キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか?
スーツのジャケットのボタンの留め方はビジネスにおいてもマナーになるので、着る前に知っておくといいでしょう。

そこで、三つボタンスーツのボタンの留め方のマナーやおしゃれに着こなすコツなどお伝えしていきましょう。

二つボタンスーツと三つボタンスーツの違いがわかれば、スーツを選ぶときにも便利です。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。...

お客様にお詫びメールをする時は誠意が伝わる対応をしよう

仕事でミスをしてしまったら、逃げたくなってしまうこともあるでしょう。ですが、仕事にミスはつきもの...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点

大手の転職サイトでは、プロフィールを登録すると企業からオファーメールが届くシステムを導入しています。...

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

初めての転職なら未経験でも挑戦しやすい職種がおすすめ

突然ですが、現在の仕事に満足している人はどのくらいいると思いますか。実は社会人として働いてい...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

電話の「応対」と「対応」の違いと、正しい受け付け方

電話でお客様などとお話をする時のことを「電話応対」と呼んだり、「電話での対応」と言ったりすることがあ...

スーツのボタンは閉めないとダメ!女性のための着こなしマナー

女性が仕事でスーツを着るときはボタンを閉めないといけないことを知っていますか?男性の場合は一...

受付の対応で感じが良いと思ってもらえるマナー

受付は、会社の顔とも言える場所です。その時に間違った対応をしてしまうと、来社したお客様や、そのお...

電話が嫌いな女性でも克服できる!今日からやるべき対策を紹介

電話が嫌いな女性でも仕事をしていると電話対応をしなければならないことがあります。できるだけ受けた...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。...

スポンサーリンク

三つボタンのシングルスーツのボタンの留め方を紹介

ビジネススーツのボタンは二つボタンが多いですが、三つボタンのスーツはまたシルエットが変わるので新鮮な感じがします。引き締まったシャープなスタイルはオシャレに見えますよね。ビジネススーツの着方にはマナーがあるので、ジャケットのボタンの数が変わるとまたマナーが心配になることでしょう。

三つボタンのジャケットには2つのパターンがあります。

ひとつは二つボタンのジャケットにボタンがもう一つ増えたタイプ、もうひとつは一番上のボタンがジャケットの襟の裏側についているタイプです。

ボタンが増えただけのタイプなら、スーツを着た時には一番上のボタンと二つ目のボタンをとめてください。一番下のボタンだけを外した状態にします。一番上のボタンが襟の裏の部分についている場合は一番上のボタンはとめなくてもよいです。三つボタンがあるうち、二つめのボタンだけをとめて着てください。ボタンが襟の裏側についているため、このボタンをめてしまうとシルエットが崩れてしまいます。

三つボタンスーツのボタンの留め方は一番下を留めないのがマナー

スーツには二つボタンが多いですが一番下のボタンを外した状態で着るのがスーツの着方の基本でもあります。

スーツのジャケットは一番下のボタンを外した状態で最もシルエットがきれいになるように作られています。あらたまった場であっても一番下のボタンをとめるということはありません。
タキシードやモーニングといったフォーマルな衣装にはジャケットのボタンは最初から一つしかついていません。

三つボタンのスーツであっても、一番下のボタンについては同じになります。三つあるボタンのうち真ん中だけ、または一番上と真ん中のボタンだけをとめて着ます。三つボタンのスーツは着るとスリムなイメージになりますが、一番下のボタンは常に外した状態にしてください。一番下のボタンまで無理にとめてしまうと、ジャケットに変なシワがよったり窮屈になってしまいます。

カジュアル向けの三つボタンスーツでは留め方が異なる

ビジネス向けの三つボタンスーツの場合は一番下のボタンは外しておきますが、カジュアルなデザインのスーツの場合はボタンは全てとめた方が良い場合もあります。このようなカジュアルなスーツはデザインに凝っていて個性的に印象になります。三つボタンのジャケットの場合はボタンを全てとめることを前提に作られている場合も多いです。ボタンをとめた方がシルエットがキレイになり、デザイン性を損なわないで着ることができます。

モッズスーツの場合は三つボタン、またはそれ以上ボタンがついているものもありますが、ボタンは全て留めてください。細身のシルエットが際立ち、モッズスーツならではの着こなしをすることができます。

カジュアル向けに作られているジャケットもまた、ボタンは全て留めて着ても構いません。

全てのボタンを留めても窮屈にならないように作られていて、ビジネスとは違った雰囲気を出すことができます。カジュアルなスーツならマナーにこだわらず、自由な着こなしを楽しむことができます。

二つボタンスーツと三つボタンスーツの違いを解説

ビジネススーツには二つボタンと三つボタンがありますが、着用する場面にそれほど違いはありません。

一般的には二つボタンの方がメジャーではありますが、三つボタンがビジネスに向かないとかマナー違反という心配はしなくても大丈夫です。
ただし、フォーマルスーツのボタンが1つであることを考えると、あらたまった場所や重要な場面においては三つボタンよりも二つボタンのスーツを選んだほうが無難かもしれません。三つボタンを見慣れない人にとっては違和感を感じることも考慮しておきましょう。三つボタンスーツは細身のシルエットでおしゃれな印象がありますので、二つボタンのスーツと使い分けて、シーンを選んで着ることをおすすめします。

三つボタンのスーツは二つボタンに比べると襟の部分が詰まっているため、ネクタイが見える範囲も少なくなります。ジャケットとのバランス、シャツとのバランスを考えてコーディネートしてください。シャツが見える部分も狭くなるので、凝った柄や派手なカラーのシャツを着たいというときにはおすすめです。

ボタンの留め方ひとつでスーツの着こなしがおしゃれに見える

ビジネススーツは単に仕事をするための服装ではありません。スーツの着こなしひとつで、その人の性格や信頼感まで左右すると言っても過言ではないでしょう。スーツを着ていてもどこかだらしない印象がある人は、仕事においてもルーズに見えてしまいますよね。スーツをきちんと着ている人はそれだけで堅い印象となり信頼感を持たれます。

スーツは体型に合ったサイズであること、シワや汚れがない清潔感が感じられることも大切ですが、スーツを正しく着ることも重要です。

スーツのジャケットの一番下のボタンは、二つボタンであっても三つボタンの場合でも同じく外した状態にします。スーツを正しく着ると着心地がよく動きやすくなります。それと同時に姿勢もよくなり印象も違ってきます。

ビジネスにおいては見た目の第一印象も大切です。スーツのマナーを意識して常に正しく着るようにしましょう。