キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。
それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は特に気をつけなくてはいけません。
ここでは、ビジネスにおける他社への訪問時の流れや、好感を持たれる自己紹介、挨拶に欠かせない名刺交換のマナーなどについてご紹介しますので、挨拶をきっちり完璧に行いたい方や、初対面の相手だと緊張してしまいがちな方はこちらを参考に、一人前の社会人としての挨拶をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電話応対が上手になる練習のコツやポイント

会社で働くようになった時につき物なのが、電話応対です。練習期間を設けてもらっていても、なかなか上...

仕事中に眠いときの対処法!睡魔を撃退するために出来ること

仕事中に急激な睡魔に襲われ、眠いのを我慢しながら仕事をすることもあります。眠いとなかなか仕事がはかど...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

製薬会社に研究職で入社した場合の年収の相場と給料が高い理由

製薬会社の年収は他の一般的企業と比べると高いと耳にしますが、実際にはどうなのでしょうか?自分...

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。...

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。管理職になることであなたにふりか...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。...

働き方について考える。正規の雇用のメリットについて

お子様が小さなときにはパートで働いていても、小学生になってある程度手を離れるとフルタイムで働きたいと...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

仕事での会合やパーティーを欠席する場合の謝罪メールについて

仕事をしていると、様々な会社とお付き合いがあり、時にはパーティーに呼ばれることもあります。し...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのか...

営業先への訪問!マナーを身につけてこそ一人前のビジネスマン

営業職をしていると会社へ訪問する機会が多いですよね。会社に訪問する時には、マナーはとても...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。そんな時、ビジネスマナーの...

スポンサーリンク

ビジネスにおける、初対面の会社へ挨拶をしに行くときのマナー

フレッシュな新入社員。
初めてのビジネスシーンが多くて、緊張してしまうことも多いかと思います。

入社して間もない若手の人は、周囲の人たちも温かい目で見守っていてくれるはず。

先輩の指導を素直にきいて、慣れないことも若さと熱意でぶつかっていきましょう

緊張するビジネスシーンの一つといえば、やはり初対面の会社へ挨拶をしに行くときかと思います。

心臓はドキドキ、足はガクガク、喉はカラカラかもしれませんが、マナーを守ればそう怖いものではありません。

しっかりマナーに基づいた礼儀正しい挨拶をして、できる新人のイメージを先方の会社に植え付けてしまいましょう。

ビジネスを有利にする初対面時の自己紹介の挨拶の仕方

ビジネスに時間厳守は当たり前。
遅刻はもってのほかですので、挨拶に行く前に、先方までの所要時間をきちんと調べておきましょう。

それでも色々とハプニングがあるのがビジネスの常。
交通手段や乗り継ぎの時間も頭に入れておきましょう。

持参する書類や資料も前日から用意しておきましょう

担当者の名前や、会合する部屋の場所なども事前に把握しておきましょう。

備えあれば憂いなし。
不安な時ほど下準備をしっかりするべきです。

さて首尾よく目的地についたら受付がある場合は、受付で名乗り、用件を告げます。

あなたの印象づくりはこの受付からすでに始まっているので、受付だからぞんざいでいいや、という態度はやめて、いつでも礼儀正しくしていましょう。

部屋に通されたら下座に座り、上座に着席を促されたら一旦断り、それでもすすめられたら「失礼いたします」と言って上座に座ります。

ビジネスで欠かせない初対面時の挨拶と名刺交換のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。
それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は特に気をつけなくてはいけません。

慣れない会社訪問、そして相手は初対面となると、心臓は早鐘のように打ち、緊張するかもしれませんが、相手も同じ人間です。
怖がりすぎずに何事も挑戦していきましょう。

相手を敬う気持ちがありマナーに則って対応すれば何も怖がることはありません

初対面時の挨拶は、まずにこやかな笑顔とともに「はじめまして」の言葉から入りましょう。
続けて会社名と氏名を名乗ります。

さらに「お世話になっております。」という言葉を加えると良い印象になります。

名刺交換も慣れていないと初めはとても緊張するもの

ですがこちらも、マナーに沿って落ち着いて行動すれば失礼には当たりませんので、まずは深呼吸して心を落ち着かせましょう。

  1. 訪問した方から先にするのが名刺交換のマナーですので、あなたから名刺を差し出すようにします。
  2. あなたが名刺を出すと、相手も名刺を出すでしょうから、それは「頂戴します。」と言って両手で受け取ります。

名刺は相手だと思って、敬意を持って丁寧に扱うようにしましょう。

名刺入れを持っているときは、相手の名刺は自分の名刺入れの上に置いてもらいます。
名刺交換のとき名刺入れはあまり低い位置で持たず、自分の胸くらいの位置でやり取りするようにしましょう。

名刺は、裏面も記載があることがあるので念の為裏も確認しておくようにしましょう。

初対面の相手に挨拶、名刺交換がきちんとできれば、社会人として一人前と言えますので、場数を踏んでどんどん慣れていくようにしましょう。

ビジネスを成功させるには、挨拶をする前の下準備がポイント

下準備をきちんとしておくことは、ビジネスを成功させる大きなポイントになります。

訪問にあたっては前日から資料を完成させておくことや目的の場所までの経路の確認や時間の把握はもちろん、名刺交換の際も事前に名刺を出しやすい場所に用意しておくことなどが重要になります。

相手と会話しているときに、あなたの携帯電話がけたたましく鳴りだしてはあまり良い印象がありません。

携帯電話は建物に入る前からマナーモードにしておきましょう

プレゼンテーションなどがあるなら、緊張しやすいなら何度も資料を読み上げる練習をしておきましょう。
機器の使い方にも慣れておくように、レーザーポインターなどの使用方法も確認しておきましょう。

これでもかという下準備をしておくと、本番には落ち着いて取り組めるものです。
ぜひ面倒くさがらずに、下準備をしておくことをおすすめします。

初対面の挨拶をより完璧にするために気をつける点

まだ入社して間もない若手、といってもあなたが訪問する以上、あなたは会社の看板を背負っているのと同じです。

会社の代表として恥ずかしくない堂々とした振る舞いで挨拶してみてください

礼儀正しく、下準備も怠らないあなたですから、緊張しつつもきっとそつなくこなせたのではないかと思います。

それでも、よりよい印象を相手に与えるために、さらに完璧を求めるなら、去り際も大事です。

  1. 訪問した方から、話を終わらせるのがマナーですので、きり良い頃合いを見計らいましょう。
  2. 忘れ物があったらうっかりさんな印象になってしまいますので、忘れ物がないか確認します。
  3. 落ち着いて立ち上がったら、「今日はお忙しいところお時間をとっていただきありがとうございました」などと丁寧にお礼を言います。

この頃には相手とも円滑なコミュニケーションがとれているでしょうから、にこやかな笑顔も忘れずに。

帰りとはいえ、建物のエントランスを出るまでコートを着てはいけません。帰り際、行く時案内してくれた受付の人にも一言挨拶できれな完璧です。
これからあなたが学ぶことは何一つ無駄なことはありません。
素直な気持ちで何でも吸収し、若いフレッシュな感覚で会社をあなたの活躍の場にしていきましょう。