キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

公務員の女性の服装について選び方のポイントや注意点を紹介

公務員として働いている女性はどんな服装をするべきなのでしょう?
これから公務員として働く予定の女性や目指すという女性も覚えておくと良いでしょう。

そこで、公務員として働く女性の服装選びのポイントや注意点についてお伝えしていきます。

公務員は暮らしている地域の人と関わる業務が多いので、周りの目を気にする必要もあります。ぜひ参考に公務員らしい服装を選んでいきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキ...

仕事での会合やパーティーを欠席する場合の謝罪メールについて

仕事をしていると、様々な会社とお付き合いがあり、時にはパーティーに呼ばれることもあります。 し...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。 特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

働き方について考える。正規の雇用のメリットについて

お子様が小さなときにはパートで働いていても、小学生になってある程度手を離れるとフルタイムで働きたいと...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。 ...

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。 ...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

電話応対のマナーはビジネスでの大切な基本

電話は、声だけでのやり取りになりますので、それに応じたマナーを心掛けなくてはいけません。 特に...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。 メールなら都合の良い...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。 そんな時、ビジネスマナーの...

初めての転職なら未経験でも挑戦しやすい職種がおすすめ

突然ですが、現在の仕事に満足している人はどのくらいいると思いますか。 実は社会人として働いてい...

ビジネスマナーとして身につけておきたいお茶出しのルール

会社で、取引先の方やお客様など、お茶をお出しする場面もあります。そんな時に覚えておきたいのがお茶出し...

手紙の書き方【謝罪文のマナー】構成や注意点などポイントを紹介

手紙の書き方には謝罪を伝える手紙のマナーもあります。 ビジネスにおいてお客様などへ謝罪する際に、電...

スポンサーリンク

公務員として働く女性の服装には特に規定はない

公務員の服装というと、男性はスーツやYシャツとスラックス、女性もスーツやブラウスとスカートというイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。少なくとも、ある程度のルールがありそうなイメージですよね。

しかし、実は「こうでなければいけない」というはっきりとした規定はありません。

でも、役所などに行くと服装の規定があるかのように職員は皆きちんとした恰好をしています。目立つほどの髪色の人もいません。多少カジュアルな服装をしている女性もいますが、清潔感やきちんとした雰囲気はしています。

実際、以前役所の窓口にいた女性がみんな白いトップスを着ていたので、「ここはトップスは白という決まりがあるのだろうか…」と思った事があるくらいです。しかし、実際には規定はないので、たまたまだったのか、暗黙の了解的ルールがそこにはあったのかもしれません。
では、公務員規定に服装の規定がないのに、公務員はきちんとした服装のイメージがあるのか…規定はなくともビジネスマナーとしてその場に相応しい服装というのは存在します。更に、公務員は民間企業の社員よりも一般市民からの目が厳しい側面があるので、服装にも気を付けているのでしょう。

公務員の女性の服装は働く職場によって違いがある

社会人にはその場に相応しい服装があるとご説明しましたが、公務員にも色々な職種が存在します。役所の窓口業務など内勤の仕事の場合は、スーツやオフィスカジュアルがお勧めですが、業務内容によっては女性でも作業着で過ごす場合もあります。自衛官など制服がある場合もありますが、体育教師ならジャージという場合もあるでしょう。

公務員だから必ずこういう服装という決まりはなく、配属先の職場や仕事内容に合わせた服装をするのが相応しい服装です。

また、住民との距離感が服装に影響することもあります。同じ公務員でも仕事内容は様々なので、窓口業務など一般市民と接する機会の多い仕事と、住民と直接接することのない仕事では、住民と接する機会の多い仕事の方が服装への配慮は必要です。

「公務員の給料は我々の税金から」という意識が強い人は、公務員を見る目が厳しくなりがちです。その住民の思う「公務員像」から逸脱した服装をしているからなのか、職員の服装について文句を言われてしまう事があります。

正直、そんな内容のクレーム対応なんてとても面倒くさい事ですし、対応や仕事ぶりと関係ない事で住民から文句を言われることを減らすためにも、住民と接する機会の多い職場では特に服装に気を遣う職員が多いです。

女性公務員はマナーをおさえた清潔感のある服装がおすすめ

公務員の服装に規定がないのに、規定がありそうな服装をしているのは、社会人としてだけでなく、住民の目があるためです。

規定が無くても住民の目を意識すると、ある程度きちんとした服装をすることになり、自然と落ち着きのある服装の人が多くなります。

実際にどんな服装にしたらいいか迷ったら、スーツや落ち着きのあるオフィスカジュアルが良いでしょう。

ただ、研修期間が終わればスーツを着ない人が増えますし、男性に比べると女性のオフィスカジュアルは幅が広いので、迷ってしまう人もいるでしょう。

ポイントは清潔感です。
トップスにはシャツやブラウス、ニット、カーディガン、シンプルなデザインのカットソー等で、色は白や淡い色、ベーシックカラーを選ぶと良いでしょう。柄物でも良いですが、派手な印象になるものは避けた方が無難です。ニットはローゲージだとカジュアル感が強いデザインもあるので、ハイゲージのニットを選んだ方が無難です。

ボトムスは、スカートでもズボンでも構いませんが、色はベーシックカラーでデニム素材はNGです。スカートなら短すぎず長すぎない丈で、タイトやAライン、フレアが良いでしょう。

なお、襟開きの広い服や露出の多い服、体のラインが出やすい服、カジュアルなデザインの服、シミやしわなど清潔感に欠ける服は避けてください。

特に女性は露出の程度、襟開き具合やスカート丈等について住民からチェックされていることが多いです。真っ直ぐ立った状態だけでなく、かがんだりしたときの見え方も意識して服を選びましょう。

女性公務員は周りにどう思われるかを考えて服装を選ぶこと

仕事や職場に慣れると少しはおしゃれがしたくなってくると思いますが、規定がないのでどこまでやって良いか分かりにくいでしょう。先輩の服装でどこまで良いのかを判断する人は多いと思いますが、それが誰か一人だけを見て判断するのは止めましょう。特定の人で境界線を判断してしまうと、ただ面と向かって注意されていないだけでよく思われていない状況のケースもあります。

同じ職場の職員たちが何も言わないから良いのではなく、ここまで何度も言っていますが、住民からの視点や過去のクレームから判断すると良いでしょう。

親や祖父母世代から見てどう思われるかどうか、公務員として相応しい服装が出来ているかを考えて服選びをするのをお勧めします。

公務員の女性の服装は業務内容やTPOに応じて選ぶことも大切

女性公務員の業務中の服装はどんなことに気を付ければ良いかご紹介してきましたが、業務内容やTPOにあわせてその都度服装選びは買えるようにしましょう。

窓口業務の時は、特に無難な服装を心掛けた方が良いですが、どの窓口を担当するかによってはもっと細心の注意を払った方が良い場合もある。

例えば、生活やお金に関する相談を請け負う窓口で、アクセサリー等は付けない方が無難です。実際には高価な物でなくても、お金に余裕があると思わせるような服装をしていると、お金に困っている相談者とスムーズに話や手続きが出来なくなってしまう事があります。

また、研修期間が終わるとスーツはあまり着なくなるとご説明しましたが、会議や何かの式等に出席するときはジャケット着用の方が印象は良いです。たまにしか無い場合は、どんな服にも合わせやすいジャケットを持っていればいいでしょう。

ある程度の役職になると、そういう機会も増えますし、クレーム対応等も担当しますので、基本的にスーツ着用の方が良くなってきます。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666