キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

会社を辞めることを相談したいなら、相手をしっかり選ぼう

仕事をしていく上で、誰でも楽しく意欲を持って働けているわけではありません。
心や体に限界を感じた時に、会社を辞める意識が芽生えることもあります。
そういった時には、まず誰かに相談をすると良いですが、その相手が誰でも良いわけではありません。
しっかり相談する相手を選ばないと、トラブルの元になってしまう恐れもあります。
ここでは、会社を辞める相談に関する事柄や、自分自身が相談を受ける側になった場合のアドバイスの仕方などについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

営業女子のための好印象メイクとは?ポイントは明るい肌

好印象を与えるのはどのようなメイクなのでしょうか。第一印象が大切な営業職は、清潔感を基本としてこ...

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけな...

仕事でのミスが怖い時の対処法、気持を切り替えるためにできること

誰でも仕事でミスをしてしまうのは怖いものです。一度仕事で大きなミスをしてしまうと、また同じミ...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。...

今の仕事に満足していないけれど、転職しない人の理由

あなたのパートナーが今の仕事に満足していない時、あなたはどうしますか?パートナーの気持ちを優先し...

名刺交換のやり方の基本とスマートに見える名刺交換のマナー

社会人として身に付けておきたいのが、名刺交換のマナーです。名刺交換は、会社と自分を知ってもらうための...

欠席をお詫びする場合のメールは当日連絡は控えましょう

社会人になると、社内の同僚や上司と食事に行く機会もあると思います。それだけではなく、取引先の相手...

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。管理職になることであなたにふりか...

電話応対のマナーはビジネスでの大切な基本

電話は、声だけでのやり取りになりますので、それに応じたマナーを心掛けなくてはいけません。特に...

電話応対が上手になる練習のコツやポイント

会社で働くようになった時につき物なのが、電話応対です。練習期間を設けてもらっていても、なかなか上...

ビジネススキルは資格取得でアップ!身につけたいポイントを紹介

ビジネススキルをアップするために資格を取得したいと考えている人は必見です。大変な勉強をして資格を...

電話応対の方法は?担当者が出張中の場合の正しい対応の流れ

担当者が出張中で不在の場合、その人宛にかかってきた電話をどのように取ればいいのか悩む人もいるのではな...

社会人のマナーである服装選びで気をつけたいポイントを紹介

社会人のマナーとして服装にはどんなことを気をつけたらいいのでしょうか?これまで学生の間はいつ...

スポンサーリンク

会社を辞める相談をする時に気をつけたい、良い相手と悪い相手

会社を辞めたいと思うことは誰にでもあることです。また自分が退職について相談をするときや、相談をされた時のことも踏まえておくとこれからの人生で役立つことも増えてきます。誰にでも相談できるのが良いですが、中には相談をする相手を間違ってしまい余計に話がこじれてしまうことも。

会社を辞める際の相談をする相手を選ぶ時に注意することを紹介します。

<相談すると良い相手>

身内

身内の親や兄弟に相談すると、自分が辞めたいと思っていることが会社の人に知られてしまう心配がありません。

また、家族の方だと辞めたいと思っている時の感情に寄り添って話を聞いてくれると思います。

そして、あなたの事をよく理解しているため他のどんな仕事があなたに適しているのか、今の会社で続ける場合はどんな事を改善したら良いかなど色々な視点で相談にのってくれると思います。

頼れる上司

先輩や自分の指導に当たっている方の場合はあなたの普段の会社での仕事の様子を理解しているため、どんなことで悩んでいるのか、同じ経験で悩んだ経験があるなど悩んでいる内容により近い視点で相談できます。

友人

友人も自分と同じような悩みを持っていたり、違う仕事の状況を聞くことができることが多いです。
自分の気持ちを話せる友人がおすすめです。

<相談しない方が良い相手>

  • いくら相手が親切な言葉で話を聞いてくれたとしても、自分が信用できないと思った相手は辞めておきましょう。
    適当なことを言って、会社を辞めたいという大事な内容を親身になって聞いてもらえない可能性もあります。
  • すぐに広める人
まだ、会社を辞めるという意思が決まっていない段階で相談してしまい、会社を辞めるともう決定したような噂に変わって広まってしまうこともあります。また、相談した内容が違った話に変わってしまうこともあるため注意が必要です。

