キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

電話が嫌いな女性でも克服できる!今日からやるべき対策を紹介

電話が嫌いな女性でも仕事をしていると電話対応をしなければならないことがあります。できるだけ受けたくないと思っていても業務であれば出なければなりません。

そこで、電話が嫌いな女性が克服するためにやるべきことについてお伝えしていきましょう。

電話は慣れてしまえば意外とすぐに克服できるものです。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

今の仕事に満足していないけれど、転職しない人の理由

あなたのパートナーが今の仕事に満足していない時、あなたはどうしますか?パートナーの気持ちを優先し...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

社会人のマナーである服装選びで気をつけたいポイントを紹介

社会人のマナーとして服装にはどんなことを気をつけたらいいのでしょうか?これまで学生の間はいつ...

ビジネススキルは資格取得でアップ!身につけたいポイントを紹介

ビジネススキルをアップするために資格を取得したいと考えている人は必見です。大変な勉強をして資格を...

仕事が向いてないと感じるが、半年では本質が見えていないことも

社会に出て仕事をしていると、多かれ少なかれ悩みを抱えます。これはどんな人にも言えることでしょう。...

公益財団法人の就職が難しい理由とは?求人を探す方法もご紹介

公益財団法人は非営利組織なので、一般企業のようにノルマに追われることがないことから就職先として人気が...

営業女子のための好印象メイクとは?ポイントは明るい肌

好印象を与えるのはどのようなメイクなのでしょうか。第一印象が大切な営業職は、清潔感を基本としてこ...

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

ビジネスマナーとして身につけておきたいお茶出しのルール

会社で、取引先の方やお客様など、お茶をお出しする場面もあります。そんな時に覚えておきたいのがお茶出し...

取引先へのお礼は必須!飲み会後のお礼メールのタイミングと内容

取引先の会社から飲み会に接待してもらったあとは、しっかりとお礼のメールを送ることがビジネスにおいて大...

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけな...

スポンサーリンク

電話が嫌いな女性が失敗しないためにはメモを活用するべき

派遣やパートで、面接では、「この仕事をお願いします」とお願いされても、実際働くと、あなたが苦手とする電話対応をさせられることもあります。これまで、電話対応で、何か嫌な経験をお持ちですか?電話でのクレームを受けたことがあり、その経験から、電話を受けるのが、嫌いになりましたか?

受けた電話がクレームや他の苦手なものに関わらず、電話対応でミスをしないために、大切な内容はメモに取って下さい。

その時は覚えていられると思っても、忘れてしまいます。電話で何か要件を伝えられたら、それがクレームであっても、メモに取って下さい。どんなに相手の方が怒っていても、あなたの仕事は相手の要件を職場の他の方に伝えることです。きちんと相手の方が言っていることをメモにして取り、仕事でミスをしないようにして下さい。

電話の内容により、メモを取る内容も異なるとは思いますが、どなたから、どのような内容の電話があったのか、書く習慣をつけるべきです。電話を受け取ったら、メモをつけるようにして下さい。

電話は緊張するから嫌いな女性は落ち着いて話す努力を

電話を受ける、かける、両方苦手ですか?電話で相手の企業の担当者の方に要件を伝える時、相手の方から「聞こえない」と文句を言われたり、言いたいことが上手に伝わらないから、電話応対が苦手に感じる女性の社会人の方はいると思います。

そのような悩みをお持ちの女性の方は、大体の場合、電話をかける時点で、緊張していると思います。もしかしたら、これまで仕事上、何か電話でトラブルを経験したかもしれません。それがネックで電話をする時は緊張してしまうかもしれませんね。

電話をする時は落ち着いてゆっくりと話しましょう

落ち着いて話せる環境にいないのでしたら、場所を移動して、落ち着いて電話ができるようにして下さい。

相手の方も、周囲からの声や音が聞こえたら、あなたの声が聞きづらいので、そのことであなたにクレームが来るかもしれません。相手もあなたの声を聞きやすく、あなたも落ち着いて話せる環境で、電話をかけるようにして下さい。

女性が電話嫌いを克服するためには経験を積んで慣れましょう

電話応対が苦手、嫌いであっても、何度もこなすうちに、慣れます。クレーム応対がメインでない限り、気持ちよく話して下さるお客様に当たることは必ずあります。あまり電話応対に苦手意識を持たず、できる限り、電話応対をするようにして下さい。

仕事は慣れ、電話応対だけではありません。仕事全般に対していえることですが、やるうちに慣れます。

電話応対は苦手だから嫌いだからとやらないといつまで経っても上達することはありません

留守電にメッセージを入れなくてもいけない時もあります。クレームを受けることもあります。全て、慣れです。慣れるうちに、仕事はこなすことができるようになります。

誰でもミスはしますから、少し図々しくいることです。あなたがミスをしたとしても、誰かがカバーをしてくれる、そう思いあなたが嫌いと感じている電話応対、数をこなして慣れて下さい

なるべく電話を受けたくないならメールに誘導しましょう

お仕事によっては、何もあなたが嫌いな電話で用事を済ませる必要はないものもあります。いつも電話を使って相手の方とコミュケーションを取る必要はありません。要件は、電話でなく、メールで済ませることもできます。

特に、すぐに伝えなくては良い用事は、メールで要件を伝えることができます。確かに、電話も回数をこなす度に慣れますが、メールで要件を済ませれることもあります。

メールで済ますことができる用事もある

電話だけにこだわる必要はありません。どうしても電話で話すのが嫌な相手、もしくは、すぐに済ませる必要のない要件は、メールで済ませることもできます。

電話は慣れだとは思いますが、相手の方も電話よりメールの方が連絡は楽だと感じていることもあります。

電話を苦手としているのは、あなただけではありません。仕事では、相手の方ももしかしたら、苦手、嫌いに思っているかもしれません。どうしても電話で要件を話さなければならない時は電話で話し、そうでもない時は、メールをする、使い分けも大切だと思います。

最低限の電話のマナーを覚えておくことも大切

電話応対が苦手、嫌いだからといって、その問題に対して何もしないままでいては、何も問題は解決しません。電話をするにも、受けるにも、基本となるマナーがあります。そのマナーを沿って、電話をかけ、受けるようにして下さい。一旦学んで自分のものにしてしまえば、電話応対にそれほど苦手意識を持つことはないと思います。嫌い、苦手だと感じているからこそ、マナーを学び、仕事でミスが出ないようにして下さい。

会話の流れを覚える

どこの会社に勤めても、電話もマニュアルはあると思います。大体の会話の流れはマニュアルで覚えて下さい。

マニュアルが頭に入っていれば、大体のことは乗り切ることができます。

会社の研修で電話もマニュアルがあるなら、それを頭に入れて、電話の受け答えをするようにして下さい。

姿勢も大切

電話の際、相手に聞き取りやすい声で話すためには、姿勢も大切です。電話をする時は、背をピンと伸ばし、姿勢をよくし、メモが取れる体制で電話をかけて下さい。相手が聞き取りやすい声を出すには、姿勢も大切な要素です。また、会話の中でメモを取らなくてはいけない重要な事項はあるので、メモも取れるようにして下さい。会社の別の方に伝える事項が会話の中で出てくるかもしれません。姿勢をよくし、すぐにメモが取れる状態で電話の受けれるようにして下さい。メモを取ることで、ミスも少なくなります。