キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

社会人のマナーである服装選びで気をつけたいポイントを紹介

社会人のマナーとして服装にはどんなことを気をつけたらいいのでしょうか?
これまで学生の間はいつも自由に好きな服装を選ぶことができましたが、社会人になれば組織の決まりに従わなければいけません。

そこで、働く社会人が服装のマナーで気をつけたいポイントについてお伝えしていきましょう。

男性、女性によっても身だしなみで確認したいポイントがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスにおけるマナー、食事の際に気をつけるポイント

ビジネスマナーには、身だしなみや挨拶の仕方などがありますが、その中でも忘れてはいけないのが、食事のマ...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

名刺交換のやり方の基本とスマートに見える名刺交換のマナー

社会人として身に付けておきたいのが、名刺交換のマナーです。名刺交換は、会社と自分を知ってもらうための...

今の仕事に満足していないけれど、転職しない人の理由

あなたのパートナーが今の仕事に満足していない時、あなたはどうしますか?パートナーの気持ちを優先し...

公益財団法人の就職が難しい理由とは?求人を探す方法もご紹介

公益財団法人は非営利組織なので、一般企業のようにノルマに追われることがないことから就職先として人気が...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気が...

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。管理職になることであなたにふりか...

ネット販売は手軽?副業としてネット販売を行うために必要な知識

ネット販売はお家にいて商売が成り立ち、手軽な感覚があります。そのため副業としてネット販売を考える方も...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

会社を辞めることを相談したいなら、相手をしっかり選ぼう

仕事をしていく上で、誰でも楽しく意欲を持って働けているわけではありません。心や体に限界を感じた時...

仕事中に眠いときの対処法!睡魔を撃退するために出来ること

仕事中に急激な睡魔に襲われ、眠いのを我慢しながら仕事をすることもあります。眠いとなかなか仕事がはかど...

スポンサーリンク

社会人のマナーとして服装の選び方や身だしなみは大切

学生の頃の服装なら、どんなに奇抜なファッションでも個性として見てもらうことができます。ですが、社会人ともなると服装はその人自身をあらわす鏡とも言えるでしょう。服装は第一印象にもなるため、どんな服をどのように着こなしているか、身だしなみはとても重要です。

スーツがヨレヨレでボタンを開けっ放しの印象

ネクタイをきちんと締めず靴も汚れていたら、どんな人と思うでしょうか。だらしなくてルーズな人と見えて、どんなに真面目な性格であっても内面がわかるまでは信用できませんよね。

派手な色や柄のスーツの印象

ファッション業界では評価されても、一般企業では場違いな感じになってしまいます。
社会人になると、服装ひとつで信頼感、性格まで判断されてしまうことがあります。

きちんとした服装をし、常に身だしなみを整えると好印象になり、最初から相手の態度も違ってくることも多いです。

働く社会人が服装のマナーで気をつけたいポイント

服装は第一印象を左右するもので、その人自身をあらわすものでもあります。

社会人にもなると服装にもマナーを意識してください。
服装はTPOに合わせて選ぶことが大切です。

ビジネスやあらたまった場ではそれなりの服装をしないと相手に失礼になります

スーツが必要な場面ではスーツ、もしくはスーツと格を揃えた服装をしてください。スーツにもビジネス感が強い着こなしと、結婚式やパーのようなフォーマル感のある着こなしが必要なときがあります。

同じスーツでもTPOに合わせて着こなし方を工夫してください。

仕事でスーツを着る人にとってはスーツはとても身近な存在です。

毎日スーツを着ていると、スーツに合わせるシャツやネクタイもマンネリ化して適当な着こなしになってはいませんか。スーツは本来、きちんとした場面で着るときの服装です。

スーツは決して着崩したりはしないで、正しく着ることが基本です。
スーツの場合はサイズ感も重視してください。サイズがあっていなだけでせっかくのスーツスタイルでもだらしない印象になります。

