キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

異動したい時のやり方や、願いが通らなかった時の退職の仕方

働いている中で、今所属している部署が自分に合わなかったり、事務から営業など、別の担当に変わりたいということは、時々あります。
そういった時に、上司に異動の願いを出しても良いものなのでしょうか。
ここでは、異動願いの出し方や、万が一異動願いが通らず、退職を選択する場合の方法などについてご紹介しますので、今の仕事に行き詰まりを感じている方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか?スーツのジャケットのボタ...

初めての転職なら未経験でも挑戦しやすい職種がおすすめ

突然ですが、現在の仕事に満足している人はどのくらいいると思いますか。実は社会人として働いてい...

転職で覚えておくべき優良企業の探し方。失敗しない会社選び

今の会社に不満があり、転職を考えている方も多いと思います。ここで誰もが考えるのが「優良企業に転職...

学校のカウンセラーになるには?こんな資格があると有利

学校のカウンセラーになるにはどのような資格を持っていると有利なのでしょうか。とくに有利と言わ...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点

大手の転職サイトでは、プロフィールを登録すると企業からオファーメールが届くシステムを導入しています。...

ジャケットの袖丈が長い時の対処方法とジャストなサイズについて

ジャケットの袖丈が長いとどのような印象を与えてしまうのでしょうか。清潔感があっても、サイズが合っ...

仕事での会合やパーティーを欠席する場合の謝罪メールについて

仕事をしていると、様々な会社とお付き合いがあり、時にはパーティーに呼ばれることもあります。し...

電話応対の方法は?担当者が出張中の場合の正しい対応の流れ

担当者が出張中で不在の場合、その人宛にかかってきた電話をどのように取ればいいのか悩む人もいるのではな...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います...

技術職への転職が難しいと言われる理由と転職活動をするポイント

技術職に転職したいと考えている人の中には、技術職への転職は難しいと言われることがネックで先に進めない...

ビジネスマナーとして身につけておきたいお茶出しのルール

会社で、取引先の方やお客様など、お茶をお出しする場面もあります。そんな時に覚えておきたいのがお茶出し...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

スポンサーリンク

今の状態に満足出来なかったら、異動願いを出すという選択もあります

今の会社に満足していないわけではないものの、どうしても今の部署に納得していない、今の部署でやっていく自信がないというのであれば、異動願いをだすという選択もあります。

今の部署が嫌で、そこから逃れるために退職してしまっては、無職になってしまうことも考えられます。

他の部署には、やりがいもあり自分の実力を発揮できそうだと感じるのであれば、異動願いを出すという方法も悪くありません。

とはいえ、異動願いってどうやって出せばよいのでしょうか。正式な書面が必要になる場合も有るでしょうし、今ではシステムを使って出すという方法をとっている会社もあります。ただ単に、口頭で上司に相談すればよいという会社もあるでしょう。

異動願いを出す方法はその会社毎に違います

また、異動したい部署に空きがない可能性もあります。あなたの希望が必ずしも通るとは限らないのです。

上司や人事からは、今の業務に嫌気がさしたと思われてしまうことも無理はありません。

良く思われないことは確かです。異動した部署でも、自分の力を思ったよりも発揮でないことも考えられます。

あなた一人の為に会社が動いているというわけではないということを肝に銘じておくことです。

会社にメリットがなかれば、異動は認められない場合もあるのです。

もしどうしても異動願いを出したいというのであれば、それなりの覚悟が必要になります。

退職する前に、思い切って異動の願いを出す方法

異動にデメリットがあるかもしれないとはいえ、退職するくらいならまずは異動願いを出してみるべきかもしれません。

ただし、その前にしておくことがいくつかあります。

今の自分の状況を理解する

異動したい部署に行くことができたとして、本当に自分の力を発揮することができるのでしょうか。まず、異動したい部署で使える資格や技術、知識があるかどうか確認しましょう。

異動したら、更にもっと頑張れるという事を移動先の上司にアピールしておくのも手です。

ただし、面白くないからと今の仕事を投げやりにしたり、人間関係を構築できなかったと不満を言ったりしてしまうと、異動した部署でも上手く行かないのではないかと思われ、正式な異動にはつながらなくなってしまいます。今、辛くても親権に取り組み、真摯な態度を見せることです。

会社の人事制度を調べる

異動制度を導入している会社もあります。そのような会社であれば、上手にそのような制度を利用するのが無難です。ただし、そのような制度が無い会社もあります。その場合は。異動したいということ、異動したい部署の上司とも良好な関係を持っておくことも必要になるでしょう。

ぜひ、来てほしいと思われるようにしておくことです。

不満の為に異動するのではなく、会社に貢献したい、そして自分のキャリアアップの為に異動したいという事を理解してもらいましょう。

引き継ぎもしっかりと

異動が決まったら、気持ちが先立ち、適当に引き継ぎしてさっさと次の部署に行きたいという気持ちもわかります。

しかし、この引き継ぎ、しっかりと行わなければ次にあなたの代わりにきた人が困ってしまいます。実際そういった経験をした人も多いと聞きます。

口頭で引き継ぎする場合は、どこまで教えたかわからなくなり、つい昨日と違うことを言ってしまったりすることも考えられます。トラブルに繋がりかねません。トラブルを避けるためにも、引き継ぎ資料をしっかりと作り、それに沿ってスケジュールを組んで次の人に引き継ぐべきです。

