キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

初めての転職なら未経験でも挑戦しやすい職種がおすすめ

突然ですが、現在の仕事に満足している人はどのくらいいると思いますか。

実は社会人として働いている人のほとんどが、何かしら仕事に対して不満を感じています。
日本は世界的に見ても仕事満足度が低いとされていますから、不満を感じている人の数も非常に多いことが想像出来ます。

現在の仕事に満足出来ないとなると、必然的に転職を検討するようにもなるでしょう。

しかし、転職をして新しい環境に飛び込むことは、とても勇気のいることです。
初めて転職をするとなると、特にいろいろな疑問が頭をよぎると思います。

未経験でも挑戦しやすい職種があるなら、転職を検討している人にとって心強い情報になるはずです。
おすすめの職種や、転職をするときに注目したいポイントなどについて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

製薬会社に研究職で入社した場合の年収の相場と給料が高い理由

製薬会社の年収は他の一般的企業と比べると高いと耳にしますが、実際にはどうなのでしょうか?自分...

取引先へのお礼は必須!飲み会後のお礼メールのタイミングと内容

取引先の会社から飲み会に接待してもらったあとは、しっかりとお礼のメールを送ることがビジネスにおいて大...

仕事中に眠いときの対処法!睡魔を撃退するために出来ること

仕事中に急激な睡魔に襲われ、眠いのを我慢しながら仕事をすることもあります。眠いとなかなか仕事がはかど...

営業女子のための好印象メイクとは?ポイントは明るい肌

好印象を与えるのはどのようなメイクなのでしょうか。第一印象が大切な営業職は、清潔感を基本としてこ...

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけな...

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。管理職になることであなたにふりか...

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

銀行の事務の志望動機と業務内容、家事と育児を両立するコツ

長く働ける、安定していると言った理由で銀行の事務のパートは主婦から人気です。面接するにあたっ...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

電話が嫌いな女性でも克服できる!今日からやるべき対策を紹介

電話が嫌いな女性でも仕事をしていると電話対応をしなければならないことがあります。できるだけ受けた...

仕事での会合やパーティーを欠席する場合の謝罪メールについて

仕事をしていると、様々な会社とお付き合いがあり、時にはパーティーに呼ばれることもあります。し...

電話応対の方法・ビジネスでの正しいマナーと困った時の対処法

仕事をしていると、会社にかかってきた電話を受ける機会や取引先に電話をかける機会があります。電話応...

転職で覚えておくべき優良企業の探し方。失敗しない会社選び

今の会社に不満があり、転職を考えている方も多いと思います。ここで誰もが考えるのが「優良企業に転職...

仕事でわからないことがあっても周囲に聞けない人へアドバイス

仕事でわからないことがあったら素直に聞けば済むことですが、中には聞けない人もいます。聞けない雰囲気が...

電話応対のビジネスマナー。覚えておきたい基本ルールとマナー

仕事で電話応対をする時には、電話ならではのビジネスマナーがあります。顔が見えない電話は、声のトー...

スポンサーリンク

初めての転職。未経験でも活躍出来るおすすめの職種はコレ

現在働いている会社に満足していない為に転職を考えている人も居るでしょう。

一般的に経験者が優遇されている会社が多いですが、中にはその職種で働いたことのない未経験者歓迎の会社も少なくありません。
そこで、初めての転職で未経験の方でも比較的働きやすい職種を紹介していきます。

インターネット業界

インターネットはご存知の通り年々とても発達しており、需要も急増しています。そのため世間に合わせて一緒に成長していっている状態です。なので経験者も少なく転職しやすい職種です。

また、営業に関わったことがない方でも人手不足のため積極的に採用しているようです。

不動産業界

不動産業界は、生きてく上で必要な衣食住の「住」に関わるもの全般です。そのため需要がなくなることはなく、仲介営業などの人材が不足しており、初心者でも比較的採用してもらえます。また、入社後の研修などの制度がしっかりしている会社も多いので知識がなくても働きやすいと言えます。

保険業界

保険会社は日々顧客を獲得するために各社と差をつけた様々なプランなどを提案しており、業界内の競争が激しいです。そのため、窓口などの求人が増えており未経験者を育てる動きが活発になっているようです。