カジュアルな服装で仕事をしている人も、オフィスにふさわしいかどうかを意識して服装を選びましょう。普段着っぽくならないようにし、きちんとした印象で清潔感のある服装がのぞましくなります。

私服の場合は自由度が高いため、オフィスの服装もバラバラです。カジュアルな感じが強い人もいれば、スーツに近いスタイルの人もいます。ついついラクな服装になってしまいがちなので、仕事で着る服装選びはきちんと感を意識しながら選ぶようにしましょう。

社会人男性の服装のマナーは清潔感があるかを確認すること

社会人の男性で気をつけたいのが清潔感

特にファッションに興味のない男性の場合はスーツスタイルでもどこかに緩みが出てしまいがちです。
スーツやシャツに汚れやシミがないことはもちろん、形が崩れていないか、シワが残っていないかにも気をつけてください。パンツのセンタープレス、シャツのシワにも気を配っておきましょう。

特に胸元にあるネクタイは食べこぼしによるシミがついていたり、表面の生地が毛羽立っていることも多いです。顔の真下で目を引く場所にあるため気をつけるようにしましょう。

スーツを着用した後は必ず手入れをしておき、同じスーツを連日着ないことも大切です。

1日着用したスーツはたくさん汗を吸い込み、外気で汚れも付着しています。スーツを脱いだら洋服ブラシをかけ、ハンガーにかけて形を整えたら、そのまま一晩干しておいてください。ニオイが気になるときは衣類用の消臭スプレーも吹きかけておきましょう。

身だしなみには髪型も大切です。

ボサボサの髪、剃り残したひげがあると台無しです。外出前には必ず髪型をチェックし、伸びすぎる前にカットしてください。肌が乾燥する時期はスキンケアも行ってください。体臭が気になる人は制汗剤を使うなど、周りへの配慮もまた身だしなみの一つです。

社会人女性は好印象を与える控え目なメイクが理想的

女性の場合は普段から身だしなみに気をつけているという人も多いでしょう。

社会人の女性が気をつけたいのがメイクです。自分をよりよく見せたいと思うと、メイクもついつい濃くなってしまいがちです。また、流行の色やメイク法にも興味がありますよね。

仕事においてはナチュラルメイクの方が印象が良くなります

美容業界やファッション関係の仕事なら流行のメイクを取り入れることが必要でもありますが、それ以外のビジネスシーンにおいては濃いメイクは派手な印象を与える可能性が高くなります。流行の色やメイク法を取り入れたとしても、色が濃くならないように気をつけ、軽く薄めに仕上げるようにしましょう。

ナチュラルメイクで素肌感を出すように仕上げると、健康的で活発な印象を与えることができます。

女性のネイルにも気をつけましょう。

凝ったネイルは素敵ですが、ビジネスのシーンではよくありません。派手ではっきりとした色は避け、ピンクやベージュといった落ち着いた色を選んでください。丁寧に手入れされた指先にクリアのネイルの方が好印象になります。

社会人にとって服装や身だしなみも仕事の一部である

社会人になると、初めて会う機会も多くなります。

身だしなみは第一印象を左右するもの、服装によっては商談やこれからの仕事のしやすさにも影響を及ぼす

社会人の服装はセンスの良さよりも清潔感があるか、誠実に見えるかどうかが重要です。

あまりにだらしない服装、派手だったり浮わついて見える服装をしていたら、話すら聞いてもらえないということもあります。服装はその人自身をあらわすだけでなく、会社を背負っていると思ってください。仕事が潤滑に進むためには服装も大切な要素のひとつです。

身だしなみが整っていると、それだけで信頼感を得られることもあります。オシャレの価値観は人によって違い、ある人にとっては流行を取り入れたオシャレであっても、それを良いと思わない人もいます。きちんとした服装というのは誰が見ても印象は同じでしょう。流行に敏感でオシャレが大好きであっても、社会人としての見た目を意識した服装を心がけてください。