キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけないなど基準がわかりにくいですよね。

基本は「清潔感」になります。その他に、実用性のあるものを選ぶことで仕事のしやすい服装を選ぶといいでしょう。

営業ならではのこだわりたいポイントとは?営業ウーマンの服装の選び方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

人材の育成やマネジメントに必要なスキルとは?ポイントを紹介

人材の育成とマネジメントを両立するにはどうしたらいいのでしょうか。入社3年目以降になると、自分のスキ...

お客様にお詫びメールをする時は誠意が伝わる対応をしよう

仕事でミスをしてしまったら、逃げたくなってしまうこともあるでしょう。ですが、仕事にミスはつきもの...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

名刺交換の挨拶で印象は決まる!ビジネスにおける基本マナー

名刺交換の挨拶はビジネスにおいて欠かせないものです。これから名刺交換をするようになるという新入社...

学校のカウンセラーになるには?こんな資格があると有利

学校のカウンセラーになるにはどのような資格を持っていると有利なのでしょうか。とくに有利と言わ...

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

自己PRの書き方や面接でのアピールの仕方とは?高校生の就職

高校生が就職を希望する場合は、どのような自己PRをしたらいいのでしょうか。高校生はスキル...

東京都と特別区の違いは?2つで迷っているあなたへアドバイス

公務員を目指している方の中には、東京都採用か特別区採用かで迷っている方もいるのではないでしょうか。...

電話応対の方法は?担当者が出張中の場合の正しい対応の流れ

担当者が出張中で不在の場合、その人宛にかかってきた電話をどのように取ればいいのか悩む人もいるのではな...

営業で稼げると注目の業界とは。年収をアップさせる企業選び

営業職と言えば、他の職種よりも高収入のイメージを持つ方も多いと思います。もともと営業の仕事が好きで、...

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

社会人のマナーである服装選びで気をつけたいポイントを紹介

社会人のマナーとして服装にはどんなことを気をつけたらいいのでしょうか?これまで学生の間はいつ...

スポンサーリンク

営業ウーマンの服装のポイント

営業ウーマンの基本的な服装は、スーツです。

ジャケットとボトムスを別々に選んでコーディネートする方法もありますが、最初は上下セットの「スーツ」として販売している物を買えば間違いありません。

営業の場合は目立つことやおしゃれさよりも重視したいのは清潔感です。

当然ながらスーツやインナーのシミシワ、ほつれ等に注意しましょう。

インナーはブラウスでも襟のないカットソーでも構いませんが、胸元が広く開いているデザインは避けてください。色は白や淡いピンクや水色等の爽やかさのある色をベースにします。

スーツの色やデザインは、クリエイティブ系など業種によってはおしゃれさも重要視されますが、そうじゃない場合はぱっと見で目立つのは避けて、ベーシックなスタイルにした方が良いでしょう。

黒、ネイビー、グレーのベーシックカラーから選び、ノーカラー以外から選びます。冬なら地味目のチェック柄も暖かみや季節感を感じますが、基本は無地かピンストライプのほうが無難です。

男性の多い環境だと女性というだけでなめられてしまうこともあります。おしゃれなデザインは自分のやる気に繋がりますが、営業ウーマンにとって一番必要なのは、頼りがいを感じてもらえることや信頼してもらえる事どうかではないでしょうか。服装選びは自分的にどうかではなく、他人から見てどう見えるかをポイントにしましょう。

営業ウーマンの服装は実用性のあるものがおすすめ

営業ウーマンの服装は常にスーツが基本です。そのため、色々と実用性や機能性のあるスーツやインナーを選ぶようにしましょう。

スーツはスカートとパンツがありますが、会社で推奨しているスタイルがないならどちらでも構いません。ただし、スカートは動きに制限が出てしまう事があるため、取り扱う商品や営業先によってはパンツスーツの方が良い場合や、スカートのデザインに気を付けなければいけないこともあります。

スカートならタイトスカートを基本にしますが、膝が隠れる位の丈を選びます。スリットが入っていると動きやすいですが、スリットの終わりの位置が上過ぎないかもチェックしましょう。

