キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

ビジネスパーティーに出席する時の女性の服装選びとマナー

会社主催の祝賀会や式典を行うビジネスパーティーに出席する時には、服装のマナーも大切です。個人的なパーティーではないので、やはりルールがあります。
そこで、ビジネスパーティーに出席する時の、女性におすすめの服装についてご紹介します。パーティーでは華やかさも大切です。また、バッグや靴についてもパーティーに相応しい物を準備しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

欠席をお詫びする場合のメールは当日連絡は控えましょう

社会人になると、社内の同僚や上司と食事に行く機会もあると思います。それだけではなく、取引先の相手...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

夜勤の睡眠不足を解消するコツや上手な眠りのポイントを紹介

夜勤による睡眠不足に悩まされているあなた。夜勤がある職業の人は睡眠を取る時間がその日によって違うため...

異動したい時のやり方や、願いが通らなかった時の退職の仕方

働いている中で、今所属している部署が自分に合わなかったり、事務から営業など、別の担当に変わりたいとい...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

大切と大事の違いを知って正しく使って人と差をつけよう

「大切」と「大事」の違いを問われた時に、答えられない人がほとんどでしょう。話し手が、なんとな...

お家でも取得可能な資格や人気がある女性の就職に役立つ資格

就職をするときに業種によっては資格が必要であったり、資格が有利に働くことは少くありません。また再就職...

事務仕事を効率的にこなすコツと事務仕事は本当に楽なのかについて

事務は結婚後も続けられる、子育てしながらでも働きやすい、楽そうなどの理由から女性の間で人気な職業です...

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

公務員の女性の服装について選び方のポイントや注意点を紹介

公務員として働いている女性はどんな服装をするべきなのでしょう?これから公務員として働く予定の女性...

電話の「応対」と「対応」の違いと、正しい受け付け方

電話でお客様などとお話をする時のことを「電話応対」と呼んだり、「電話での対応」と言ったりすることがあ...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

転職【スキル】自信がない人でも成功できるポイントを紹介

転職がしたいけどスキルに自信がないからと立ち止まっていませんか?自分では気が付かないだけであなた...

スポンサーリンク

ビジネスパーティーでの服装はドレスコードを確認

ビジネスパーティーの服装を決めるとき、まず確認しておきたいのがドレスコードです。パーティーによってはドレスコードが設定されている場合もります。

ビジネスパーティーでドレスコードがある場合は一般的にセミフォーマルが多くなります。

ただし、格式の高いホテルなどで夜に行われるパーティーならドレスコードがフォーマルの場合もあります。その場合はビジネスパーティーであってもイブニングドレスが必要になることもあります。

ドレスコードがない場合もセミフォーマルの服装をしてください。

ビジネスパーティーならワンピースやアンサンブルなどが相応しい服装になります。

結婚式に出席するときの服装をイメージし、ビジネスという場を考えて派手になりすぎないようにすると良いでしょう。肌の露出も少なめにし、華やかさがありながらきちんとした感じも出すようにしてください。
服装に迷った場合は先輩に確認したり、同僚に相談して服装の格を合わせると良いでしょう。

ビジネスパーティーでドレスコードがない時の服装は準正装で

ビジネスパーティーにドレスコードがない場合もあります。

そのときは準礼装と考えてください。パーティーの服装はパーティーが行われる時間帯や会場も考えて決めることも必要です。

ビジネスパーティーにドレスコードがない場合は、ワンピースやアンサンブルを着用してください。

パーティーはお祝いの場でもありますので、ビジネスではあっても堅くなりすぎじ、華やかさの感じられる服装にします。
ピンクやアイボリーといった明るい色のワンピースにすると、明るく華やかな印象になります。黒や紺といったダークカラーならアクセサリーや着こなしに工夫して、パーティーらしさを上手に出してください。

ビジネスパーティーでフォーマルな服装をしたときは、ベージュの薄いストッキングを合わせてください。

カラータイツや派手な模様が入ったストッキングではなく、ビジネスという場をふまえて無地のごく普通のストッキングにします。ワンポイントや目立ちすぎない模様くらいなら大丈夫でしょう。
靴はヒールのあるパンプスを合わせます。ヒールの高さは5センチ前後を選び、高いヒールの靴を履き慣れていない人なら3センチくらいでも問題ありません。ヒールが高すぎると派手な印象になるので気をつけてください。

寒い時期であっても厚いタイツにブーツを履いたり、夏でも素足にサンダルはマナー違反になりますので注意しましょう。

日中のスーツの服装で出席する時には華やかさをプラス

日中の仕事で着ているスーツのまま、パーティーに出席する場合もありますよね。ビジネススーツだとパーティーには堅すぎたり地味な印象になってしまいます。ビジネススーツで出席するのなら、合わせるアイテムやアクセサリーに工夫してください。

例えば、日中の仕事のときはスーツの中にレギュラカラーのシンプルなシャツを着ているのなら、リボンなどの装飾がついたブラウスや、シフォンやシルクなどの華やかさのある素材のブラウスに着替えてください。

アクセサリーも仕事のときのものとは変えて、華やかさのあるものを選んでください。大ぶりのネックレスや存在感のあるイヤリングなど、ちょっと変えるだけでイメージが違ってきます。

ヘアスタイルで華やかさを出すこともできます。仕事では髪をまとめている人もビジネスパーティーでは髪をおろすだけで、いつもとは違うイメージになります。ストレートヘアの人なら毛先だけでもカールさせてみたり、ほんの少しの変化でもパーティーらしさを出すことができます。

ビジネスパーティーではパーティー用のバッグにチェンジ

仕事で使っているバッグをそのままパーティーでも使わないようにしましょう。

バッグはこぶりなパーティー用のバッグを用意してください。結婚式のようなフォーマルな場で使うバッグを選んでください。

荷物が多くなる場合は大きめのバッグを用意するよりも、パーティー用のバッグの他にサブバッグを用意すると良いでしょう。必要のない荷物はパーティー会場のクロークに預けたりロッカーにしまっておきます。

仕事が終わってから直接パーティー会場へ向かう場合も、パーティー用のバッグを用意しておき、パーティーが始まる前に必要最低限の荷物を移しかえておきます。ビジネスパーティーなのでお財布やスマホの他に名刺も持つことも忘れないでおきましょう。

靴もパーティーに相応しいものを忘れずに準備

ビシネスパーティーの服装に合わせて、靴も用意してください。

ワンピースやスーツにはヒールのあるパンプスを履きます。ヒールが高い方が脚がきれいに見え、全体のバランスも良くなりますが、ヒールが高すぎると派手な印象になってしまいます。ヒールは3~7センチくらいの間で、自分が歩きやすい高さを選んでください。普段よりも少し高めのヒールを選ぶと、いつもとイメージを変えることができます。

靴のデザインも大切です。夏にサンダル、冬にブーツを履くのはマナー違反になります。ヒールのあるパンプスを履き、ビジネスパーティーという場を意識したデザインを選んでください。
ストッキングは薄手の肌色を用意してください。夏の暑い時期でも生足はダメですし、寒いからといって厚いタイツもよくありません。肌に近い色の薄手のストッキングを履き、万が一伝線した場合のことも考えて予備を用意しておくと良いでしょう。

ビジネスパーティーに招待されて出席する場合は、会社のイメージを背負っていると考えてください。社会人としてのマナーのある装いや行動に気をつけながら、パーティーを楽しんでくださいね。