キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

名刺交換のやり方の基本とスマートに見える名刺交換のマナー

社会人として身に付けておきたいのが、名刺交換のマナーです。名刺交換は、会社と自分を知ってもらうためのものだけではなく、相手の方からは受け渡しのマナーもチェックされています。
そこで、名刺交換のやり方の基本の流れや、複数いる場合の交換の順番など、社会人として身に付けておくべきマナーをご紹介します。
また、名刺交換で困った時のスムーズな対応についてもご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスで大切な電話のマナー、電話の受け方かけ方を解説

ビジネスマナーとしてぜひ覚えておきたいのが電話のマナー。電話対応が悪いと、会社の信用問題にも...

今の仕事に満足していないけれど、転職しない人の理由

あなたのパートナーが今の仕事に満足していない時、あなたはどうしますか?パートナーの気持ちを優先し...

男性が床屋に行く頻度とは?2ヶ月に1回は行くべきです

男性の床屋に行く頻度はどのくらいなのでしょうか。なんとなく伸びてきたなというときには、すでに遅いのか...

ジャケットの袖丈が長い時の対処方法とジャストなサイズについて

ジャケットの袖丈が長いとどのような印象を与えてしまうのでしょうか。清潔感があっても、サイズが合っ...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

スーツのボタンは閉めないとダメ!女性のための着こなしマナー

女性が仕事でスーツを着るときはボタンを閉めないといけないことを知っていますか?男性の場合は一...

公益財団法人の就職が難しい理由とは?求人を探す方法もご紹介

公益財団法人は非営利組織なので、一般企業のようにノルマに追われることがないことから就職先として人気が...

電話の「応対」と「対応」の違いと、正しい受け付け方

電話でお客様などとお話をする時のことを「電話応対」と呼んだり、「電話での対応」と言ったりすることがあ...

転職祝いをメールで贈るポイント!注意点やビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいては転職をする上司や先輩などにお祝いのメッセージをメールで贈る場合があります。お世話に...

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか?スーツのジャケットのボタ...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

ビジネスパーティーに出席する時の女性の服装選びとマナー

会社主催の祝賀会や式典を行うビジネスパーティーに出席する時には、服装のマナーも大切です。個人的なパー...

電話が嫌いな女性でも克服できる!今日からやるべき対策を紹介

電話が嫌いな女性でも仕事をしていると電話対応をしなければならないことがあります。できるだけ受けた...

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキ...

スポンサーリンク

名刺交換をスムーズに行うためのやり方の基本

名刺交換は、出会ってすぐに始まる場合は少なく、少し相手同士が雑談などして空気が和んだところで始まることが多いです。なんとなくこれから名刺交換が始まるなというタイミングがありますので注意して場を伺いましょう。
もちろん、世間話をしている最中に一人で名刺入れを出したりすると相手に失礼になりますから、タイミングを読んで名刺を用意しなければなりません。相手が名刺入れを出そうとしている時が名刺交換のタイミングとなりますので、タイミングを逃さないように相手の手元にも注意を向けておきましょう。

名刺をもたもた用意するのは相手を待たせる事になりますから、スマートに名刺交換ができるように、名刺入れの場所を確認してしっかりと取り出せるように意識しておく事が大事です。

名刺交換する時は、相手との距離や、名刺の差し出す高さ、名刺入れの持ち方などを把握しておく必要があります。

何度か一人で練習してから、家族や友人などを相手に練習してみるとよいでしょう。
また、動画などもありますから、名刺交換について動画などで確認するとよりわかりやすいです。

複数いる場合の名刺交換のやり方は順番に注意

複数で名刺交換を行う場合、全員が一斉に立ち上がり名刺交換を行います。

名刺交換を行う順番は目上の人から行います。
一人が相手先の人に順番に渡していきます。また、会社を訪れた人から名刺交換を始めるのがマナーです。
訪問された側の人はその名刺を貰うことから始まります。
しかし、このマナーを理解していない人も多く、訪問したのに相手から先に名刺を差し出されることもありますので、その場合によって穏便に済ますようにしましょう。