営業で外回りが多かったり、緊張の場面が多いと汗をかくシーンも多くなります。インナーは特に吸湿速乾の機能性の高い物を選ぶと良いでしょう。

スーツの素材は、ストレッチ素材だと着ていて楽で動きやすいです。更に自宅で洗えるものだと、小まめに洗うことが出来てクリーニング代を節約できます。

営業ウーマンに欠かせないアイテムと言えば、名刺です。ジャケットやボトムスにはポケットの多い物を選ぶようにしましょう。
また、レディースはポケットがあっても飾りのように小さい場合もあるので、名刺入れやスマホ等が入る大きさかサッと出し入れできるサイズかチェックしてください。

営業ウーマンの服装を選ぶときにこだわりたいところ

営業ウーマンはTPOや周囲と合わせることが重要です。

スーツはベーシックカラーが良いとご説明しましたが、ベーシックカラーだとTPOや状況に合わせて選びやすく浮きにくいです。

男性はダーク系のスーツが基本ですが、男性の多い場面にベージュのスーツは結構目立ちます。

実は最初にお勧めしたスーツの色にベージュは含めていませんでした。ベージュのスーツはお祝いのシーンに着るなら華やかで良いですが、どんな状況でも対応できるほどのオールマイティな色ではありません。

営業だと謝罪に行かなければいけない事や、説得力を醸し出したい時がありますが、そういう時にダーク系のスーツに比べるとベージュは軽く見えてしまいます。

また、服装に関して男性目線と女性目線では差があります。女性にとってはちょっとしたおしゃれで馴染んでいるつもりでも、男性からすると「仕事着として相応しくない」と思われてしまう事があります。

信頼関係が大切な営業職は、無難すぎる位で丁度いいでしょう。

なお、毎日着る服なので、意外と消耗します。奮発して買ったスーツがダメになると勿体ない気がしますが、ほつれやくたびれた服を着続けることは出来ません。安っぽくないけど安いスーツなら、ダメになったときにためらいなく買い替え出来るでしょう。

営業ウーマンのスーツは何着必要?セットアップは着回しできます

営業ウーマンの制服ともいえるスーツは、そのほかの服に比べると高いのでそんなに沢山買う事が出来ないという人もいるでしょう。

営業ウーマンにスーツが何着必要かどうかは、仕事の仕方によっても違います。

例えば、毎日外回りがある人と週1~2回の人では必要な枚数も違うでしょう。

他の服よりも特徴がないので毎日同じ服でも気になりにくく制服化しやすいスーツですが、洗い替えも考慮すると最低でも3セットは欲しい所です。

スーツはジャケットとボトムスで違うデザインを組み合わせて着ることも出来ます。そのため、少ないセット数でもコーディネート数は10通り位にすることも出来ます。1つのジャケットにスカートとパンツの両方がセットになっているスーツならもっとコーディネート数が増やせます。

ただし、上下セットで売っているスーツを別々に組み合わせて着る場合は、どんなデザインでも合うとは限りません。生地の素材感や色の組み合わせによっては変になってしまうこともあるので、注意してください。
グレーと黒のスーツは上下をばらばらに組み合わせても馴染みやすいです。

営業ウーマンの服装に合う靴とは?選ぶコツ

歩くことの多い営業ウーマンは靴選びも重要です。

まずは、何よりも歩いていて痛くない、出来るだけ疲れない靴であることです。沢山歩く営業ウーマンの場合は、あっという間に靴がダメになってしまうので、高価な靴ではなく手ごろな値段の靴を探しましょう。

履き心地が良くてもペタンコのパンプスは基本的にはNGです。

ビジネスマナーから言うと、女性はヒールのあるパンプスがベストです。

ペタンコはダメですが高すぎるヒールも動きにくくビジネスの場にはふさわしくありません。

背が高い営業ウーマンで、取引先に背の低い男性がいる場合は、ヒールの高さも考慮すると良いでしょう。

なお、靴は最低2足用意しましょう。どんなスーツにも、どんな場所にも履いて行けるようなシンプルで履き心地の良い靴にします。
毎日同じ靴を履くと、靴の中がしっかり乾燥する間がないので、1日置きに履くのがベストです。

この2足に加えて、勝負の日に気合が入りやすい靴等もあると気分転換になって良いでしょう。

名刺交換の際など、靴は結構見られる場所です。汚れや傷がないようにお手入れもしっかりしましょう。