キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

営業で稼げると注目の業界とは。年収をアップさせる企業選び

営業職と言えば、他の職種よりも高収入のイメージを持つ方も多いと思います。もともと営業の仕事が好きで、これからも営業として働いていきたいという方の中には、「転職して、もっと稼ぐことはできないのだろうか?」と考える方もいると思います。
そこで、営業で稼げると言われている注目の業界についてご紹介します。今までのスキルを生かしながら、より収入を得るためには、業界選びも大切。転職を考えた時の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

営業先への訪問!マナーを身につけてこそ一人前のビジネスマン

営業職をしていると会社へ訪問する機会が多いですよね。会社に訪問する時には、マナーはとても...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。そんな時、ビジネスマナーの...

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います...

転職【スキル】自信がない人でも成功できるポイントを紹介

転職がしたいけどスキルに自信がないからと立ち止まっていませんか?自分では気が付かないだけであなた...

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのか...

初めての転職なら未経験でも挑戦しやすい職種がおすすめ

突然ですが、現在の仕事に満足している人はどのくらいいると思いますか。実は社会人として働いてい...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点

大手の転職サイトでは、プロフィールを登録すると企業からオファーメールが届くシステムを導入しています。...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

製薬会社に研究職で入社した場合の年収の相場と給料が高い理由

製薬会社の年収は他の一般的企業と比べると高いと耳にしますが、実際にはどうなのでしょうか?自分...

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気が...

技術職への転職が難しいと言われる理由と転職活動をするポイント

技術職に転職したいと考えている人の中には、技術職への転職は難しいと言われることがネックで先に進めない...

ビジネスマナーとして身につけておきたいお茶出しのルール

会社で、取引先の方やお客様など、お茶をお出しする場面もあります。そんな時に覚えておきたいのがお茶出し...

アラサーの転職を成功させるポイント!女の転職を有利にするコツ

仕事が好きでバリバリ働いているアラサー女性の中には、転職を考えている女性もいるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

営業が稼げる仕事と呼ばれる理由、判断基準が明確

営業とは、個人、または企業に対して商品を売ったり提案したり、新規に顧客を作ることをする仕事です。

他の役割の仕事と比べてどれだけの成果を上げたのかが明確なのが営業

そしてすべての会社とは限りませんが、営業は固定給のほかに歩合給があります。
歩合給は固定給以外に支払われる報酬で、もちろん営業成績が良ければ歩合給は上がり、悪ければ下がります。

努力をして成果を上げれば報酬は上がっていきます。

そのことから営業は稼げる仕事と呼ばれているのです。その代りに精神的にも体力的もきついと言えるのも営業です。

営業職で稼げる業界と言えば金融業界の営業

営業職の中でも固定給が高くて稼げるのが金融業界の営業が1つにあります。

金融業界の営業の分野は様々

  • 銀行
  • 証券会社
  • 生命保険会社
  • カード会社

など、現在では銀行が証券会社の商品や保険商品をを扱ったりしています。

共通しているのが「お金を扱う」ことです。

利益率も給与も高い傾向にある金融業界ですが、ノルマや接待など精神的にも体力的にも負担になることが多いです。
一般的な金融業界の営業の進め方は、金融商品をどれだけ販売するのかの目標を設定し、営業活動により売り上げていきます。

もちろんお客様の希望にあった金融商品であれば、気持ち良く販売することができますが、そればかりではありません。
時にはお客様にとってリスクがあったり、その商品がお客様の望むような商品ではなくても販売しなくてはいけない時もあります。

大きな金額が動く不動産業界も稼げる報酬が大きい

次に不動産業界の営業ですが、仕事内容は家やマンションの販売や賃貸契約、不動産の仲介などがあります。

個人向け物件や1億を越えるようなマンションや家を売る営業は歩合給が多いのが特徴

しかし、不動産はお財布に入っているだけのお金で買えるものは無いに等しいです。
また、一生に一度の買い物になる方も多いです。
それだけ不動産を買うお客様は慎重になり、中には一大決心して変われる方もいますので買ってもらうまでには時間がかかり簡単に売れないのも事実です。

しかし、一件の金額が大きいことで報酬は高くなります。
また、賃貸契約などは、転勤や新生活時期の1~3月までの繁忙期には売り上げが上がりますが、それ以外は売り上げの伸びが下がりますので変動が大きくなります。

また、転職先の不動産会社によっては、宅地建物取引主任者の資格が採用の条件になっている場合もあります。
不動産業界で必ず必要になる資格ではありませんが、取得しておくと有利になる可能性があります。
不動産に関連して、不動産鑑定士、FP(ファイナンシャルプランナー)なども仕事をしていく上で便利な資格でしょう

専門知識が必要だが営業職として人気のあるMR

営業の対象が医療機関であるMR(メディカルリプレゼンタティブ)も他の営業職と比べると固定給が高い業界です。

MRは医療機関に医薬品(医療用医薬品)の情報を提供する仕事

ドラッグストアなどで売られている医薬品とは異なり、処方箋を必要とする医薬品を扱います。

銀行営業とは違い、医師を接待することは禁止されているので、時間外の勤務は少なめで、値段交渉なども無い分楽なようにも思えますが、提供する医薬品の情報(効能や効果、使用方法)を専門知識のある医療従事者に伝えるためにも日々知識を増やしていかなければなりません。

専門的な資格取得が営業に繋がるのではなく、常に勉強が必要になるのがMR営業の大変なところです。

営業成績が良い営業マンに共通する特徴とは

どの業界の営業マンにも営業成績トップを取り続ける人はいます。
ではそのような営業マンに共通している特徴はどんな所でしょか。

コミュニケーション能力

営業職のみならず、他の職種にも共通することですが、やはり人を相手にして成果を上げるのが営業ですので、たとえ苦手であっても努力しています。

事前に用意、勉強している

商品の知識はもちろん、お客様からどんな質問がきても答えられるくらいの予想をしておき、相手の期待に応えます。

対等意識

お客様に対して親切に説明、対応することは良いことですが、必要以上にへりくだることはせず、契約行為は対等な立場であると意識し、交渉しています。

周りのフォロー

商品を売っただけでは、契約は成立しません。
それにかかる契約書の処理などをする他のスタッフがいてこそ、連携がスムーズな営業に繋がることを理解しています。

分析力

営業は数を打てば当たるときも稀にありますが、成績の良い営業マンは、成功へのプロセスを綿密に計画、分析しています。
誰に営業をしたら必ず成功するのかなどを常に考えています。

目標に対しての意欲

目標に向かって、自分にできるスキル、可能性を信じて仕事をしています。

また、なんとなくではなく、はっきりと目標達成時期を明確にしています。
体力的にも、精神的にも強い人が多いのが営業成績の良い営業マンには多いです。