キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

東京都と特別区の違いは?2つで迷っているあなたへアドバイス

公務員を目指している方の中には、東京都採用か特別区採用かで迷っている方もいるのではないでしょうか。
今回はそんな方に向けて、東京都と特別区の違いについて詳しく説明し、選ぶ際の判断材料のひとつになればと思って記事を書きました。

難易度は違いますが、どちらも試験対策はしっかり行うことが大切。
特別区は時事問題も多いようなので、ニュースや新聞を普段から見るよう意識することも必要でしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

営業先への訪問!マナーを身につけてこそ一人前のビジネスマン

営業職をしていると会社へ訪問する機会が多いですよね。会社に訪問する時には、マナーはとても...

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います...

手紙の書き方【謝罪文のマナー】構成や注意点などポイントを紹介

手紙の書き方には謝罪を伝える手紙のマナーもあります。ビジネスにおいてお客様などへ謝罪する際に、電...

名刺交換の挨拶で印象は決まる!ビジネスにおける基本マナー

名刺交換の挨拶はビジネスにおいて欠かせないものです。これから名刺交換をするようになるという新入社...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

大切と大事の違いを知って正しく使って人と差をつけよう

「大切」と「大事」の違いを問われた時に、答えられない人がほとんどでしょう。話し手が、なんとな...

欠席をお詫びする場合のメールは当日連絡は控えましょう

社会人になると、社内の同僚や上司と食事に行く機会もあると思います。それだけではなく、取引先の相手...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

仕事中に眠いときの対処法!睡魔を撃退するために出来ること

仕事中に急激な睡魔に襲われ、眠いのを我慢しながら仕事をすることもあります。眠いとなかなか仕事がはかど...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。...

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけな...

初めての転職なら未経験でも挑戦しやすい職種がおすすめ

突然ですが、現在の仕事に満足している人はどのくらいいると思いますか。実は社会人として働いてい...

ビジネスマナーとして身につけておきたいお茶出しのルール

会社で、取引先の方やお客様など、お茶をお出しする場面もあります。そんな時に覚えておきたいのがお茶出し...

取引先へのお礼は必須!飲み会後のお礼メールのタイミングと内容

取引先の会社から飲み会に接待してもらったあとは、しっかりとお礼のメールを送ることがビジネスにおいて大...

スポンサーリンク

東京都と特別区の違いとは?東京都庁は特別区に比べて働く規模が違う

東京都庁での仕事は規模がかなり大きなものとなります。

東京都だけでなく日本全体が視野に入った仕事内容であることもあれば、東京都内各地に転勤になることもある幅の広い業務です。

国道や水道の管理、バスや電車などの交通機関の運営など、生活に関わるすべてのものが管理出来る職場なので、やりがいはとても大きく、その分責任やプレッシャーも重大です。

転勤があるという話をしましたたが、技術系の業務内容であれば都度現場勤務がメインになり、そこでキャリアを重ねていくという方法で出世することもあります。

また、東京都の管理の場所で働くということなので、本土ではなく伊豆諸島や小笠原諸島も勤務地の候補に入ります。

それだけ働く場所も仕事の内容も幅広く、規模も大きなのが東京都庁の特徴です。国が関わる仕事なので、グローバルな面も必要になります。

東京都と特別区の違い、特別区は地域に寄り添った働き方がメイン

特別区は、わかりやすく言えば市のようなものです。

東京都が国なら、特別区は市役所と考えるとわかりやすいでしょう。

特別区を指しているのは東京23区のことで、この区内のどこかに勤務することになります。

区内であれば転勤もありえますが東京都庁ほどの規模の転勤ではないため、転勤の度に引っ越さなければいけないというようなこともあまりありません。

業務内容は、その地域に関しての道路の建設やごみ処理、住民への対応が主なものとなります。

地域に密着した仕事のため、規模は小さくなりますが区民の声は聞きやすいので働いやすいというメリットがあります。

また、比較的穏やかに安定するので人生設計が立てやすいです。やりがいも十分にありますし、ゆとりを持ちたいなら特別区が良いでしょう。

違いを知った上で東京都と特別区のどちらかで迷った時は

試験の難度で選ぶ人もいますが、どちらも難しいことには変わりません。

それよりは、自分がどちらで働きたいかを考えましょう。

アルバイトと違って、嫌になったから辞めるということが出来るようなものではありません。

これから何十年と働くことになる職場です。

規模の大きなところで大きな仕事をすることに憧れがあるなら、特別区は物足りないと感じることもあるでしょう。

それなら最初から東京都の試験だけの対策をしている方が効率が良いです。

また、規模の大きいものを目指していないなら特別区はおすすめですよ。

住民の声が聞けるのは仕事に対してプラスの効果が大きいです。

社会の役に立っているという充実感がありますし、衝突もありますが問題の解決につながることもあります。

試験の難易度で決める人もいますが、結論から言うとどちらも難しいことに代わりはありません。

ただ、問題の傾向は多少違うので比較すると東京都の方が難しいかなという程度です。公務員試験が簡単なはずがないので、試験の難易度で考えるのはやめましょう。自分が働いている姿を想像して考えれば、自然と試験勉強だって頑張れるはずです。

東京都も特別区も配属してからでないと仕事内容はわからない、それを踏まえて面接時の回答について考えよう

東京都でも特別区でも、入社試験のときには配属先は分かりません。

採用となってから初めて決まるものなので、「どこに配属になっても良い」という気持ちで臨みましょう。

面接時に希望の部署を強くアピールするのも印象には残りますが、大体そうすると「別の部署での採用となったらどうしますか」と面接官に聞かれます。

希望部署を強くアピールしてしまうと、他の部署を挙げられたときに同じ熱量で話をすることは難しく、結果としてマイナスの印象を与えてしまいかねません。

どこの部署でも全力で頑張るという気持ちをアピールした方が印象は良いので、もしも希望の部署があってもほんの少し話題に挙げる程度にしておいた方が無難です。

また、具体的な業務内容を調べたつもりでも、その情報が間違っていることもあります。

「それはうちの管轄じゃないよ」などと言われてしまうのも避けるよう、極力具体的すぎる内容は避けた方が賢明です。

また、聞かれることを想定しておいた方がいいのはどうして受けたのが東京都なのか、またはどうして特別区なのかです。具体的すぎるのも避けたいところですがここは具体的な回答がないといけません。しっかりシミュレーションして何パターンか回答を持っておくと良いでしょう。

特別区は東京都よりも倍率は低いが試験対策はしっかりと

どちらを受験するにしても、試験対策はしっかり行いましょう。

過去の問題を集めた問題集をひたすら解くのも大事ですが、ニュースや新聞のチェックも重要です。

特に23区では時事問題が東京都よりも多めです。

教養問題と専門問題は比較的易しめの問題が多いですが、油断するとミスにつながるので取りこぼしのないよう油断せずに挑みましょう。

また、一次試験では教養論文もあるので文章を書く力も必要です。

頻出するテーマが15~20個あるので、それらで徹底的に練習するといいですよ。

論文のチェックは自分だけでは難しいので、できれば第三者に見てもらえるといいですね。学校の先生や予備校の先生など、教える立場で年門的な知識のある人にお願いしましょう。
公務員試験は簡単なものではありません。しっかり勉強や対策をとって合格できるように頑張りましょう。