キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか?
スーツのジャケットのボタンの留め方はビジネスにおいてもマナーになるので、着る前に知っておくといいでしょう。

そこで、三つボタンスーツのボタンの留め方のマナーやおしゃれに着こなすコツなどお伝えしていきましょう。

二つボタンスーツと三つボタンスーツの違いがわかれば、スーツを選ぶときにも便利です。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

これから流行るであろう、将来性のある仕事とは

これからはどんな仕事が流行るのか、儲かる仕事、将来性のあるのはどんな仕事なのか気になりませんか?...

ジャケットの袖丈が長い時の対処方法とジャストなサイズについて

ジャケットの袖丈が長いとどのような印象を与えてしまうのでしょうか。清潔感があっても、サイズが合っ...

名刺交換の挨拶で印象は決まる!ビジネスにおける基本マナー

名刺交換の挨拶はビジネスにおいて欠かせないものです。これから名刺交換をするようになるという新入社...

営業先への訪問!マナーを身につけてこそ一人前のビジネスマン

営業職をしていると会社へ訪問する機会が多いですよね。会社に訪問する時には、マナーはとても...

会社を辞めることを相談したいなら、相手をしっかり選ぼう

仕事をしていく上で、誰でも楽しく意欲を持って働けているわけではありません。心や体に限界を感じた時...

仕事でのミスが怖い時の対処法、気持を切り替えるためにできること

誰でも仕事でミスをしてしまうのは怖いものです。一度仕事で大きなミスをしてしまうと、また同じミ...

ビジネスにおけるマナー、食事の際に気をつけるポイント

ビジネスマナーには、身だしなみや挨拶の仕方などがありますが、その中でも忘れてはいけないのが、食事のマ...

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキ...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

電話の「応対」と「対応」の違いと、正しい受け付け方

電話でお客様などとお話をする時のことを「電話応対」と呼んだり、「電話での対応」と言ったりすることがあ...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。そんな時、ビジネスマナーの...

営業の人にぴったりなネクタイの色の選び方

営業は、外部の会社とのつながりが最も多い場所ですから、さまざまなことに気をつけなくてはいけません。...

スーツのボタンは閉めないとダメ!女性のための着こなしマナー

女性が仕事でスーツを着るときはボタンを閉めないといけないことを知っていますか?男性の場合は一...

スポンサーリンク

三つボタンのシングルスーツのボタンの留め方を紹介

ビジネススーツのボタンは二つボタンが多いですが、三つボタンのスーツはまたシルエットが変わるので新鮮な感じがします。引き締まったシャープなスタイルはオシャレに見えますよね。ビジネススーツの着方にはマナーがあるので、ジャケットのボタンの数が変わるとまたマナーが心配になることでしょう。

三つボタンのジャケットには2つのパターンがあります。

ひとつは二つボタンのジャケットにボタンがもう一つ増えたタイプ、もうひとつは一番上のボタンがジャケットの襟の裏側についているタイプです。

ボタンが増えただけのタイプなら、スーツを着た時には一番上のボタンと二つ目のボタンをとめてください。一番下のボタンだけを外した状態にします。一番上のボタンが襟の裏の部分についている場合は一番上のボタンはとめなくてもよいです。三つボタンがあるうち、二つめのボタンだけをとめて着てください。ボタンが襟の裏側についているため、このボタンをめてしまうとシルエットが崩れてしまいます。

三つボタンスーツのボタンの留め方は一番下を留めないのがマナー

スーツには二つボタンが多いですが一番下のボタンを外した状態で着るのがスーツの着方の基本でもあります。

スーツのジャケットは一番下のボタンを外した状態で最もシルエットがきれいになるように作られています。あらたまった場であっても一番下のボタンをとめるということはありません。
タキシードやモーニングといったフォーマルな衣装にはジャケットのボタンは最初から一つしかついていません。

三つボタンのスーツであっても、一番下のボタンについては同じになります。三つあるボタンのうち真ん中だけ、または一番上と真ん中のボタンだけをとめて着ます。三つボタンのスーツは着るとスリムなイメージになりますが、一番下のボタンは常に外した状態にしてください。一番下のボタンまで無理にとめてしまうと、ジャケットに変なシワがよったり窮屈になってしまいます。

カジュアル向けの三つボタンスーツでは留め方が異なる

ビジネス向けの三つボタンスーツの場合は一番下のボタンは外しておきますが、カジュアルなデザインのスーツの場合はボタンは全てとめた方が良い場合もあります。このようなカジュアルなスーツはデザインに凝っていて個性的に印象になります。三つボタンのジャケットの場合はボタンを全てとめることを前提に作られている場合も多いです。ボタンをとめた方がシルエットがキレイになり、デザイン性を損なわないで着ることができます。

モッズスーツの場合は三つボタン、またはそれ以上ボタンがついているものもありますが、ボタンは全て留めてください。細身のシルエットが際立ち、モッズスーツならではの着こなしをすることができます。

カジュアル向けに作られているジャケットもまた、ボタンは全て留めて着ても構いません。

全てのボタンを留めても窮屈にならないように作られていて、ビジネスとは違った雰囲気を出すことができます。カジュアルなスーツならマナーにこだわらず、自由な着こなしを楽しむことができます。

二つボタンスーツと三つボタンスーツの違いを解説

ビジネススーツには二つボタンと三つボタンがありますが、着用する場面にそれほど違いはありません。

一般的には二つボタンの方がメジャーではありますが、三つボタンがビジネスに向かないとかマナー違反という心配はしなくても大丈夫です。
ただし、フォーマルスーツのボタンが1つであることを考えると、あらたまった場所や重要な場面においては三つボタンよりも二つボタンのスーツを選んだほうが無難かもしれません。三つボタンを見慣れない人にとっては違和感を感じることも考慮しておきましょう。三つボタンスーツは細身のシルエットでおしゃれな印象がありますので、二つボタンのスーツと使い分けて、シーンを選んで着ることをおすすめします。

三つボタンのスーツは二つボタンに比べると襟の部分が詰まっているため、ネクタイが見える範囲も少なくなります。ジャケットとのバランス、シャツとのバランスを考えてコーディネートしてください。シャツが見える部分も狭くなるので、凝った柄や派手なカラーのシャツを着たいというときにはおすすめです。

ボタンの留め方ひとつでスーツの着こなしがおしゃれに見える

ビジネススーツは単に仕事をするための服装ではありません。スーツの着こなしひとつで、その人の性格や信頼感まで左右すると言っても過言ではないでしょう。スーツを着ていてもどこかだらしない印象がある人は、仕事においてもルーズに見えてしまいますよね。スーツをきちんと着ている人はそれだけで堅い印象となり信頼感を持たれます。

スーツは体型に合ったサイズであること、シワや汚れがない清潔感が感じられることも大切ですが、スーツを正しく着ることも重要です。

スーツのジャケットの一番下のボタンは、二つボタンであっても三つボタンの場合でも同じく外した状態にします。スーツを正しく着ると着心地がよく動きやすくなります。それと同時に姿勢もよくなり印象も違ってきます。

ビジネスにおいては見た目の第一印象も大切です。スーツのマナーを意識して常に正しく着るようにしましょう。