キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。
しかし、事務の仕事が未経験だという人は、転職をする時に不利なのではないかと不安になるかも知れません。
ここでは、そういった方々に参考になるような、事務職の内容や、向いている人向いていない人の特徴などについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスを成功させるために、知っておきたいマナーと挨拶

会社で働く時は、ただ決められた言葉と行動を行えばすべてが上手く行くわけではありません。基本のビジ...

在宅勤務のメリット・デメリット。在宅勤務を続けるためには

妊娠・出産や、自宅で介護をしなくてはいけなくなった方など、今までのように通勤するのが難しくなって...

転職祝いをメールで贈るポイント!注意点やビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいては転職をする上司や先輩などにお祝いのメッセージをメールで贈る場合があります。お世話に...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

転職で覚えておくべき優良企業の探し方。失敗しない会社選び

今の会社に不満があり、転職を考えている方も多いと思います。ここで誰もが考えるのが「優良企業に転職...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

異動したい時のやり方や、願いが通らなかった時の退職の仕方

働いている中で、今所属している部署が自分に合わなかったり、事務から営業など、別の担当に変わりたいとい...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

パートの事務の志望動機、企業が印象に残る志望動機の書き方

お子さんがある程度大きくなると仕事に復帰する方が増えてきます。またフルタイムではなくても、空いて...

在宅勤務として募集の多い職種や在宅勤務のメリット・デメリット

育児や親の介護など、在宅で働きたいという方も多いと思います。本当は今の会社で働き続けたいという気持ち...

夜勤の睡眠不足を解消するコツや上手な眠りのポイントを紹介

夜勤による睡眠不足に悩まされているあなた。夜勤がある職業の人は睡眠を取る時間がその日によって違うため...

公益財団法人の就職が難しい理由とは?求人を探す方法もご紹介

公益財団法人は非営利組織なので、一般企業のようにノルマに追われることがないことから就職先として人気が...

転職【スキル】自信がない人でも成功できるポイントを紹介

転職がしたいけどスキルに自信がないからと立ち止まっていませんか?自分では気が付かないだけであなた...

スポンサーリンク

事務が未経験という人に、転職する前に知ってもらいたい事務のこと

女性が考える転職先として、事務職を選ぶ人は非常に多いです。

しかし、事務とは似ても似つかないような仕事をしていた場合、転職してもやっていけるのかどうか、未経験という肩書は不利なのではないかと不安に感じることも多いのではないでしょうか。

まずはそのような不安を解消するために、事務職のことについて知っておきたい事を確認していきましょう。

事務職とは会社の書類整理やデータ入力を主な業務としている

しかしパソコン作業だけではありません来客の対応やおつかいなどの事務仕事と関係ない事を行う職場もあります。

また、事務職は専門的な資格などが不用な場合も多いため、事務未経験で入社する人も多くいます。だからといって「特別な資格も要らないなら楽そうだし、次は事務に転職しようかな」といった安易な理由で次の転職先にしてしまうのはやめしょう。

なぜかというと、事務職といっても様々な種類や仕事内容があり、よく耳にする一般事務の他に、営業事務、総務事務といったような正確さや、知識が求められる事務も多いからです。

そのため「事務」とひとくくりにせず、どのような事務があるのか掘り下げていき、自分に出来るのか、向いているのかを見極めましょう。

事務職のメリットとデメリットについてご紹介

一見楽そうに見える事務職にもデメリットがあります。メリットとデメリットの両方を見比べてみましょう。

事務職のメリット

情報処理の力が身につく

事務職の多くはエクセルなどを使った情報処理能力が重視されます。

文章を上手にまとめられる情報処理能力が高ければ、昇給にも繋がります。

また、事務職以外でも活かせるスキルなので、将来も役に立つと言えるでしょう。

残業やノルマがない

事務職はノルマに追われることがないため、特に結婚して子供が居る女性には働きやすい環境と言えるでしょう。また、ノルマがないことから残業をせずに定時で帰れる事も多いです。

