キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

ジャケットの袖丈が長い時の対処方法とジャストなサイズについて

ジャケットの袖丈が長いとどのような印象を与えてしまうのでしょうか。清潔感があっても、サイズが合っていなければだらしない印象を与えてしまいます。

ビジネスシーンで着用するジャケットの袖丈のベストな長さとは?

着せられている感が出てしまうのは、このようなポイントがずれているせいかもしてません。ジャケットの適正な袖丈やチェック方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキ...

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

電話が怖い【仕事編】克服するためにすぐに取り入れたいコツ

電話はどの仕事でも必要な業務のひとつ。電話が苦手で怖いという人も仕事で電話応対をしなければならないこ...

ネット販売は手軽?副業としてネット販売を行うために必要な知識

ネット販売はお家にいて商売が成り立ち、手軽な感覚があります。そのため副業としてネット販売を考える方も...

事務仕事を効率的にこなすコツと事務仕事は本当に楽なのかについて

事務は結婚後も続けられる、子育てしながらでも働きやすい、楽そうなどの理由から女性の間で人気な職業です...

異動したい時のやり方や、願いが通らなかった時の退職の仕方

働いている中で、今所属している部署が自分に合わなかったり、事務から営業など、別の担当に変わりたいとい...

在宅勤務として募集の多い職種や在宅勤務のメリット・デメリット

育児や親の介護など、在宅で働きたいという方も多いと思います。本当は今の会社で働き続けたいという気持ち...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

転職【スキル】自信がない人でも成功できるポイントを紹介

転職がしたいけどスキルに自信がないからと立ち止まっていませんか? 自分では気が付かないだけであなた...

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います...

電話の「応対」と「対応」の違いと、正しい受け付け方

電話でお客様などとお話をする時のことを「電話応対」と呼んだり、「電話での対応」と言ったりすることがあ...

名刺交換のやり方の基本とスマートに見える名刺交換のマナー

社会人として身に付けておきたいのが、名刺交換のマナーです。名刺交換は、会社と自分を知ってもらうための...

製薬会社に研究職で入社した場合の年収の相場と給料が高い理由

製薬会社の年収は他の一般的企業と比べると高いと耳にしますが、実際にはどうなのでしょうか? 自分...

プログラミングバイトは未経験でもOKだが向き不向きがある仕事

プログラミングのバイト募集の中には「未経験OK」と載せている会社もありますが、本当に未経験でも仕...

スポンサーリンク

ジャケットの袖丈の基準とは?長いとルーズな印象を与えてしまいます

ジャケットの袖丈は短くても長くても見た目が悪くなります。特にビジネスシーンで着るスーツのジャケットは適切な長さにしないとだらしない印象になってしまいます。

ジャケットの袖丈は腕を自然な感じでおろした状態で長さを確認

親指の先から11センチくらいのところに袖丈がくるのが適切な長さです。スーツの場合はジャケットの袖から中に着たシャツの袖が1センチもしくは1.5センチ出るくらいがちょうど良い長さになります。

ジャケットの袖丈を確かめるときは、ワイシャツを着た上でジャケットを着るようにしてください。

ジャケットとシャツのバランスをみることもできますし、中に着た服の厚みによって袖丈も違ってきます。

厚みのある服を着ると袖丈は短めになり、薄いものを着た場合は袖丈が少し長めになります。ほんの少しの差ではありますが、スーツの場合だと見た目に影響が出る可能性もあります。

スーツはサイズがあっていることも大切

例えばスーツの袖丈が長いと、ジャケット自体が体のサイズよりも大きく見えてしまい、幼い印象になります。大きめの服を着た小さな子供をイメージしてもらうとわかりやすいでしょう。スーツのジャケットは必ず正しいサイズで着るようにしてください。

ジャケットの袖丈が長いかどうかの確認方法

ジャケットの袖丈が気になったとき、その場ですぐに確認する方法があります。腕を自然な感じでおろした状態で袖口を見てください。

袖から中にきた服の袖が1センチほど出ている状態が適切な長さ

2センチ以上出ている場合は袖丈が短すぎで、中に着た服の袖が全く見えない状態だとジャケットの袖丈が長すぎることになります。

手の甲を使って確認する方法もあります

手のひらを下に向け、床と平行になるように手首から曲げてください。このとき、ジャケットの袖口が手の甲に触れる程度の長さになるのが正しい袖丈です。
ジャケットの袖が手の甲に乗ってしまう場合は袖丈が長いということになります。

