キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気があるかもしれませんが、わかったフリをして困るのはあなたであり会社です。
聞けない理由は色々あると思いますが、まずはなぜ周囲に聞けないのか自己分析してはいかがでしょうか。
聞けない理由がわかれば解決策も見えてくるはず。勇気をもって聞きましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのか...

大切と大事の違いを知って正しく使って人と差をつけよう

「大切」と「大事」の違いを問われた時に、答えられない人がほとんどでしょう。話し手が、なんとな...

上司とのラインで絵文字やスタンプはNG?ラインのマナーを解説

仕事の連絡を上司にするとき、ラインを使ってやり取りをしている人もいるのではないでしょうか。このときに...

土日休みの仕事がしたいなら、確実に休める業種を見つけよう

最近では子育てをしているママも社会に出て、仕事をしている家庭が多くなってきました。家庭とは違うこ...

仕事での会合やパーティーを欠席する場合の謝罪メールについて

仕事をしていると、様々な会社とお付き合いがあり、時にはパーティーに呼ばれることもあります。し...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

20代で独身なのにパート勤務なのはなぜ?気になる理由について

40代の子持ちの主婦がパート勤務を希望すると、多くの方は家事と子育てを両立するためだと思い疑問を...

お家でも取得可能な資格や人気がある女性の就職に役立つ資格

就職をするときに業種によっては資格が必要であったり、資格が有利に働くことは少くありません。また再就職...

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

パートの事務の志望動機、企業が印象に残る志望動機の書き方

お子さんがある程度大きくなると仕事に復帰する方が増えてきます。またフルタイムではなくても、空いて...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。そんな時、ビジネスマナーの...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

転職祝いをメールで贈るポイント!注意点やビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいては転職をする上司や先輩などにお祝いのメッセージをメールで贈る場合があります。お世話に...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。...

スポンサーリンク

なぜ仕事がわからない時に周囲に聞けないのかを自己分析してみよう

まずはなぜ自分が質問をできないのか?というのを考えてみましょう。質問をした方が結果的に良いのはわかりきっているのに尻込みしてしまうのには理由があります。まずは理由を考えてみて、対策を練っていくようにしましょう。多いパターンではこんなものがあります。

周りが忙しそうで尻込みしてしまう

わざわざ先輩の手を止めることが申し訳なくて、尻込みしてしまうパターンです。質問しようかどうしようか迷っているうちにあっという間に時間が経ってしまって、全然仕事が進まないということも起こりがちです。

相手に上手く伝えられない

わからないことを上手く説明できないというのはしばしば起こります。とくに忙しい中、先輩の手を止めている状況というのは緊張するので、自分でも何聞いてるかわからなくなってくるなんてこともあります。また最初から理解できていない場合もこうなりがちです。

職場の雰囲気が聞きにくい

忙しくてギスギスしているような職場や、厳しい上司がいる職場は質問がしにくいことがあります。また、とても静かな職場で誰かの会話がはっきり聞こえるような職場の場合も、他の人に聞き耳を立てられて「こんなこともわからないのか」と思われるのが嫌で聞けないという方も多いです。

仕事でわからないことがあってもなかなか聞けない人が実践したいこと

聞きやすい人に聞く

優しそうな人、ちゃんと答えてくれる人がいるなら、その人に頼りましょう。

できれば複数の先輩に聞くより、1人の人に教えてもらった方がおすすめです。

「さっきはA先輩に聞いたけど、何度も聞いて申し訳ないからB先輩に聞こう」と思うと、先輩ごとにやり方が違ってさらに混乱するなんてことも起こりやすいからです。

わかっている人に聞く

わからない人に聞いて、その人が違う人に聞くという状況になってしまうとさらに時間がかかってしまいます。また曖昧な答えが返ってきても困ります。結局違う人に聞き直すという事態になりかねないので、最初から仕事を把握している人に質問するようにしましょう。

聞くタイミングを計る

忙しい時でも質問しなければいけない状況はありますが、MAX忙しそうな時は質問内容によっては避けた方がいい時もあります。自分なりにマニュアルを確認してみたり、メモを整理して、大体の答えは用意しておきましょう。そして聞くタイミングが訪れたら、さっと要点だけ伝えて質問するよう心がけるようにすると良いです

仕事でわからないことがあっても聞けない状況を打破する方法

遠慮しない

仕事でわからないことを聞けない状況というのは大抵、遠慮している時です。

あなたは「こんなこと聞いたら迷惑だろうな」と思っているかもしれませんが、逆です。

意外と先輩や上司は「遠慮しないで聞いて欲しい」と思っています。わからないまま勝手にやって失敗したり、大きな損失を出してしまうより、わからないことはそのままにしないでちゃんと聞いてほしいという意見が大多数でしょう。

仕事でわからないことを聞くのは自分のためと、周囲のため、会社のためと思って、堂々と質問しましょう。またこちらが察してほしいと思っても、先輩から見たら何に行き詰まっているのかがわからないという状態なので、新人から積極的にわからないところを質問すべきです。

必ずメモを残す

さっき聞いたのにわからなくなってしまったということを防ぐためにも、質問をする時は必ずメモに残すようにしましょう。

その場でメモするのが間に合わなければ、席に戻ったらすぐに整理して書き溜めておきましょう。

可能な限りまとめて聞く

「さっきも質問したのに、またわからないことが出てきてしまった」そういったこともよく起こります。

緊急性が高くないときは、メモにわからないことを書き溜めておいて、仕事が落ち着いたタイミングで聞くといいでしょう。

仕事の何がわからないのか、順を追って説明することが大切

自分の質問が伝わらないと、答えもずれていたりということがよく起こります。そのためわからないことをしっかり説明することが大事です。

順を追って説明する

「どの作業手順で起こった出来事か?」「どこまではやったのか?」ということが相手にわかるよう、順を追って伝えましょう。そしてここの作業を教えて欲しいというのをしっかり伝えます。喋っている途中でわからなくなりそうなら、要点をメモして確認しながら質問しましょう。

資料やパソコン画面を見せる

わからないことを口だけで伝えるのは難しい時もあります。使っている資料などを持っていって、それを見せながら伝えるようにしましょう。パソコン画面を見せる時に自分の席まで来てもらうのは申し訳ないという時は、画面を印刷して「今こんなエラーが出ている状態で…」などと説明する方法もあります。

わからないことを聞けないまま仕事をすると、わからないことを隠すようになってしまう

質問は悪いことではない

わからないまま仕事をするのは、あなたの中に「迷惑をかけたくないから」「できないやつだと思われたくないから」という気持ちがあるからではないでしょうか。
しかし、わからないまま仕事をして失敗をしてしまったら意味がありません。
また曖昧な状態のまま続けていると、いつかどこかでボロが出てしまいます。

だいぶ後になってから質問をして、「今更?」と思われてしまわないためにも、新人である最初のころにたくさん聞いておく方が得策ですよ。

質問して答えを聞いたのに、同じことがわからなくなるということも少なくありません。

二度も聞けないと思って曖昧なまま進めてしまうという方も多いですが、業務によっては一度聞いただけじゃわからないこともザラにあります。
さすがに三度も四度もとなると困りますが、曖昧な状態にしておかないためにも、「さっきも同じこと聞いて申し訳ないんですが、確認しておきたくて」と前置きをつけて、質問しても良いでしょう。

仕事でわからないことを聞けないというのは、少なくともあなただけの原因ではありません。しかしそのような中でも仕事は覚えていかねばなりません。少しずつ対策をとって、頑張っていきましょう。