未経験でも歓迎されやすい

先程紹介した特殊な資格やスキルなどが必要な場合もありますが、一般事務であれば基本的に未経験でも採用されやすいと言えます。持っている資格よりもコミュニケーションがきちんと取れる方や、真面目さを重視して採用する事が多いです。

事務職のデメリット

競争率が高い

メリットで紹介したように、資格がない人でも挑戦でき、子供が居る女性でも働きやすい職種ですので競争率は非常に高いです。また、内容も肉体労働のようなハードな仕事ではないのでより人気があると言えます。

腰痛などの身体の不調

一日中デスクに座ってパソコンの画面とにらめっこしている事が多いので、腰痛や目の疲れなどに悩まされている人が多いです。

今までの経験や資格を活かせない

メリットとして資格がなくても採用されやすいということが挙げられましたが、裏を返せば逆に今まで積み上げてきた経験や知識を活かせませんので、積み上げてきたものを捨ててでも事務職をしたいのかどうか慎重に考える必要があるでしょう。

事務職が向いている人の特徴についてご紹介

事務職に向いている人の特徴として以下の2つのことが挙げられます。

小さな事でも正確ににコツコツと出来る

事務職はデータや書類などの細かい数字や文章を間違いの内容に入力する必要があります。そのため細かい作業を正確に出来る人が事務職には多いです。ですので大雑把な人はあまり向いているとは言えません。

二番手が好き

人のサポートをしたり、影で支えるような存在で居たいというも事務職には多く見られます。事務職は表に出ることはありませんので花形な職種ではありません。しかし、花形の人を支える業務として無くてはならない職種です。これを誇りに思えて働ける人は事務職に向いているでしょう。

未経験でも大丈夫、事務に転職する際に求められるスキル

事務職は未経験でも歓迎されやすい一方で競争率も高いと言われていますが、転職の際他の人と差を付けるためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。

コミュニケーション能力

事務職はコツコツをパソコンに向かっていて、人と関わるイメージが無いという人も居るかもしれませんが、決してそうではありません。
事務職の人は、様々な部署の人と関わる為、いろいろなタイプの人間と円滑に仕事ができるような柔軟さも求められるのです。
そのため、事務の転職を考えた際はコミュニケーション能力を意識して転職活動を進めていくと良いでしょう。

PCスキル

特殊なパソコンスキルを持っていればそれに越したことはありませんが、異色の業種でパソコンの資格を持っている人は少ないでしょう。

しかし事務職につく以上「PCが嫌い」「エクセルやワードを触ったこともない」という人は話になりません。
「特殊な」スキルは必要ありませんが、「基本的な」PCスキルは事務職にも必要です。

未経験な上にこれが当てはまったら、事務への転職はおすすめしません

未経験で事務職を考えている方で、以下の特徴に当てはまっている場合は事務職への転職をあまりおすすめできません。

ホウ・レン・ソウが苦手

事務職に限らず、報告・連絡・相談が出来ない人は仕事をすること自体向いているとは言えません。「ホウレンソウ」を「ほうれん草」と思ってしまった場合には事務職の転職を考える前に社会人のマナーを勉強したほうが良いでしょう。

体力に自身がある

もともと体力仕事が好きだった場合には、事務職を始めた時に物足りなさを感じてしまうかもしれません。体力を使うことでやりがいを感じていた人は、事務職に対してやりがいを感じられない可能性があります。

集中力がない

動き回る事もありますが、基本的にはパソコンの前で黙々と作業をします。そのため、動き回って常に会話をしているような販売職だった場合、ずっと座ってデータの入力などに集中することが難しいかもしれません。

何度も触れていますが、事務職は資格もいらずに誰にでもチャレンジできる可能性のある職種です。しかし人には向き不向きがありますので、これまで紹介してきた事を踏まえて改めて事務職への転職を考えてみましょう。