キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気があるかもしれませんが、わかったフリをして困るのはあなたであり会社です。
聞けない理由は色々あると思いますが、まずはなぜ周囲に聞けないのか自己分析してはいかがでしょうか。
聞けない理由がわかれば解決策も見えてくるはず。勇気をもって聞きましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います...

名刺交換の挨拶で印象は決まる!ビジネスにおける基本マナー

名刺交換の挨拶はビジネスにおいて欠かせないものです。 これから名刺交換をするようになるという新入社...

仕事が向いてないと感じるが、半年では本質が見えていないことも

社会に出て仕事をしていると、多かれ少なかれ悩みを抱えます。 これはどんな人にも言えることでしょう。...

社会人のマナーである服装選びで気をつけたいポイントを紹介

社会人のマナーとして服装にはどんなことを気をつけたらいいのでしょうか? これまで学生の間はいつ...

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか? スーツのジャケットのボタ...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。 ...

会社を辞めることを相談したいなら、相手をしっかり選ぼう

仕事をしていく上で、誰でも楽しく意欲を持って働けているわけではありません。 心や体に限界を感じた時...

転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点

大手の転職サイトでは、プロフィールを登録すると企業からオファーメールが届くシステムを導入しています。...

アパレルの仕事が未経験なときの志望動機とは?書き方とコツ

アパレルの仕事が未経験の場合はどのような志望動機を書けばいいのでしょうか。アパレル業界は志望動機でど...

パートの事務の志望動機、企業が印象に残る志望動機の書き方

お子さんがある程度大きくなると仕事に復帰する方が増えてきます。またフルタイムではなくても、空いて...

土日休みの仕事がしたいなら、確実に休める業種を見つけよう

最近では子育てをしているママも社会に出て、仕事をしている家庭が多くなってきました。 家庭とは違うこ...

電話が嫌いな女性でも克服できる!今日からやるべき対策を紹介

電話が嫌いな女性でも仕事をしていると電話対応をしなければならないことがあります。できるだけ受けた...

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

男女の顔の違いをわかりやすく解説!イラストの描き方とコツ

イラストを描く上で大切なのが、男女の顔の違いを知ること。 違いを知ってそこからアレンジすれば、...

ビジネススキルは資格取得でアップ!身につけたいポイントを紹介

ビジネススキルをアップするために資格を取得したいと考えている人は必見です。 大変な勉強をして資格を...

スポンサーリンク

なぜ仕事がわからない時に周囲に聞けないのかを自己分析してみよう

まずはなぜ自分が質問をできないのか?というのを考えてみましょう。質問をした方が結果的に良いのはわかりきっているのに尻込みしてしまうのには理由があります。まずは理由を考えてみて、対策を練っていくようにしましょう。多いパターンではこんなものがあります。

周りが忙しそうで尻込みしてしまう

わざわざ先輩の手を止めることが申し訳なくて、尻込みしてしまうパターンです。質問しようかどうしようか迷っているうちにあっという間に時間が経ってしまって、全然仕事が進まないということも起こりがちです。

相手に上手く伝えられない

わからないことを上手く説明できないというのはしばしば起こります。とくに忙しい中、先輩の手を止めている状況というのは緊張するので、自分でも何聞いてるかわからなくなってくるなんてこともあります。また最初から理解できていない場合もこうなりがちです。

職場の雰囲気が聞きにくい

忙しくてギスギスしているような職場や、厳しい上司がいる職場は質問がしにくいことがあります。また、とても静かな職場で誰かの会話がはっきり聞こえるような職場の場合も、他の人に聞き耳を立てられて「こんなこともわからないのか」と思われるのが嫌で聞けないという方も多いです。

仕事でわからないことがあってもなかなか聞けない人が実践したいこと

聞きやすい人に聞く

優しそうな人、ちゃんと答えてくれる人がいるなら、その人に頼りましょう。

できれば複数の先輩に聞くより、1人の人に教えてもらった方がおすすめです。

「さっきはA先輩に聞いたけど、何度も聞いて申し訳ないからB先輩に聞こう」と思うと、先輩ごとにやり方が違ってさらに混乱するなんてことも起こりやすいからです。

わかっている人に聞く

わからない人に聞いて、その人が違う人に聞くという状況になってしまうとさらに時間がかかってしまいます。また曖昧な答えが返ってきても困ります。結局違う人に聞き直すという事態になりかねないので、最初から仕事を把握している人に質問するようにしましょう。