手の甲に触れない場合は袖丈が短すぎる証拠です。中に着たシャツもたくさん見えてしまい、見た目も悪くなります。

ジャケットの袖丈は長いとお直しが可能です

ジャケットの袖丈が長いのならお直しをしてください。ほんの少し長いという程度でも見た目はよくありません。

中に着たシャツが少し見える程度がジャケットの正しい袖丈

ジャケットの袖丈が1センチ長いだけでシャツが見えなくなってしまいます。

スーツは自分の体型に合わせて着ることが大切

パンツの丈やウエスト、ジャケットの身幅だけでなく、ジャケットの袖丈もぴったりのサイズで着るようにしましょう。

自分でジャケットの袖丈を確認してみても、正しい長さがよくわからないということもありますよね。そのような場合はお直しのお店の店員さんに見てもらうと良いでしょう。お直しの専門店には着替えるためのスペースがあり、その場で着替えてサイズ感を見てもらうことができます。ただ○センチ短くして欲しいと伝えるよりも、実際に着てプロに測ってもらう方が安心できますよね。

お直しの料金はお店によって違う

ジャケットの袖丈を詰めるだけなら3,000円程度を目安にすると良いでしょう。ジャケットのデザインによっては袖口を詰めることが難しく、肩で調整することもあります。その場合はまた料金が変わってきます。

袖丈が長いのなら詰めることは可能ですが、短い場合は生地が足りないため長くすることは難しくなります。袖口に生地の余裕があったり、または生地を新たに足すことで長くすることができる場合もあります。1センチくらいなら袖丈を長くすることができることも多いので、お直しのお店で相談してみると良いでしょう。

ジャケットの袖丈が長いときに自分で対処する方法

ジャケットの袖丈を応急処置したいということもありますよね。すぐに着たいため、お直しに出している余裕がないということもあるでしょう。
そんな場合は自分で簡単に対処する方法があります。

手芸店の裾上げテープで調整可

100円ショップでも買うことができます。裾上げテープはズボンの丈を短くしたいときに裾に取り付けて使うためのものです。このテープをジャケットに使って応急処置をしましょう。

  1. ジャケットを裏返しにして袖口の部分をアイロン台の上に乗せてください。
  2. 袖口の長い部分を折り返して丁度良い長さにしたら、上からアイロンをかけて折り目をつけます。
  3. アイロンをあてるときはジャケットの上にあて布をしてください。
  4. 裾上げテープを袖口周りの長さに切ります。
  5. 袖口の折り返した中に裾上げテープを置き、再び袖の上からアイロンを押し当てて生地をくっつけたら完成です。

裾上げテープはあくまでも応急処置です。

裾上げテープの中には洗濯やクリーニングでも剥がれない強力なタイプもありますが、袖口の裏側とはいえふとした時に見えてしまう可能性もあります。みっともないので、時間に余裕ができたときにお直しをするようにしましょう。

ジャケットのデザインによっては袖口にボタンがついているものもあります。

ボタンの位置のバランスが悪くなったり、ボタンがあるために裾上げテープで応急処置ができないこともあります。

ジャケットは前もって試着をし、袖丈やサイズ感を確かめておくようにしましょう。

コートの袖丈はジャケットより長いものが理想

スーツのジャケットの袖丈なら中に着たシャツよりも少し短めにしますが、コートの場合はまた違ってきます。ジャケットならお直しをして適切な長さにするけれど、コートの場合はそれほど気にしないという人も多いでしょう。

コートはアウターのため屋内に入ると脱ぐことが多いです。ですが、コートにも適切な袖丈の長さがあります。袖丈が合っていないとバランスが悪く見えるのは当然です。格好良いシルエットに着こなすためにも、コートの袖丈の適切な長さを知っておきましょう。

コートの袖丈は中にきた衣服の袖口が完全に隠れるくらいの長さ

ジャケットの場合だと中に着たシャツよりも少し短めの袖丈になります。

このシャツの袖丈が隠れるくらいの長さになります。つまり、手の甲の1/3程度が隠れるくらいの長さにしてください。また、腕を曲げたときに中に着た衣服の袖口が見えないようにします。

コートの袖丈が長すぎると野暮ったくなったり、幼く見えることもあります。袖丈が短いと着ていて窮屈ですし、いかにもサイズが合っていない感じがして見た目のバランスが悪くなります。ジャケットもコートも自分に合ったサイズで着るようにしましょう。袖丈の長さが合っていないのなら、お直しをして適切な長さにしてくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/jobkojobo.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666