キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

スーツのボタンは閉めないとダメ!女性のための着こなしマナー

女性が仕事でスーツを着るときはボタンを閉めないといけないことを知っていますか?
男性の場合は一番下のボタンを外すことになっていますが、女性の場合は違います。

そこで、女性のスーツの着こなしマナーについて、ボタンの閉め方やポイントなどお伝えしていきましょう。

スーツのボタンをきちんと閉めることを考えて選ぶようにすることも大切です。
ぜひ参考に他のマナーもしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点

大手の転職サイトでは、プロフィールを登録すると企業からオファーメールが届くシステムを導入しています。...

電話が怖い【仕事編】克服するためにすぐに取り入れたいコツ

電話はどの仕事でも必要な業務のひとつ。電話が苦手で怖いという人も仕事で電話応対をしなければならないこ...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。...

お家でも取得可能な資格や人気がある女性の就職に役立つ資格

就職をするときに業種によっては資格が必要であったり、資格が有利に働くことは少くありません。また再就職...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

お客様にお詫びメールをする時は誠意が伝わる対応をしよう

仕事でミスをしてしまったら、逃げたくなってしまうこともあるでしょう。ですが、仕事にミスはつきもの...

ビジネスパーティーに出席する時の女性の服装選びとマナー

会社主催の祝賀会や式典を行うビジネスパーティーに出席する時には、服装のマナーも大切です。個人的なパー...

仕事でのミスが怖い時の対処法、気持を切り替えるためにできること

誰でも仕事でミスをしてしまうのは怖いものです。一度仕事で大きなミスをしてしまうと、また同じミ...

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけな...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

スポンサーリンク

女性がスーツのボタンを閉めないのはマナー違反

スーツを着て仕事をしている女性も多いですよね。男性のスーツには選び方や着こなし方にマナーがありますので、女性のスーツの場合もマナーが心配になることでしょう。

特に気をつけたいのがジャケットのボタン

スーツは堅苦しさがあるのでボタンはできれば外したいかもしれません。

女性のスーツの場合は、ジャケットのボタンはすべて閉めておくのが正しい着こなし方になります。

そのため、ボタンを閉めないとジャケットの形が崩れて、きれいなシルエットにはなりません。場合によってはだらしない印象になることもあります。

デスクで仕事をしているときなどはボタンを外しても構いませんが、外出するときや来客、会議などではスーツのボタンを全て閉めるのを忘れないでください。
スーツのボタンを全て閉めると動きにくくて窮屈に感じる人もいることでしょう。
女性用のスーツにはボタンが一つしかないデザインもあります。ボタンが多いほど窮屈さを感じやすくなりますので、ボタンが少なジャケットを選んでみてください。

夏でもスーツのボタンを閉めないのはビジネスでの印象が良くない

夏の暑い時期ならスーツのボタンも外して少しでも涼しくしたいところです。ボタンを閉めると見た目から暑苦しく見えてしまうような気もしますよね。

ビジネスにおいては大切な場面でこそボタンをすべて閉めてください

女性のスーツはボタンをすべて閉めるのがマナーのため、暑さや季節によってボタンを外したりすることはありません。大切な取引先を会う時、プレゼンのような注目される場面はもちろん、来客と挨拶をして名刺交換をするときや上司と一緒に行動をするときも、スーツのボタンはすべて閉めるようにしてください。

夏であってもスーツのボタンは全て閉めたままにしてください。

事務所のデスクで仕事をしている時やランチタイムならボタンを外してラクな着こなしにしても良いですが、スーツをきちんと着なくてはならない場合は暑さに関係なくボタンは閉めた状態にします。

暑さ対策にボタンを外すのではなく、スーツのデザインや素材、またはインナーに工夫してみてください。スーツの素材を通気性の良い軽いものにしたり、七分袖のジェケットを選ぶことができるのも女性のスーツならではです。また、女性の場合はネクタイも必要ないので開襟シャツで首元から涼しくしたり、涼感インナーを選ぶだけでも違ってきますよ。

休憩中は女性もスーツのボタンを閉めないままでもOK

女性のスーツはボタンをすべて閉めるのがマナーですが、休憩中のときやデスクで仕事をしているときならボタンを外してもかまいません。

大切なのはTPOをわきまえること

スーツのボタンを外した状態でデスクについて仕事をしていても、来客があったときや上司に呼ばれて立ち上がるときにサッとボタンを閉めれば良いのです。ボタンを開けるか外すかは、シチュエーションによって判断してください。

休憩中でお茶を飲む時やランチのときなどなら、ボタンを外してリラックスしても問題ありません。また、上司や先輩と食事などの行く場合でも、その場の雰囲気によってはボタンを外すことも可能です。場面や雰囲気に合わせてボタンを外してリラックスしたり、ボタンをきちんと閉めるなど臨機応変に対処しましょう。

スーツのボタンをきちんと閉めることができるサイズを選ぶことが大切

スーツのボタンをすべて閉めるなんて窮屈と感じている人は、もしかしたらスーツのサイズが合っていないのかもしれません。

スーツを選ぶときもボタンをすべて閉めた状態でサイズ感を確かめてください

スーツは必ず上下で試着をしてフィット感を確かめてください。

ジャケットのボタンをすべて閉めたとき、生地が引っ張られてシワがよっているならサイズが小さいです。

体にフィットするとスリムに見えたりもしますが、窮屈な印象になり見苦しさがあります。また、あまりにゆとりがありすぎても見た目がよくありません。自分の体型に合っていないサイズでは、どこからか借りてきたスーツのように見えたり、だらしない印象にもなってしまいます。

スーツを試着したときは、立った状態で確認するだけでなく、椅子に座った状態でもサイズ感を確かめてください。

立っているときは問題なくても、座った時にボタンがはじけそうになる場合もあります。サイズがあっていないスーツだと着心地もよくないため、長く着ることができなかったり、仕事に集中できなくなることも考えられます。

スーツを着て動きが制限されるのが気になるのなら、ストレッチ機能がある生地を選んで見てください。

体を動かしやすくなり、スーツの型崩れも心配ありません。また、スーツも他の衣類と同じく、季節に合わせた素材を選ぶことも大切です。

ボタン以外に気をつけたい女性のスーツの着こなしマナー

女性のスーツの着こなしは、スーツのサイズ感やボタンを閉めること以外にも気をつけたい点があります。

女性のスーツに合わせるスカートまたはパンツは丈に注意してください

スカート丈は膝丈です。

膝丈よりも短くすると若々しくフレッシュな印象になりますが、椅子に座ったときにスカートの丈が上がるため太ももが露出してしまいます。仕事の場面にはふさわしくありません。また、スカート丈が長すぎると地味な印象になったり老けて見えてしまいます。

パンツの丈

必ず靴を履いた状態で見て、フルレングスのパンツならヒールの付け根あたりの長さにするときれいなシルエットになります。暑い時期ならくるぶし丈や七分丈のパンツもありますが、会社の雰囲気に合わせて選んでください。

ジャケットの中に着るブラウスにもマナーがあります

下着が透けて見えるような薄い素材や、胸元が大きく開いたデザインはビジネスにおいてはマナー違反です。フリルがたくさんついたもの、派手な柄やはっきとした目立つ色もよくありません。

仕事の場面で着るのですから誠実に見えるようなデザインを選ぶようにしましょう。レギュラーカラーまたはスキッパーカラーにし、白やパステルカラーなど明るく清潔感のあるブラウスを合わせてください。