聞くタイミングを計る

忙しい時でも質問しなければいけない状況はありますが、MAX忙しそうな時は質問内容によっては避けた方がいい時もあります。自分なりにマニュアルを確認してみたり、メモを整理して、大体の答えは用意しておきましょう。そして聞くタイミングが訪れたら、さっと要点だけ伝えて質問するよう心がけるようにすると良いです

仕事でわからないことがあっても聞けない状況を打破する方法

遠慮しない

仕事でわからないことを聞けない状況というのは大抵、遠慮している時です。

あなたは「こんなこと聞いたら迷惑だろうな」と思っているかもしれませんが、逆です。

意外と先輩や上司は「遠慮しないで聞いて欲しい」と思っています。わからないまま勝手にやって失敗したり、大きな損失を出してしまうより、わからないことはそのままにしないでちゃんと聞いてほしいという意見が大多数でしょう。

仕事でわからないことを聞くのは自分のためと、周囲のため、会社のためと思って、堂々と質問しましょう。またこちらが察してほしいと思っても、先輩から見たら何に行き詰まっているのかがわからないという状態なので、新人から積極的にわからないところを質問すべきです。

必ずメモを残す

さっき聞いたのにわからなくなってしまったということを防ぐためにも、質問をする時は必ずメモに残すようにしましょう。

その場でメモするのが間に合わなければ、席に戻ったらすぐに整理して書き溜めておきましょう。

可能な限りまとめて聞く

「さっきも質問したのに、またわからないことが出てきてしまった」そういったこともよく起こります。

緊急性が高くないときは、メモにわからないことを書き溜めておいて、仕事が落ち着いたタイミングで聞くといいでしょう。

仕事の何がわからないのか、順を追って説明することが大切

自分の質問が伝わらないと、答えもずれていたりということがよく起こります。そのためわからないことをしっかり説明することが大事です。

順を追って説明する

「どの作業手順で起こった出来事か?」「どこまではやったのか?」ということが相手にわかるよう、順を追って伝えましょう。そしてここの作業を教えて欲しいというのをしっかり伝えます。喋っている途中でわからなくなりそうなら、要点をメモして確認しながら質問しましょう。

資料やパソコン画面を見せる

わからないことを口だけで伝えるのは難しい時もあります。使っている資料などを持っていって、それを見せながら伝えるようにしましょう。パソコン画面を見せる時に自分の席まで来てもらうのは申し訳ないという時は、画面を印刷して「今こんなエラーが出ている状態で…」などと説明する方法もあります。

わからないことを聞けないまま仕事をすると、わからないことを隠すようになってしまう

質問は悪いことではない

わからないまま仕事をするのは、あなたの中に「迷惑をかけたくないから」「できないやつだと思われたくないから」という気持ちがあるからではないでしょうか。
しかし、わからないまま仕事をして失敗をしてしまったら意味がありません。
また曖昧な状態のまま続けていると、いつかどこかでボロが出てしまいます。

だいぶ後になってから質問をして、「今更?」と思われてしまわないためにも、新人である最初のころにたくさん聞いておく方が得策ですよ。

質問して答えを聞いたのに、同じことがわからなくなるということも少なくありません。

二度も聞けないと思って曖昧なまま進めてしまうという方も多いですが、業務によっては一度聞いただけじゃわからないこともザラにあります。
さすがに三度も四度もとなると困りますが、曖昧な状態にしておかないためにも、「さっきも同じこと聞いて申し訳ないんですが、確認しておきたくて」と前置きをつけて、質問しても良いでしょう。

仕事でわからないことを聞けないというのは、少なくともあなただけの原因ではありません。しかしそのような中でも仕事は覚えていかねばなりません。少しずつ対策をとって、頑張っていきましょう。