キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

転職祝いをメールで贈るポイント!注意点やビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいては転職をする上司や先輩などにお祝いのメッセージをメールで贈る場合があります。お世話になった上司や先輩にはできるだけ直接お祝いを伝えたいけど、取り急ぎメールでメッセージを贈るなら、ビジネスマナーに注意しなければなりません。

そこで、転職祝いのメッセージをメールで贈るときのポイントや注意点などビジネスマナーについてお伝えしていきましょう。

社外の人からの転職挨拶のメールが送られてきた際にもマナーには気をつけましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電話が嫌いな女性でも克服できる!今日からやるべき対策を紹介

電話が嫌いな女性でも仕事をしていると電話対応をしなければならないことがあります。できるだけ受けた...

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

営業先への訪問!マナーを身につけてこそ一人前のビジネスマン

営業職をしていると会社へ訪問する機会が多いですよね。会社に訪問する時には、マナーはとても...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

仕事でのミスが怖い時の対処法、気持を切り替えるためにできること

誰でも仕事でミスをしてしまうのは怖いものです。一度仕事で大きなミスをしてしまうと、また同じミ...

電話応対の方法は?担当者が出張中の場合の正しい対応の流れ

担当者が出張中で不在の場合、その人宛にかかってきた電話をどのように取ればいいのか悩む人もいるのではな...

電話応対が上手になる練習のコツやポイント

会社で働くようになった時につき物なのが、電話応対です。練習期間を設けてもらっていても、なかなか上...

会社を辞めることを相談したいなら、相手をしっかり選ぼう

仕事をしていく上で、誰でも楽しく意欲を持って働けているわけではありません。心や体に限界を感じた時...

ビジネスにおけるマナー、食事の際に気をつけるポイント

ビジネスマナーには、身だしなみや挨拶の仕方などがありますが、その中でも忘れてはいけないのが、食事のマ...

異動したい時のやり方や、願いが通らなかった時の退職の仕方

働いている中で、今所属している部署が自分に合わなかったり、事務から営業など、別の担当に変わりたいとい...

スポンサーリンク

転職祝いのメッセージをメールで贈るときのポイント

ずっと転職を考えていた知り合いの方が無事に転職に成功した一報があなたに届きましたか?お祝いメールを是非転職に成功したお友達に出したいですよね。

転職のお祝いのメールを贈る際、気をつけるべきマナーがあります。

転職に成功した知り合いの方が、お世話になった先輩、上司、同僚であれば、お祝いの言葉を贈る時、感謝の気持ちも添えて、転職祝いのメールにするべきです。

あなたをケアしてくれたことのお礼を書く

転職祝いのお祝いの言葉だけではなく、同じ職場ではお世話になったことへのお礼も加えて転職祝いのメールにして下さい。これからの活躍を応援するようなメッセージも加えて、メールの終わりにしても、立派なお祝いメールになります。

同僚の方には、「一緒に働けて楽しい一時を過ごせました」というような一言もピッタリだと思います。

あまり関わりがなかった人へ

「話す機会はあまりなかったけど、転職先でも頑張ってね。」という一言が適しています。コミュニケーションをあまり取らなかった後輩には、少し丁寧な言葉で転職祝いのメールにして下さい。

メールで転職祝いのメッセージを贈る際の注意点

あなたの知り合いの方が転職に成功したのですから、間違っても、否定的なこと、嫉妬に感じられるような内容のメッセージは転職祝いのメールにはしないで下さい。「祝い」に対して、嫌味な文言も書かないようにして下さい。注意したいのは、良かれと思い書く、「転職が決まり残念です」というメッセージです。相手の方は転職したのですから、「残念」という言葉は適さないようです。この「残念」という言葉は、使わないようにして下さい。

特に、年上の方へのメールは、内容に気をつける

転職の祝いメールで上記の「残念」と同様、書きやすいのが、「頑張って下さい」というメッセージです。これも、タブーとされています。

また、お世話になった目上の方には、転職祝いに何かプレゼントも考えてしまいます。ここで注意したいのは、文具系のプレゼントはあまり適さない点です。転職先でも使えるものとして、文具を考えがちです。ですが、実は文具は、相手の方に対して、より仕事に対して、忠実に頑張って欲しいという否定的な意味が含まれてしまいます。転職のプレゼントには相応しくないので、別のものをプレゼントして下さい。

転職のお祝いメールではビジネスマナーに気をつけましょう

転職祝いのメールを出す前に、相手の方を会社から送り出さなくてはいけませんよね。相手の方は、退職されますから。その際、ビジネスマナーを守りつつ、転職される方とコミュニケーションを取って下さい。

気持ちよく、送り出す

転職するあなたの先輩や同僚に嫌味を言ったり、変に「寂しくなる」ことを強調しすぎては、気持ちよく転職することはできません。退職されるのですから、仕事でコミュニケーションを取るのは恐らく、その瞬間が、最後になります。相手の方が心地よく退職、転職することができるよう、気持ちよく、送り出しましょう。メール以外でも、嫌味を言ってもいけません。気持ちを切り替えて、転職される方を気持ちよく、見送って下さい。

職場の上司の転職を送別するメッセージのマナー

職場にいる方、全員で、転職する上司へ、メッセージを送っても相手の方にとって、退職時の良い思い出になると思います。良い贈り物だとは思いますが、書くメッセージには注意して下さい。あくまでも、転職の「祝い」のメッセージになります。不吉な言葉は書かないようにして下さい。

失う、衰えるなど、否定的な言葉は使わない

文脈上、上記のような漢字を使いそうになることはあると思います。その際は、同じ意味のフレーズに置き換えて下さい。使用する漢字には、十分注意して下さい。

忘れがちなのは、宛名

良いメッセージを考えても、誰あてなのかわからないと意味がありません。転職する方へのメッセージを書く時は、誰に書くのか、宛名も忘れずに書いて下さい。

丁寧な言葉遣いにする

あまり丁寧語にこだわりすぎて、文章が変になるようでは困ります。ただ、転職される方ですので、丁寧な文章にして下さい。

社外の人からの転職挨拶メールにも返信しましょう

大きな企業でしたら、違う部署の方で、転職する方から、転職の挨拶メールも届きます。もしかしたら、あなたは、仕事上、あまりコミュニケーションを取らなかった方からのメールかもしれません。あまりコミュニケーションを取る必要がなかった人には返信する必要はないかもしれませんが、仕事上、コミュニケーションを取った方には、返信はした方が良いと思います。

一斉メールであれば、仕事上コミュニケーションを取った方には、返信をする

個人的にあなたに送信されている訳ではなく、一斉メールで送信されているメールであれば、目安になるのは、仕事上で何か接点があったかどうかです。

特に接点があった訳ではないなら、転職の挨拶メールに、返信する必要はないと思います。ただ、仕事上、ある程度の接点があったのなら、返信はすべきです。数行でも良いので、何か転職に関わるメッセージを書いて、返信にするべきです。

返信をするなら、できるだけ、メールが送られた日にするようにしましょう。というのも、その方はその日に退職されます。後日送信したところで、もう退職されています。できるだけその日に返信のメールを送るようにして下さい。