会社を辞めることを誰に相談する時は、本音と建前を使い分けよう

会社に不満があって辞める場合、相手が信頼できる相手であっても本音と建前は使い分けることが必要です。

少しの期間でも勤めた会社には、あなたが在籍していたことで色々な方が関わっています。

例えばあなたのために新しく名札を作成したり、デスクを用意したりといくら条件の悪い会社であってもあなたが勤務するために準備をしていることが多いです。

会社を辞める際には、できるだけ円満にもめることなく退社できるようにすることも必要です。

例えば「夜中に起きているのが辛い」「給料と仕事の内容が合っていない」など、その条件でも勤めている方が他にもいる中で本音を言ってしまうと、他の人達からしても良い印象にはなりません。

自分の本音は言わないようにする方が円満に退職しやすいです。

会社を辞める相談相手が身近にいない時に、頼れる相手

会社を辞めたいという悩みは「専門分野に詳しい機関」を利用するのがおすすめ。

自分が、どんなことで悩み、どのようにすると解決できるのか。また、自分に合った仕事と、やりたい仕事の判断がつかず混在していることもあります。自分では、気づくことができないことも、専門分野に詳しい機関に相談することで新たな発見となることも。「キャリアアドバイザー」など、転職をする時に注意をすることなど詳しく相談にのってくれるものを利用しましょう。

また、精神的に辛いと感じている場合には「カウンセラー」の方に相談するのも方法の一つです。

仕事が辛くて夜間あまり眠れない、あまり食事がすすまないなど、精神面からの影響で日々の暮らしが今まで辛く感じていることもあります。

カウンセラーの方に相談することが恥ずかしいと感じてしまうかもしれませんが、精神的に追い込まれている状態を長く続けるよりも改善する方法を一緒に考えてくれるためあなたの力になってくれることの方が多いです。

中には、相談をしてカウンセラーの方と自分が合わないと思った時には無理をせず、別のカウンセラーの方に変更するのも良いです。

会社を辞める決意が固まった時の、退職の申し出方

退職することを会社の方に伝えるという経験は少ない方が多いと思います。初めて勤めた先で退職する際にどんなことに気をつけなければならないのか、いくつか気をつけるポイントがあります。

退職したい日の1ヶ月前には伝える

「来週で会社を辞めます」など、急な退職の申し出は会社の方に迷惑となります。

最低でも1ヶ月前には伝えるようにして、出来たら3ヶ月前に伝えるようにしましょう。

会社の忙しい時期を避ける

勤めている会社がどの時期に忙しく余裕が無くなるかがわかると思います。

忙しい時に伝える退社の申し出はスムーズに受けてもらえないことがあります。

しっかり話を聞いてもらえるタイミングにしましょう。

直属の上司に1番はじめに伝える

直属の上司を飛ばして、その上の上司に退職の意思を伝えてしまった場合。

直属の上司の立場は、「部下に相談してもらえない人」となってしまうことも。

はじめから、トップの上司に伝える方が、手間が省けて親切なのではないかと思う方もいるかもしれません。

しかし、会社の組織として段階を踏み、物事を伝えていくことに退職の申し出も含まれていることが多いのです。

退職の申し出は、まず直属の上司に伝えるようにしましょう。

同僚や後輩から会社を辞める相談をされた時のアドバイスの仕方

自分が会社を辞めたいと相談することの他に、同じ悩みで相談を受けるケースもあります。

相談をされた時に、話をスムーズに聞くためのポイントを紹介します。

自分と置き換えてみる

自分が会社を辞めたいという大切な相談をする時、どのようにして聞いてもらうと自分は良いのかを置き換えてみるのもおすすめです。

相手が親身になって相談にのってくれていると感じられる状況はどんなものかを想像してみましょう。

紙に整理する

会社を辞めたいという意思の中には色々な理由があることが多いです。

話を聞いていて、話の内容がそれたり、長くて辞めたいという理由が明確でない場合も紙に内容を整理して書くことで的確にアドバイスをすることが出来ます。

食事をしながら話を聞く

相手によっては一対一で仕事のことだけの話を静かな場所で話すことが苦手という方もいます。

食事をしながら違った環境の方が話をしやすいかを聞いて、相手の方がその方が話をしやすい場合は自分の意思を伝えやすい場所で話を聞いてあげるのがおすすめです。