IT業界

ITも未経験歓迎の業界で、その中でもライターの需要が高まっているようです。

ライターは一見難しそうで専門的な感じがしますが実はそうではなく、パソコンを触ることに抵抗がなく、一般的な知識さえあればどのような方でも始められます。不動産業界と同様に研修などがしっかりしている会社が多いので、未経験の転職にはおすすめと言えます。

せっかく転職するなら、こんな条件を満たしている職種がおすすめ

上で紹介した職種に当てはまっていなくても、以下の条件を満たしている会社であれば、未経験者でも働きやすい職種と言えるでしょう。

将来的に需要がある

今後成長していく可能性がある職種は転職に向いています。今後衰退していくような会社は例え転職に成功しても将来的にまた転職しなければならないかもしれません。

また、給料が下がってしまう可能性もあるため、どんなに気に入った会社でも将来が見えない所はあまりおすすめできません。

離職率が低い

離職率が高い職場は、給料が見合ってなかったり休みが極端に少なかったりなにか問題がある会社が多いです。そのため、転職を考えた場合は離職率が低いかどうかも確認しておく必要があるでしょう。

自分にとって無理のない

業種によっては、残業などは当たり前というところもありますし、相手に責められるのが仕事というところもあるでしょう。もちろん自分自身が受け入れれられるなら構いませんが、働くことを想像して耐えられないなと感じたら、選択肢に入れないのが懸命です。

歴史がある

何十年何百年と続いている会社は比較的信頼できると言えます。ビジネスにおいて、このような長い期間会社を続けるということは簡単なことではありません。その職場が様々な努力を重ねてきた証拠です。気になった会社を見つけた時はどのくらいの歴史がある会社なのかというところも参考にしてみると良いでしょう。

自分に合った職種なら、ストレスなく働くことが出来ておすすめ

上記で紹介したように、条件を満たしている会社や未経験でも採用してもらいやすい業種で選ぶのも良いですが、自分の性格に合った職種を選ぶのも一つの手です。

例えば、自分はマイペースだと思っている場合を例にして見てみましょう。
マイペースであった場合は、仕事の内容だけでなく人間関係のいざこざなども避けておきたいところです。そのため、人間関係で悩むことがないように、自分の得意な分野で教室を開いたり、基本的に一人仕事であるドライバーなどを選択したり。

自分の性格を見つめ直して、その性格の人に向いている職種を選ぶことでストレスもなく長期間働くことが出来るのではないでしょうか。

転職は人生を大きく左右する。メリットとデメリットをしっかり理解して判断すること

転職をすることで、現在の職場より待遇が良くなったなどのメリットももちろんあるでしょう。しかし転職することでデメリットも出てきます。

転職のメリットは給料面や休みなどの待遇改善が期待できたり、仕事環境がリセットされ新しい気持ちで働くことが出来ること

そして自分の挑戦してみたかった職種へチャレンジすることも可能です。

転職することでのしかかる一番大きいデメリットとしては、そのまま働き続けていれば貰えていた退職金もリセットされてしまうことです。同様の理由で福利厚生なども不利になってしまいます。また、会社の待遇ではなく人間関係が原因で転職を考えた場合。

転職をしたからといって絶対に人間関係に悩まなくなるというわけではないのです。もしかすると転職先の方が人間関係が悪いかもしれません。

上記のようなデメリットもあることを理解した上で転職に踏み切るようにしましょう。

眠っているスキルを活かせるかも!転職におすすめの資格

転職は資格が全てではありませんが、転職を考えている職種が現在働いている職種とは似ても似つかないような場合、資格を持っている事で、面接が有利になる可能性が高いことも否定できません。

例えば、飲食関係へ転職を考えた場合には、栄養士や調理師。IT関係の場合にはITパスポートを持っていると非常に有利です。しかし、働きながら上記の資格を目指すことは難しいですので根気が必要不可欠です。

「転職」のために資格を取る事で「うちの会社に本気で転職したいと思っているんだな」と感じ取ってくれることでしょう。

しかし、先程も触れたように働きながら資格取得を目指すことは非常に難しいことです。募集事項で必須の資格がある場合は別ですが、基本的に資格より実務経験ややる気などを重視する会社が多いため、資格がないからといって不安になる必要もないでしょう。まずは資格を取ることより、現在持っている自分のスキルを伸ばすことが重要なのかもしれません。