複数で名刺交換を行う場合は、人数がいればいるほど時間がかかってしまいますが、交換が終わるまできちんと立ち、見守るのがマナーです。
途中で声を掛けたりするなどの場を壊すようなことは避けましょう。

また、複数の名刺を貰うわけですから一枚貰ってそのままにしておくと次の人から名刺を貰う時に名刺の上に名刺を重ねる格好になってしまいマナー違反になります。

相手に失礼になるので、複数での名刺交換の場合は名刺を受け取ったら一度名刺入れに挟んで隠してもらうか、名刺入れの下に持ち替えて次の人の名刺を受け取るようにしましょう。

名刺交換のやり方で印象が悪くなってしまうNGなマナー

座る事を前提にした名刺交換では、相手から頂いた名刺はテーブルにしっかりと出して相手と話を進めていくようにしましょう。

すぐにしまうのはマナー違反です。
また、名刺を受け取る時は、相手の名前や会社のロゴなどに手が掛かってしまうのも印象がよくありません。

名刺入れがない状態での相手との名刺の同時交換では、相手と同じ動作をお互いにしてスムーズに交換しなければなりません。
自分がもたもたすると相手ももたついてしまい恥ずかしい思いをさせてしまいます。

お互いの名刺が向き合っている状態だと、先に受け取る側は訪問してきた側の人です。

相手がどちら側から名刺に手を伸ばすかによって、自分は反対側の手で相手の名刺を掴みます。相手が自分の名刺を完全に掴んだら自分も相手の名刺を反対の空いた手で掴みましょう。

名刺の交換は色々な仕方があるので、様々な場合を想定して名刺交換の練習をしなければなりません。

ビジネスでは会社と自分を覚えてもらうために名刺交換が必要

相手と名刺交換は、担当が自分だと相手に知ってもらう為のものです。名刺交換する事で、相手はあなたに連絡をしてくる事になるのです。
名刺を渡す事であなたの自己紹介が行われていると思って、丁寧に失礼のないように渡すようにしましょう。

また、名刺交換は上司も一緒に同席する事も多く、マナーをしっかりと見られている場合があり、相手先に上司が恥をかく場合もあるのです。
名刺交換は研修でもしっかりと学ぶ事ではありますが、なんとなくで覚えておかず家でも練習しておく必要があるでしょう。

始めのうちは失敗しても仕方がありませんが、自己紹介も兼ねた名刺交換です。
失敗したイメージが相手にしっかりと残ってしまいますから、出来るだけスマートに行えるようにしておきたいですね。

名刺交換で困った時をスマートに乗り切るテクニック

名刺交換の時によくあるパータンで、名刺ケース持ってきたと思っていたのに忘れていた場合、正直に言ってしまうと相手に良い印象を与えない場合があります。

そんな時は、名刺を切らしてしまっていた事を相手に伝え、後日名刺を郵送するなどの手配をしましょう。
もし、資料を送るなどの用事がある場合は一緒にお詫びの手紙と名刺も送ると相手にしっかりと名前を覚えてもらえるはずです。

名刺は出すタイミングを逃すと自分の方が先に出さなければならなっかたのに。と後悔したり、気まずくなったりしますが、遅れて名刺を出す時は、一言添えて「申し遅れました」を付けたすようにしましょう。
また、先に名刺を差し出された場合は、頂戴しますと言ってからまず相手の名刺を受けとり、次に一言添えて自分の名刺を手渡しましょう。

名刺交換の際は手元にも目が行きますので爪や手元のお手入れもしておきましょう。
特に親指の爪には視線がいってしまいます。
自分でも名刺交換の時に相手の爪が気になったりしませんか。
爪が伸びすぎていると身だしなみが整っていない印象を与えてしまいますから、相手を見て気が付いた点は自分でも気を付けてみるとよいでしょう。