キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいのでしょうか。

ミスや謝罪が必要なときには、まず直接や電話で謝りましょう。相手の都合で謝罪ができないときには、メールを送ります。早い対応をすることで誠意を見せることができます。

謝罪のメールの内容や謝るときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。...

プログラミングバイトは未経験でもOKだが向き不向きがある仕事

プログラミングのバイト募集の中には「未経験OK」と載せている会社もありますが、本当に未経験でも仕...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。ここでは、仕事のミ...

取引先へのお礼は必須!飲み会後のお礼メールのタイミングと内容

取引先の会社から飲み会に接待してもらったあとは、しっかりとお礼のメールを送ることがビジネスにおいて大...

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのか...

ビジネスで大切な電話のマナー、電話の受け方かけ方を解説

ビジネスマナーとしてぜひ覚えておきたいのが電話のマナー。電話対応が悪いと、会社の信用問題にも...

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。...

電話応対のマナーはビジネスでの大切な基本

電話は、声だけでのやり取りになりますので、それに応じたマナーを心掛けなくてはいけません。特に...

社会人のマナーである服装選びで気をつけたいポイントを紹介

社会人のマナーとして服装にはどんなことを気をつけたらいいのでしょうか?これまで学生の間はいつ...

名刺交換のやり方の基本とスマートに見える名刺交換のマナー

社会人として身に付けておきたいのが、名刺交換のマナーです。名刺交換は、会社と自分を知ってもらうための...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

お家でも取得可能な資格や人気がある女性の就職に役立つ資格

就職をするときに業種によっては資格が必要であったり、資格が有利に働くことは少くありません。また再就職...

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

スポンサーリンク

謝罪のメールを送る前には直接もしくは電話で謝ることが大切

するつもりはなくても、仕事でミスはしてしまいます。仕事でミスが出ると、必ず会社で謝罪のメールは送らなくてはいけません。誰もが謝罪メールを苦手としています。あなたも会社で謝罪メールを送らなくてはいけませんか?

メールより、直に謝罪する方がより適切

メールは少し簡単な謝罪の方法になると思います。謝罪するのに悪くはないのですが、本当の意味で謝罪するなら、メールより直接本人に謝罪した方がより丁寧な謝罪になります。

可能であれば、直接本人に会って謝罪する、もしくは、相手の方が都合が良い時に電話で謝罪するようにして下さい。

直接謝罪するのと、電話での謝罪、比較すると、より適切なのは、直接謝罪することです。仕事で何かミスをして、相手の方に謝罪しなくてはいけない時、できれば、メールではなく、直接相手の方に謝罪するようにして下さい。できない場合は、相手の方の都合の良い時に、なるべく早めに電話で謝罪することです。メールより電話で謝罪する方が、よりあなたの誠意が見えると思います。

会社から謝罪のメールを送るときには要点をシンプルに伝えましょう

何か仕事でミスがあっても、メールで対応できる時はあります。できるだけ早めにミスに対する謝罪をメールでするべきです。

会社の方に謝罪のメールですが、いくつかのポイントがあります。

そのポイントに沿って、謝罪のメールを送るようにして下さい。

謝罪の意思を短く、件名にする

件名ですので、長い文章にすることはできません。ですが、あなたがしたミスに関して、謝罪のメールですので、その内容のメールだということがわかる件名にして下さい。短めに、件名にできる長さの件名にして下さい。

原因と対策をメールの中に書く

どうしてそのミスをしてしまったのか、その原因を書き、今後同じミスをしないように、問題に対する対策もメールの中に書きます。

謝罪のメールを送る前に、どうやったら、同じミスを犯さないのか、対応策も考える必要がありますね。

メールの中で、どうしてミスをしてしまったのか、理由は正直に書いて下さい。

会社宛の謝罪メールはミスの大きさに合わせて謝る事がポイント

仕事上、大きなミスをすることもあれば、小さなミスをすることもあります。ミスの度合いにより、謝罪メールの内容も少し変えなくてはいけません。もし、あなたがしてしまったミスが重大なものなら、会社で送る謝罪のメールの内容も少し言葉遣いに注意して下さい。

猛省という言葉が使える

ミスの度合いが重大で、どれだけ反省しているのか言葉に表現する際に使える言葉です。あなたがしたミスの度合いが大きい時、猛省という言葉を使用し、謝罪の言葉として下さい。

ご容赦という言葉も使える

相手の方に許して欲しい時に使える言葉です。ご容赦下さい。ご容赦という言葉もメールで謝罪する時に使える表現になります。

ミスをした度合いが大きい時、上記の二つの言葉を利用して、あなたがどれだけ反省しているのか、相手の方に示すようにして下さい。

会社の上司に謝罪するときもメールではなく直接が理想

あなたがしてしまったミスは、会社の上司に謝罪しなくてはいけないものでしょうか?会社の上司に謝罪しなくてはいけないものでしたら、謝罪のメールを送るよりも、直接上司の方に謝罪した方が関係も深まると思います。
直接謝罪したら、もしかしたら、怒られるかもしれません。それも仕事をする上、大切なことです。怒られるのが嫌で、メールで謝罪することもできます。それでも、後で、上司の方に、謝罪のメールの件で何か言われるかもしれません。謝罪する相手が会社の上司の場合は、メールより、直接上司と話をするようにして下さい。

会社で話せる相手なら、メールより話した方が良い

あなたが仕事え重大なミスをしてしまったのでしたら、どちらにしろ、上司に後から怒られると思います。そのような重大なミスをしたしまったのなら、最初から上司にそのことを話し、謝罪して下さい。

すぐ話せる会社の上司にあなたがしたミスについてメールで謝罪するのは、一種の逃げだと思います。仕事ですから、自分のミスから逃げずに、直接上司と話し、謝罪するのが、適切なビジネスのマナーになります。

謝らなくてはいけない事が発生したときには必ず謝罪メールをしましょう

何はともあれ、何かミスをしてしまったのでしたら、謝罪はしなくてはいけません。直接謝った方があなたの誠意は相手の方に伝わります。ただ、いつも直接会社の方、取引先の方に会え、謝罪できるという訳ではないと思います。状況により、謝罪メールはやはり送らなくてはいけません。

謝罪メールを送ることで、信頼を回復される

どうして、謝罪メールを送らなくていけないのか。ミスをしてしまったのですから、会社の上司、同僚、取引先の方から信頼されなくなるのは当たり前です。もう少し丁寧に仕事をすることはできなかったのか、怒られる時は怒られます。謝罪することにより、あなたは反省しており、今後、同じミスをしないように心がける、その誠意を見せるために謝罪メールを送ります。

ミスをしてしまったということは、相手の方から信頼は失うことになります。どうやって失ってしまった信頼を回復させることができるのか。謝罪メールが一つの方法です。

こんなことで信頼は取り戻せるのかと疑問に感じてしまうかもしれませんね。ですが、無駄と思えることもすることで信頼は回復できます。謝罪の文章も考えて、適切な方に謝罪メールを送り、今後同じミスはしないよう心がけて下さい。