キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点

大手の転職サイトでは、プロフィールを登録すると企業からオファーメールが届くシステムを導入しています。
効率的に転職活動ができるメリットがありますが、場合によってはたくさんの企業からオファーが届くこともあるので、全てに返信するべきか、興味がある企業からオファーを受けた時はどう返信するべきかで悩みます。
転職サイトからオファーメールがきた時の返信方法と注意点についてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。ここでは、仕事のミ...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

スーツのボタンは閉めないとダメ!女性のための着こなしマナー

女性が仕事でスーツを着るときはボタンを閉めないといけないことを知っていますか?男性の場合は一...

働き方について考える。正規の雇用のメリットについて

お子様が小さなときにはパートで働いていても、小学生になってある程度手を離れるとフルタイムで働きたいと...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

食品工場の正社員がきついと感じることとやりがいを感じること

食品工場での正社員の募集を見て、働いてみたいけど、食品工場はきついと聞いたことがある、という方もいる...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

ビジネスにおけるマナー、食事の際に気をつけるポイント

ビジネスマナーには、身だしなみや挨拶の仕方などがありますが、その中でも忘れてはいけないのが、食事のマ...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

名刺交換のやり方の基本とスマートに見える名刺交換のマナー

社会人として身に付けておきたいのが、名刺交換のマナーです。名刺交換は、会社と自分を知ってもらうための...

受付の対応で感じが良いと思ってもらえるマナー

受付は、会社の顔とも言える場所です。その時に間違った対応をしてしまうと、来社したお客様や、そのお...

手紙の書き方【謝罪文のマナー】構成や注意点などポイントを紹介

手紙の書き方には謝罪を伝える手紙のマナーもあります。ビジネスにおいてお客様などへ謝罪する際に、電...

自己PRの書き方や面接でのアピールの仕方とは?高校生の就職

高校生が就職を希望する場合は、どのような自己PRをしたらいいのでしょうか。高校生はスキル...

仕事でのミスが怖い時の対処法、気持を切り替えるためにできること

誰でも仕事でミスをしてしまうのは怖いものです。一度仕事で大きなミスをしてしまうと、また同じミ...

スポンサーリンク

転職サイトからオファーのメールがきても興味がなければ返信はしなくても問題はない

転職サイトに登録してすぐは特にオファーメールが届きやすいです。

オファーメールが届くと、返信した方が良いのか無視しても良いのか分からないという人もいるでしょう。
返信をするかどうかはオファーの種類によります。

沢山のオファーが届くと、転職への自信に繋がりますが、そのオファーメールの中には、全然希望職種と違う物や未経験の業種、自分のスキルと合わない会社等もあります。これは、メールの内容を見れば自分だけに向けたメールの内容ではない事が分かりますが、最低限の条件をクリアしている人向けに広くオファーメールを送っているためです。

大量に届くオファーメールのほとんどは、残念ながらこの手のメールでしょう。この手のオファーは、言い方が悪いですが手あたり次第という感じなので、興味がない内容なら返信しなくて構いません。

逆に、今と同業種や同じ職種、自分が希望する条件に合う企業、自分のスキルが生かせそうな会社から、あなただけに宛てたオファーメールが届くこともあります。メールを読むと明らかに個人的にメールを送っていると分かる文面になっていたり、個人的に送られたメールだと分かるような表示がされているはずです。

個人的に送るメールは、転職サイトに登録されている経歴等から自分の会社が求める人物に近い人に送ります。会社は最初から経歴等を確認済みのため、書類選考をパスして面接が約束されたような物ですから、応募したいのであれば早めに返信しましょう。

また、転職サイトによってはサイトからメールが届く場合もありますが、転職の意欲を示すためにも早めに返信した方が良いでしょう。返信までの時間で意欲を判断されて、紹介量が変わってしまうケースがあるためです。

転職サイトからのオファーに返信をする前にチェックしたいこと

個人的に送られてくるオファーメールがあるとご紹介しましたが、このオファーメールはチャンスに繋がりやすいので、興味があれば返信しておくのをお勧めします。

もしも、個人的なオファーメールが届いて、その会社に興味があるのなら、早めに返信するのがお勧めです。

ただ、軽い気持ちでの返信は止めましょう。

個人的なオファーメールが届くという事は、書類選考をパスして面接にたどり着いているような物です。相手の会社もあなたに興味を持ち、期待をしているはずです。

軽い気持ちで返信して、後から「やっぱり辞退したい」となると面倒なことになりかねません。

興味があるなら早めに返信した方が良いですが、メールの内容や募集内容だけで判断しない方が良いでしょう。必ず会社の情報を自分でも調べてみて、それでも良さそうな会社だと思ってから返信するようにしてください。

