なんとな...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

転職【スキル】自信がない人でも成功できるポイントを紹介

転職がしたいけどスキルに自信がないからと立ち止まっていませんか?自分では気が付かないだけであなた...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

お家でも取得可能な資格や人気がある女性の就職に役立つ資格

就職をするときに業種によっては資格が必要であったり、資格が有利に働くことは少くありません。また再就職...

技術職への転職が難しいと言われる理由と転職活動をするポイント

技術職に転職したいと考えている人の中には、技術職への転職は難しいと言われることがネックで先に進めない...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

ビジネススキルは資格取得でアップ!身につけたいポイントを紹介

ビジネススキルをアップするために資格を取得したいと考えている人は必見です。大変な勉強をして資格を...

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのか...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。...

スーツを上手に着こなして、快適に冬を過ごそう

スーツの素敵な着こなしのポイントの一つに、「季節感を大切にする」というものもあります。日本に...

土日休みの仕事がしたいなら、確実に休める業種を見つけよう

最近では子育てをしているママも社会に出て、仕事をしている家庭が多くなってきました。家庭とは違うこ...

スポンサーリンク

ビジネスマナー、手土産の渡し方について

社会人となったからには、最低限のビジネスマナーは押さえておきたいところです。とくに、会社の看板を背負って取引先を訪れる際には、相手方に失礼のないような行動を取るのはもちろんのこと、社会人として恥ずかしくない振る舞いを身に着けておくことが求められます。

取引先に手土産を持参する際の渡し方について、まずは基本から見ていきましょう。

紙袋から出して渡す

手土産の種類にもよりますが、一般的には包装紙で包まれた品を紙袋に入れるか、風呂敷に包んだ状態で持参することになりますので、相手方に手渡す際には、袋などに入れたままではなく、中身を取り出して両手で渡します。

のし紙が付いている場合は、相手がそれを読めるような向きで手渡しますが、それ以外の場合は上下を確認して渡しましょう。

もしも、相手がそのまま自宅に持ち帰ることが前提だった場合は、袋に入ったままであることを侘びたうえで、あえて紙袋のまま手渡しても良いかと思います。

ビジネスマナーの手土産のスマートな渡し方はタイミングも大切

いざ取引先へ手土産を持参したとして、果たして今度はどのようなタイミングで相手方に渡すべきかも悩むところですよね。個人的に親しい友人の家にお邪魔した際などは、玄関先ですぐに手渡してしまうことも多いかと思いますが、ビジネスマナーを重視するのであれば、手土産を渡すのは後回しにすべきでしょう。

はじめに挨拶を交わすのが基本

すでに取引先との信頼関係が出来上がった状態であれば、お互いに堅苦しい挨拶は省く場合もありますが、やはりお世話になっている取引先との関係性を考えると、毎回きちんと訪問時も挨拶を交わす必要があります。手土産を渡すのであれば、この挨拶が済んでからのタイミングがベストです。

しかし、相手の方が時間を惜しんですぐに話の本題に入ってしまったような場合は、渡し方を変えても問題はありませんので、話の途中で脈絡なく手土産を渡すよりも、帰り際にさりげなく渡すといった配慮をしましょう。

ビジネスマナーとしては、挨拶のあとすぐに手土産を渡すべきですが、それよりも渡すタイミングを見誤らず、その場の状況に応じて渡し方を変えるといった臨機応変さが重要なのです。

失敗しない手土産の選び方について

取引先への手土産と言えば、大抵は食べ物が用いられますが、それが形式的な手土産であるとは言え、どうせなら相手方に負担にならずに、なるべく喜んでもらえる品を贈りたいですよね。もしも、取引先の担当者の好物があらかじめわかっているのでしたら、時々はそちらに寄せても良いかと思いますが、職場への手土産ということを考えると、みなさんで分けてもらえる物を贈るのがベストでしょう。

人数を把握しておく

取引先の担当者のいる一部署に手土産を持参するのでしたら、中途半端な個数の物ではなく、一人一人に行き渡る数の入った、日持ちのするお菓子などを準備しましょう。

切り分け不要な物を選ぶ

たとえばそれが、相手が少人数の会社だったとしても、切り分けが必要な生菓子を持参してしまうと、洗い物をや手間を増やしてしまうことにもなりますので、できれば個包装された物を贈ると良いですね。

仕事の合間や休憩時間にも食べやすいものを意識して選ぶのはもちろん、女性の多い職場へは、流行りの限定商品などを手土産にしても喜ばれます。

手土産の渡す時に添える言葉も覚えておこう

日本では古くから、訪問先に手土産を持参した際に、謙遜の意味合いで「つまらないもの」といった表現が用いられてきましたが、近年ではあまり使われなくなりました。これはビジネスマナーに限らず、このような場面では、つまらないという言葉を使うこと自体が失礼に当たるといった考え方が浸透してきたことによります。

添える言葉で相手の心象は代わる

そもそも、つまらないとは良い意味で使われる言葉ではなく、手土産を渡す際に使われる場合は、あくまでもこちらを下げて相手方を敬う意味で使われてきました。ですが、たとえ中身が高価な物であったとしても、つまらないものという表現をされてしまっては、貰った相手も素直に喜びにくいといった一面もあるのです。

手土産を渡す際に添える言葉としては、つまらないものといった言葉を用いるよりも、「ほんの心ばかりの品で恐縮ですが…」といった言葉に置き換えたほうが、より今の時代のビジネスマナーとして受け入れられやすいでしょう。

取引先に謝罪する時の手土産の渡し方のビジネスマナーも知っておこう

今後、仕事上のトラブルや明らかなこちらのミスが原因で、取引先にも迷惑をかけてしまう事案が発生した時のために、ビジネスマナーとしての謝罪時の手土産の渡し方についても押さえておきましょう。

渡すタイミングが最も重要

手土産を持って謝罪に訪れるからには、相手方に謝罪を受け入れてもらうことが先決です。

そのためにもまずは、慌てて近場で菓子折りを買い揃えることなく、ことの大きさをしっかりと受け止めていることが伝わるように、重量のある格式高い品を持参するのが基本です。

そのうえで、表にのし紙をつける際には、お詫びや深謝といった表書きをつけるか、あえて無地の物を選びましょう。

さらに、いくらこちらがすぐにでも直接会って謝罪をしたくても、連絡も入れずにいきなり押しかけては、かえって迷惑をかけることにもなりかねませんので、まずは謝罪に訪れたいというこちらの希望を伝え、都合の良い日時を確認する必要があります。

手土産を渡すのは、こちらの謝罪を相手が受け入れてくれることが前提ですので、もしも一度目の謝罪では許しを得られなかった場合は、その場で手土産を渡すことは諦め、そのまま持ち帰り、後日改めて別の品を用意しましょう。
相手が謝罪を受け入れてくれた際には、このタイミングでお詫びの品として手土産を手渡します。今後の関係性を左右する大事な局面ですから、くれぐれも失礼のないように、謝罪時のビジネスマナーについても日頃から頭に入れておいてくださいね。