引き継ぎがしっかりと出来れば、社内でも印象が良くなります。次の部署でもその噂は届き、存分に力を発揮できるはずです。また異動という立場から、いつでも前の部署のフォローができるという姿勢を見せて置くことも大切です。

異動の願いが叶わず、退職して転職をする場合のポイント

もちろん、異動の願いが叶わないこともあります。もう、この会社にいられない、この部署ではやっていけないと感じるのであれば、退職をして転職するという方法もあるのです。

転職を決める前に退職をしてしまうと、転職先が決まるまでは無職になってしまいます

ですから、今の部署で仕事をしながら、転職先を見つけるのが賢明な方法でしょう。

転職先を見つける方法としてはいくつかあります。

  • ハローワークを利用する人もいるかもしれませんが、今では転職求人サイトで職を見つける人も増えています。
  • 転職エージェントを利用して、仕事を紹介してもらう転職先を見つけるという方法もあります。
但し、転職を希望する際に一番大切なのは、自分のことを理解し、そしてどんな転職を希望するのかということを、しっかりと形にできるかどうかです。

自分が何をしたいか、自分がどういった仕事に向いているのか、自分の良さを存分に活かすにはどうしたら良いのか、自分の良さってなんだろう、会社に対して何を求めているのだろう、自分を俯瞰で見つめ、はっきりとさせることです。

これがはっきりしなければ、結局転職したとしても失敗に終わってしまう事になりかねません。闇雲に転職活動するのは、良い方法とは言えないのです。

完璧に自分の理想に当てはまる会社など、なかなか見つからないものです。

妥協して仕事するべきか、絶対に理想のことが出来る会社に入るべきか、それが見つかるまで探し続けるのかどうかは人ぞれぞれです。会社に求めるものは、給与なのか待遇なのか、自分のキャリアアップなのかも違うでしょう。

転職を希望する会社のことは、詳しく調べる必要があります。入ってみて思ったような会社と違った、思ったような仕事内容ではなかったと言っても後の祭りです。転職に失敗しないためにも、自分自信、そして転職したい会社をしっかりと見つめてみましょう。

異動願いが通らなかった時に、転職先を探す流れをご紹介

異動が上手く行かず転職しようと思った時は、まず退職願いを出す前に、転職先を探す必要があります。単に今の部署や会社が嫌になったから、転職したいと思う気持ちだけでは、転職には成功しにくいでしょう。

転職する為必要な事を順を追って見てみましょう。

自分自身を洗い出す

仕事をしてきた中での経験。それはあなたが転職する上でとても重要なポイントとなります。その経験を次の転職先に繋げるべきです。
自分はどんな経験をしてきたのか、それを洗い出してみましょう。それがあなたの転職理由となるはずです。次に繋げるための転職なのです。

今まで以上の高収入を望んだり、通勤が大変だからもっと近くで働きたい、そんな理由だけで、転職先を決定して本当に良いのでしょうか。じっくりともう一度考え直すべきです。
転職には貯金や時間が必要になります。計画的に転職を進めなければなりません。もし、考えがまとまらないようであれば、実際に転職した人から体験談を聞いてみるのも勉強になるはずです

仕事の探し方

仕事の探し方は人ぞれぞれだと思います。ハローワークや転職求人サイト、転職エージェント、場合によってはスカウトサービス等を利用して仕事を探すことが多いのではないでしょうか。知人に紹介してもらうという手もありますね。

但し、探し方によっては、なんとなく流れに流されて転職先を決めてしまったなんて人もいるのです。色々紹介されても決められない、転職先を絞れないということのないように、その会社の情報をしっかりと収集することを優先に考えていくとよいでしょう。

履歴書、職務経歴書などをつくる

応募したい会社が見つかれば、あとは書類を作成し、応募することです。

面接の練習をする

本番の前に、必ず面接の練習をしましょう。書類選考が通った時に、万全の体制で望めるかどうかで面接がうまくいくかは変わってきます。せっかく書類選考で通ったとしても、面接で力が発揮できなければ転職には結び付かないのです。

内定をもらったら、今の会社に退職を伝える

退職希望を伝えたからと言って、すぐに退職できるとは限りません。引き継ぎなどが必要な場合は多いでしょう。転職先の入社日を確認したら、今の会社をいつまでに退職しなければいけないのか確認しましょう。できるだけ引き継ぎがうまくいくように、事前準備をしておくのもよいかもしれません。

今の会社を退職する時に知っておきたい流れとマナー

退職願いを出したからといって、簡単に退職できるものではないということは、頭に入れておくべきです。

あなたが退職願いを出したら、大抵の場合、今の会社での引き継ぎ業務がまっています。新たな人が異動してきて、あなたの業務を引き継ぐことになるかもしれません。

引き継ぎだけで済まない場合もあります。取引先へ、上司と後継者と一緒に挨拶にいく必要も出てくるでしょう。ですから、退職までには、1ヶ月もしくは2ヶ月かかると考えたほうが無難です。

退職に伴う手続きはしっかりと行いましたか。転職することにバタバタしていて、適当に引き継ぎを行ったりしてはいませんか。確かに引き継ぎというのは大変な業務でもあります。だからこそ、冷静に時間をかけて行うべきなのです。円満に退職して、気持ちよく今の会社に感謝し別れを告げましょう。