インターネットで検索すると会社の口コミなどを見ることが出来ます。悪い意見ばかりが目立つ会社は少し考えた方が良いでしょう。

個人的なオファーであっても興味が無ければ、丁寧に返信する必要はありません。
ただ無視するのではなく、定型のお断りメッセージだけでも送る方が良いでしょう。

今は興味が無くても、今後何があるか分かりません。誠実な対応をしておいて損はないでしょう。

転職サイトから興味があるオファーメールがきた時の返信方法

転職サイトからのオファーメールで興味のある会社があったら、オファーメールの種類に限らず返信しましょう。

個人的なオファーメールであってもそうでなくても、オファーメールが届いたという事は、会社の求める人材とあなたの経歴がなにかしら引っ掛かりがあった可能性が高いです。

応募してみようと思うような興味のあるオファーメールに返信をすれば、転職が成功する可能性が高まります。

返信をするときは、無難な文面で返信したり、転職サイトが用意している定型文を使うのではなく、あなたの言葉でメールの文章を作りましょう。
オファーをくれた事へのお礼や応募の意思を書きます。更に、この返信メールから選考が始まっていると考え、やる気も見せるようにしましょう。なお、興味のあるオファーには出来るだけ早く返信するのがポイントです。

興味があるオファーだが、在職中で今すぐ転職が難しいなど問題がある場合の返信方法

転職を見据えて転職サイトに登録しているけど、今すぐに転職できる状況ではない人もいるでしょう。
個人的なオファーメールで、かなり興味のある仕事なら、正直に自分の状況を伝えて、それでも良いかどうかを聞くのもアリです。

また、オファーメールが応募したい仕事と興味のない仕事だけとは限りません。中には興味はあるけどすぐに応募の意思が固まらないようなオファーもあると思います。

迷う仕事だったら、結論を急がずに少し考えてみるのも良いでしょう。ただし、結論に時間が掛かるようなら一度返信した方が良いでしょう。

何か引っかかる部分があるなら、素直に質問したり、自分の希望を伝えてみるようにします。迷ったまま時間が過ぎて機会を逃したり、一部希望と合わなそうだからと断るのはとても勿体ないです。

面接などの段階になって直接聞くよりも、メールの方が聞きやすいと思いますし、迷ったまま断る位なら聞いてみるだけ聞いてみるようにしましょう。希望と条件が合わなければ断られてしまいますが、思いがけず希望が通ることもあります。

転職サイトに登録し、企業からオファーを待つシステムを利用する場合の注意点

転職サイトに登録してオファーメールが届くというシステムは、珍しい機能ではありません。多くの転職サイトで導入しているため、オファーメールには数種類あることや、個人的なメールの重要性は理解している人が多いと思います。この記事でも個人的なオファーメールは転職成功の可能性が高い大切なメールである事は伝えてきました。ただ、個人的なオファーメールが届いたからと言って、安心はできません。

個人的なオファーが届いたら、多くの場合はメールに応えると直接面接の話になるでしょう。ただ、このメールが届いても書類選考からやり直す会社もあれば、面接をしてみたら落ちる可能性はあります。

というのも、企業が個人的なオファーメールを送るときは、1度に1人にしか送れない等のルールがないからです。個人的なオファーだから自分にしか送られていないと思うのは早計です。

是非とも応募したいと思っていた会社から個人的なオファーが届いて、急いで返信しても、多くの人にオファーを出していてその反響が大きければ、改めて経歴等を見直して選考することも考えられます。

また、個人的なオファーメールが来ると、受かったも同然と考えてしまう人がいるようですが、ご説明した通り個人的なオファーでも確実ではありません。

メールのやり取り等でもお互いの誠実さ等を垣間見ることが出来ます。ネームバリューや条件などだけに踊らされず、しっかり転職して失敗しない会社かどうか見極めるようにしましょう。