キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

今の仕事に満足していないけれど、転職しない人の理由

あなたのパートナーが今の仕事に満足していない時、あなたはどうしますか?
パートナーの気持ちを優先して、より良い未来のために転職も視野に入れるようにアドバイスする方も多いことでしょう。

しかし、アドバイスをしてもパートナーがなかなか行動を起こさなくてヤキモキするかもしれません。
もしも、あなたのパートナーがなかなか転職しないなら、こんな理由が引っかかっているのかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

銀行の事務の志望動機と業務内容、家事と育児を両立するコツ

長く働ける、安定していると言った理由で銀行の事務のパートは主婦から人気です。 面接するにあたっ...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。 特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

お家でも取得可能な資格や人気がある女性の就職に役立つ資格

就職をするときに業種によっては資格が必要であったり、資格が有利に働くことは少くありません。また再就職...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。 ...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。 そういった方の多くは仕事の進め方に問...

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのか...

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか? スーツのジャケットのボタ...

公益財団法人の就職が難しい理由とは?求人を探す方法もご紹介

公益財団法人は非営利組織なので、一般企業のようにノルマに追われることがないことから就職先として人気が...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。 ここでは、仕事のミ...

手紙の書き方【謝罪文のマナー】構成や注意点などポイントを紹介

手紙の書き方には謝罪を伝える手紙のマナーもあります。 ビジネスにおいてお客様などへ謝罪する際に、電...

スーツのボタンは閉めないとダメ!女性のための着こなしマナー

女性が仕事でスーツを着るときはボタンを閉めないといけないことを知っていますか? 男性の場合は一...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。 どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。 ...

電話応対が上手になる練習のコツやポイント

会社で働くようになった時につき物なのが、電話応対です。 練習期間を設けてもらっていても、なかなか上...

ビジネスで大切な電話のマナー、電話の受け方かけ方を解説

ビジネスマナーとしてぜひ覚えておきたいのが電話のマナー。 電話対応が悪いと、会社の信用問題にも...

スポンサーリンク

転職しないのはより良い未来が描けないことが理由の一つ

パートナーが「今の会社やめたい」「転職したい」とか常々ぼやいているのに、なかなか行動に出ないことがありますね。彼はこんな気持ちでいるのかもしれません。どうアドバイスすればいいかわからない時は、彼の悩みに合わせて参考にしてみてください。

転職先が今より良いかわからないから

アドバイス:挑戦しないと、わからないままです。

「転職したい」と考えているなら、現在勤めている会社に何かしら不満を持っているということです。業務内容、業務量、待遇、人間関係、スキルアップが見込めないなど。

しかし転職すればそれが全て改善するかといえば、そうではありません。何かを妥協したり、諦めることも時には必要とされるでしょう。最悪、改善を求めて転職したのにさらに悪い状況になってしまうということもありえるわけです。そうなることが不安で行動に出られないという方が多いです。

しかし挑戦しない限り、どんな会社かわかりません。新しい一歩を踏み出さないままだと、ずっとそのままです。転職してみて初めてわかることもあるでしょう。

むやみに職歴を増やしたくないと考えてしまうかもしれませんが、職歴が短い期間で頻繁に変わるようなら理由を問われることもありますがきちんと前向きな理由がありしっかりと説明できるのなら問題ありません。これまでの経験を活かしてより満足のいく会社を探すこともできるようになります。

転職しないのは会社や上司、同僚へ迷惑をかけることが理由の一つ

自分が辞めたら迷惑がかかると思っている

アドバイス:割り切りが大事です。

自分が辞めたら周りの業務量を増やしてしまう。会社がまわらなくなってしまう。そういった理由から退職を躊躇する方も多いですが、しかしそう考えてしまうといつまでも辞めることができません。繁忙期が終わったら…などタイミングを見ていたら、同僚の方が先にやめてしまったり妊娠休暇に入ったりして人手不足になり、さらに辞めづらい状態になるなんてこともあるわけです。

仲の良い同期や、上司がいて、人間関係は問題ないからこそ悩むといった場合もあります。

しかし割り切りが大事です。自分がいなくなったら誰かが自分の代わりをやります。会社ってそういうものです。

もしくは、周囲が抜け駆けを許さないといった感じで「転職しない方がいいよ」「この会社にいればいいじゃん」と進めてくることもあります。惑わされないで、自分の気持ちを尊重することが大事です。

転職しないのは責任が強いことが理由の一つ

責任感が強いから

アドバイス:やるべきことをやれば良いです。

真面目で責任感が強い方は、自分が退職した後の影響について考えてしまいます。
もしくは、せっかく先輩や上司が時間をかけて教育してくれたのに…と相手を気遣ってしまうこともあります。

やめた影響について考え出してしまうときりがありません。数ヶ月前に退職の意思表示をして周りにも備えてもらうことと、引継ぎなどやるべきことをきちんとやれば問題ありません。足りなくなる人員を確保、仕事を割り振るなど、それは会社側がやるべきことです。

自分が退職したら会社は成り立たくなるということはまずないでしょう。思いつめすぎる必要はありません。
引継ぎなどしっかりと行えば責任は果たしているのです。自分が辞めた後の影響というのは考えすぎないようにしましょう。

転職しない理由を探しているだけのときもある

転職活動が面倒だから

アドバイス:まずは一歩踏み出すことが大事です。

転職活動は簡単なものではありません。再度自己を振り返って分析し直して、時間を確保して、面接に臨んでと、億劫な気持ちになることも多いです。そんな転職活動をすると考えるだけでも面倒で、気が進まないこともあるでしょう。

また新しい職場で新しく覚え直すということもなかなか大変です。そういった変化が怖いから行動に出られなかったり、転職すること自体が負けだと考えたり、逃げだと考えてしまう人もいます。

しかしずっと不満があるままくすぶっているのか、勇気を出して一歩踏み出してみるかでその後の未来は大きく変わる可能性があります。

もやもやとした気持ちがずっと続いているなら、一度転職エージェントに相談したり説明会に足を運んでみたりと行動に出てみましょう。たくさんの会社を見た上で、転職に向けてやる気が出てくるのか、もしくは

もう少し今の会社で頑張ってみようと思うか、どちらにしろ気持ちを作ることができます。もやもやを消すためには行動に出てみることをおすすめします。

転職をしない方が良い人とした方が良い人、その理由について

転職しない方がいい場合

ときには、むやみに転職を勧めるのではなく、現状でとりあえず頑張ってみる道を探してもらった方が良いときもあります。

例えば、今勤めている会社に対して「なんとなく嫌だな」ぐらいの感覚しか持っていない人。もしくは、何のために転職するかという展望がいまいち見えていない人です。「自分はそこまで会社に強い不満を持っていないが、友達も大手に転職しているから」というのも危険です。

目的が定まらない状況で転職してしまうと、転職後も悩んでしまう可能性が高いです。

転職をした方がいい場合

明確なビジョンがあるなら、転職をした方が良いこともあります。現在の会社ではスキルアップや昇給が見込めず、このままでは成長できないと感じている人。同年代の平均よりも大幅に年収が低く上がる見込みがない人。職場環境が理由で体調や精神に不調をきたしている人。今の会社でできることは全てやりつくしたけど改善は見られず、このまま留まっても無駄だと感じるなら、早いところ転職した方が良いでしょう。

転職した方がいい人、しない方がいい人のケースをお伝えしましたが、転職活動は精神も体力も使います。彼が悩んでいる時は、無理に転職を勧めるのではなく、まずは彼の意思を尊重して時にはアドバイスをすることで寄り添ってあげましょう。