キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います。より高い給料の会社へ転職しようと思うのが一般的ですが、辞める前に、給料を上げるためのアクションを起こしてみませんか?
そこで、今の会社で給料をアップさせる方法や、転職をする時の注意点などをご紹介します。転職の理由が複数ある場合には、すぐに転職の選択も良いですが、給料面のみの問題ならば、改善するために試してみるべきこともあります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

公務員の女性の服装について選び方のポイントや注意点を紹介

公務員として働いている女性はどんな服装をするべきなのでしょう?これから公務員として働く予定の女性...

東京都と特別区の違いは?2つで迷っているあなたへアドバイス

公務員を目指している方の中には、東京都採用か特別区採用かで迷っている方もいるのではないでしょうか。...

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。管理職になることであなたにふりか...

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気が...

働き方について考える。正規の雇用のメリットについて

お子様が小さなときにはパートで働いていても、小学生になってある程度手を離れるとフルタイムで働きたいと...

営業で稼げると注目の業界とは。年収をアップさせる企業選び

営業職と言えば、他の職種よりも高収入のイメージを持つ方も多いと思います。もともと営業の仕事が好きで、...

手紙の書き方【謝罪文のマナー】構成や注意点などポイントを紹介

手紙の書き方には謝罪を伝える手紙のマナーもあります。ビジネスにおいてお客様などへ謝罪する際に、電...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

公益財団法人の就職が難しい理由とは?求人を探す方法もご紹介

公益財団法人は非営利組織なので、一般企業のようにノルマに追われることがないことから就職先として人気が...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

受付の対応で感じが良いと思ってもらえるマナー

受付は、会社の顔とも言える場所です。その時に間違った対応をしてしまうと、来社したお客様や、そのお...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

スポンサーリンク

会社の給料が安いから転職を考えている方へ、辞める前にできること

転職したい理由は様々です。大体の場合、経済的なことが理由で辞める、他の会社に転職すると思います。今、会社を辞めたいと思っていますか?給料に不満で、他のもっと待遇の良い会社に転職したいと思っていますか?

まずは給料について交渉する

自分がこれだけ積み上げたスキルがあるのに、いつまでたっても、給料が上がらない職場では、やはり不満は出ると思います。同じ会社に勤めて何年も経ち、いつも成績は良いけれど、給料は上がらない。そんな状況に置かれていたら、愚痴は出ても仕方ないと思います。

ただ、転職活動をする前に、上司に給料について相談して、その問題を解決することはできます。特に、あなたが会社でも責任のある仕事をしているなら、会社も給料を上げてくれるかもしれません。

給料アップも考慮して資格を取る

資格の取得は転職の際も有利にはなります。

それに付随して、実務経験もあれば、転職の際有利ですし、また、給料アップを申し出をする時の材料にもなりえます。

資格と実務経験はあるに越したことはないと思います。

残業代が出る会社なら労働時間を増やして収入をアップ

給料に多少、不満を感じていても、残業代をきちんと支払っている会社に勤めているなら、残業できる時はして、年収を増やして下さい。今勤めている会社を辞めて、別のより給料の良い、年俸の高い会社に勤めるのも悪くはありません。

ただ、転職活動も疲れます。今の会社で残業ができ、きちんと残業代をお支払いしてくれる会社に勤めているのなら、残業代を当てにしつつ、勤め続けるべきです。

給料が安くても残業代でカバーはできる

逆に、残業がない月はあなた自身、給料が安いので、ガックリするとは思います。ただ、残業が多い月は給料もかなり高くなります。給料に不満でも、残業代をきちんと支払ってくれる会社に勤めている方は、この点はかなりのメリットだと思います。

残業代を当てにして、給料を上げる、年収を上げるべきです。残業代が出ない会社でしたら、思い切って、転職した方がいいかもしれませんね。ただ、転職先が決まってから今の会社を辞め、転職して下さいね。

会社を辞めるのが給料の安さなら副業でプラスαを

  • 今の会社を辞めたいけど、転職活動もあまり上手くいかない。
  • 給料の低さが今、勤めている会社ではネック。

給料だけがネックで今勤めている会社を辞めるというのも少しもったいない気がします。会社勤めをする上で、人間関係も大切です。働いていて、完璧な会社はありませんから、今の会社に勤め続け、給料は副業ができる環境にいるなら、それでカバーして、今勤めている会社に勤め続けることもできます。

男性でも、家事ができるなら、家事代行をする

女性がしている副業にはなりますが、男性でもできるとは思います。

家事が得意なら、家事代行をして、副業をし、月の収入を上げることもできます。

あなたのスキルを利用して働く

例えば、絵を描くのが得意な方はそのスキルを利用して副業をすることができます。男性でも、女性でも、何か持っているスキルはあると思います。それを副業にして、毎月収入を得ることもできます。

給料が安いということが会社を辞める一番の理由

正社員以外でも、派遣ですとか、期間限定のお仕事に就いて給料を得ている方は大勢います。その仕事が好きでも、契約が終了して、その仕事は辞めざる終えない方もいますよね。それ以外で、他の企業に就職している方は、あなたが感じている通り、給料の安さがネックで転職しているようです。

平成28年の厚生労働省の資料から、転職の理由は、次のようだと報告があります。

 

平成 28 年1年間の転職入職者が前職を辞めた理由をみると、男性は「その他の理由(出向等を含
む)」26.4%を除くと「定年・契約期間の満了」16.5%(前年 15.0%)が最も高く、次いで「給料等
収入が少なかった」12.2%(同 10.5%)となっている。

引用元:厚生労働省
引用元URL:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/dl/gaikyou.pdf

 

上記は男性の意見ではありますが、やはり、給料の低さが転職の理由のトップになりやすいことを示しています。

特に男性は将来のことも考えて、より待遇の良い企業に転職を考えるのかもしれませんね。既婚でお子さんがいる方は、もっと給料は良い会社を狙い、転職をする傾向はあると思います。会社勤めをする上で人間関係も大切ですが、給料ももっと欲しいというのが、特に男性社会人の本音と言えそうです。

転職をするときにチェックするべきこと。高い給料の仕事に多い特徴

給料が良い会社に転職したい、今自分が持っている資格とか、経験とか考慮すると、今の給料では満足できない。上記でも説明した通り、特に男性は給料の低さを理由に勤めている会社を辞めて、別の会社に転職する傾向はあるようです。ただ、給料が高い分だけ、例えばですが、残業が半端ないですとか、その職業に就くと転職の回数が多いですとか、デメリットもきちんと考慮した上にした方がいいと思います。その部分を怠ると、あなたはきっと後で後悔すると思います。

残業

給料が高い会社にも、それなりのデメリットはつきものです。例えば、残業時間がかなり多いですとか、残業が多い時は、帰りも真夜中になるなど、あなたが「これはきつすぎる」と感じるデメリットがあるかもしれません。その点も確認してから転職して下さい。

転勤しやすい

給料が高い分、年に何回も転勤させられるかもしれません。ご家族がいる方は、単身赴任も覚悟の上になります。