キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキルアップだけではなく部下の人材育成も考えなくてはいけません。
人材育成をする上でのポイントとは?また、マネジメントではどのようなことを優先させればいいのでしょうか。

人材の育成やマネジメントに必要なスキルを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

取引先へのお礼は必須!飲み会後のお礼メールのタイミングと内容

取引先の会社から飲み会に接待してもらったあとは、しっかりとお礼のメールを送ることがビジネスにおいて大...

電話の「応対」と「対応」の違いと、正しい受け付け方

電話でお客様などとお話をする時のことを「電話応対」と呼んだり、「電話での対応」と言ったりすることがあ...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。そんな時、ビジネスマナーの...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。...

銀行の事務の志望動機と業務内容、家事と育児を両立するコツ

長く働ける、安定していると言った理由で銀行の事務のパートは主婦から人気です。面接するにあたっ...

転職祝いをメールで贈るポイント!注意点やビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいては転職をする上司や先輩などにお祝いのメッセージをメールで贈る場合があります。お世話に...

スーツを上手に着こなして、快適に冬を過ごそう

スーツの素敵な着こなしのポイントの一つに、「季節感を大切にする」というものもあります。日本に...

公益財団法人の就職が難しい理由とは?求人を探す方法もご紹介

公益財団法人は非営利組織なので、一般企業のようにノルマに追われることがないことから就職先として人気が...

プログラミングバイトは未経験でもOKだが向き不向きがある仕事

プログラミングのバイト募集の中には「未経験OK」と載せている会社もありますが、本当に未経験でも仕...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

ジャケットの袖丈が長い時の対処方法とジャストなサイズについて

ジャケットの袖丈が長いとどのような印象を与えてしまうのでしょうか。清潔感があっても、サイズが合っ...

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。...

スポンサーリンク

人材育成とマネジメントが必要な中堅社員

社会人になり、仕事のことも覚え始め、職場で、上司や同僚から信頼される存在ですか?特に30代に入り、ある程度の仕事を理解し始める時期に、より責任のある仕事を任されるようになりますよね。就職して、時期は、入社して、3年を越えるくらいから、人材の育成を任さられるようになるでしょうか。その時期から、人材育成についても学ばなくてはいけなくなると思います。

入社3年目以降は、中堅社員として扱われる

会社は、あなたのことを中堅社員として取り扱うようになります。中堅社員に求められるのは、後輩を育てること。これが、人をマネジメントする、育成するということになります。後輩を育て、あなたが所属している部の目標を達成させることが中堅社員に求められると思います。

上記のことができるようになれば、将来は、管理職が任せられるようになります。管理職になる前に、部下の特徴を知り、どんな仕事を任せられるのか、判断する能力も必要になると思います。

また、仕事をこなすスキルが十分に備わっていることは、言うまでもありません。仕事のスキルは、中堅社員ですから、周囲から「さすがだ」と好評価を得るレベルに達していなければ必要条件だと思います。

人材の育成は押し付けずにやる気にさせるのがコツ

あなたの仕事は、人材を必要なレベルにまで育成することですよね。職場の部下が、意欲的に成長してくれれば、人材育成の仕事もだいぶ楽になります。

教えたことが実践できる機会を与える

人材の育成ですから、部下をトレーニングすることになります。一方的に教えるだけでは、部下の育成にはならないと思います。仕事の本番で、あなたが教えたことを部下がきちんと実践できるかどうかが育成のポイントになります。

恐らく、人材を育成する手段として、研修を行うと思います。研修をしっかり受けることにより、部下の頭にあなたの教えは入ります。でも、それだけ頭脳に記憶された知識で終わってしまいます。仕事は実践です。きちんとした人材を育成させるためにも、あなたが教えたことを生かせる機会を与えて下さい。実践することにより、部下が適切な人材に育ちます。

ルールを一度考え直す

部下が疑問に思うルールが社内にあり、部下が不満に感じていますか?部下のやる気を出すためにも、会社全体としても、納得のいかないルールは一度見直すべきです。ルールを見直すことにより、部下のやる気も向上し、結果、会社の成績も上がると思います。

人材の育成とマネジメントはこのスキルを身に着けましょう

人材を育成する立場にいる方は、具体的にどのようなスキルを持てば、部下を上手に育てることができ、育成に成功するでしょうか?上記でも少し触れていますが、将来管理職候補である、中堅社員の方は、部下の育成をしなくてはいけません。部下を育てるために、相手の話をよく聞かなくてはいけません。人の話を忍耐強く聞く力は、人材育成をする役目を負っている方にとって、必要なスキルになるようです。

相手が言っていることを聞くスキルが必要

人材を育成しなくてはいけない立場にある方は、部下が言っていることをよく聞く能力が必要になります。相手が言っていることを、できるだけ100%理解できるように相手が言っていることを邪魔することなく、よく聞くようにして下さい。

相手が言っていることを復唱し、するべき質問をする

部下が言っていることが理解できているのか、確認するために、復唱して下さい。あなたが状況を理解できているのか確かめるのです。そして、何か問題が起きているのなら、何が原因でそのような事態に至ったのか、原因をさぐるためにも、質問をして下さい。

フィードバックもすること

部下が言うことについて、何かかしらフィードバックもして下さい。言うべきことを言うのも、人材育成には大切なことです。

人材の育成やマネジメントのポイントとなる対話について

人材をスムーズに育成するには、部下とのコミュニケーションは大切になります。部下とのコミュケーションをきちんと取れていれば、人材の育成もそれほど難しいものではなくなると思います。

人材育成に成功している方は、部下と話す時間を設けている

人材育成に成功している上司や、中堅社員は10分という一見短いという時間に感じても、きちんと部下を話す時間を設けているようです。きちんと、部下と話す時間を設けているからこそ、周囲からの評判が良いのかもしれません。

また、部下と話す時間をきちんと取っているからこそ、上司から言われることに対して、部下が深く考えるようになるというのもあります。上司から言われたことを深く考えるようになるので、そのことにより、部下の成長も早くなるのかもしれませんね。

マネジメントに含まれる人材育成寄り添いすぎないよう気をつけて

部下を適正な人材に育成するには、部下の話を聞く必要はあります。でも、上記でも、10分聞く例を紹介しているので、部下の話に入り込む必要はありません。部下の話を聞かなくてはいけないのは事実ですが、あくまでも仕事です。部下の意見だけが大切な訳ではありません。

客観的に物事を見ること

部下の話を聞くのが、人材を育成する側の仕事です。ただ、部下の仕事に飲み込まれないようにして下さい。どんな問題があり、どうやって解決することができるのか、その点に注意して、相手の話を聞くことです。

部下がミスをした時、何が原因でそのミスをしたのか、原因を把握することです。原因がわかれば、経験値の高いあなたから何かアドバイスをすることができるかもしれません。原因を知るためにも、部下の話を聞いた後は、質問をすることも大切です。現状を把握し、同じ間違いをしないようにするために、部下を育てるのです。
話を聞くうちに、どうすれば問題を解決できるのか、その糸口も見えるかもしれません。どちらにしろ、人材を育成させる立場に置かれている方は、部下の話を聞き、質問をし、適切なフィードバックをする立場にいます。人材を育成する立場にいる方は、相手の話を聞く姿勢はやはり必要だと思います。