キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

食品工場の正社員がきついと感じることとやりがいを感じること

食品工場での正社員の募集を見て、働いてみたいけど、食品工場はきついと聞いたことがある、という方もいるでしょう。実際に食品工場で働く正社員のお仕事で大変に感じることは、どのようなことなのでしょうか?
そこで、食品工場の正社員としして働いて、きついと感じることについてご紹介します。しかし、実際に働いている方は、そう思う方ばかりではありません。もちろん、やりがいを感じながら働いている人も多くいます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

電話が怖い【仕事編】克服するためにすぐに取り入れたいコツ

電話はどの仕事でも必要な業務のひとつ。電話が苦手で怖いという人も仕事で電話応対をしなければならないこ...

働き方について考える。正規の雇用のメリットについて

お子様が小さなときにはパートで働いていても、小学生になってある程度手を離れるとフルタイムで働きたいと...

土日休みの仕事がしたいなら、確実に休める業種を見つけよう

最近では子育てをしているママも社会に出て、仕事をしている家庭が多くなってきました。家庭とは違うこ...

プログラミングバイトは未経験でもOKだが向き不向きがある仕事

プログラミングのバイト募集の中には「未経験OK」と載せている会社もありますが、本当に未経験でも仕...

転職で覚えておくべき優良企業の探し方。失敗しない会社選び

今の会社に不満があり、転職を考えている方も多いと思います。ここで誰もが考えるのが「優良企業に転職...

上司とのラインで絵文字やスタンプはNG?ラインのマナーを解説

仕事の連絡を上司にするとき、ラインを使ってやり取りをしている人もいるのではないでしょうか。このときに...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。そんな時、ビジネスマナーの...

ビジネスではメールを駆使しよう。謝罪の場面も早急に対応出来る

電話やメールはすぐに相手と連絡を取ることが出来る非常に便利な手段ですね。それはプライベートでもビ...

男女の顔の違いをわかりやすく解説!イラストの描き方とコツ

イラストを描く上で大切なのが、男女の顔の違いを知ること。違いを知ってそこからアレンジすれば、...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

欠席をお詫びする場合のメールは当日連絡は控えましょう

社会人になると、社内の同僚や上司と食事に行く機会もあると思います。それだけではなく、取引先の相手...

営業ウーマンの服装とは?選ぶときのコツやポイントを紹介します

営業ウーマンはどのようなことを基準に服装を選んだらいいのでしょうか。目立ちすぎても地味すぎてもいけな...

技術職への転職が難しいと言われる理由と転職活動をするポイント

技術職に転職したいと考えている人の中には、技術職への転職は難しいと言われることがネックで先に進めない...

自己PRの書き方や面接でのアピールの仕方とは?高校生の就職

高校生が就職を希望する場合は、どのような自己PRをしたらいいのでしょうか。高校生はスキル...

スポンサーリンク

食品工場の正社員がきついと感じる製造ラインでの作業

食品工場の勤務は、ラインに立ちひたすらに食品に向かって作業を繰り返していく仕事です。
立ちっぱなしであり、また同じ作業の繰り返しで性格によっては向き不向きが出てくるでしょう。

同じ作業の繰り返しを行う自信がありますか。

多くの人がきついと感じる部分が同じ仕事を繰り返し行うという部分です。何の変化もない仕事を長時間行う仕事にやりがいを感じられない場合は長く仕事を続けていく事に無理が出来てます。
また、若いうちは体への負担も感じにくく、立ち仕事をずっとしていても苦ではないかもしれませんが、年を取るにつれて腰や足に負担が出来てきます。

長く働いていく事も考えて、その作業を続けていけるかどうか考えなくてはなりません。
また、食品工場の勤務は正社員もアルバイトも関係なくラインで並んで働きます。正社員だからと言って別のポジションに就職するという事でもないのです。

食品工場で働く人が感じているきつい環境

商品によりますが食品には繁忙期が存在します

特に世間に求められる時期が決まっていて、繁忙期にはいつもよりも更に忙しくなる事があるのです。
その為、思った時間に帰宅できなかったり、勤務時間が長くなったりしてしまう事もあり、きついと感じる人が多いのです。

  • 立ちっぱなしの上に食品によっては温度管理が重要な場合があり、その温度に適した室温になっているため、人間に適切な温度である事が少ないのです。
  • 冷房が必要な食品では、異常な寒さに耐えながら仕事しなければなりませんし、料理する食品でしたら食品の熱や機械の熱に耐えながら仕事をしなければならないので過酷な環境になってしまう事が多いのです。

寒い環境は比較的多く、足や手がかじかんで動きにくくなる事もあります。

そのような時は自分で寒さ対策などをして乗り切るしかないですし、暑さに対しては衛生上着込んで仕事しなければならないのでひたすら耐えながら行うしかないのです。

食品工場の正社員で長時間工場内にいると臭いが染み付くのが辛い

 食品は加工の際に臭いが出てしまいます。長時間作業していると当然臭いは体に染みつくのです。

作業服を着ていても、帽子を被っていても体や髪に染みついてしまうのです。
もちろんシャワーを浴びれば臭いは取れますが、仕事帰りにどこか寄る用事がある場合などは臭いが気になってしまうでしょう。

また、作業着の中は自分の私服を着ている場合もあるのでそちらにも臭いが染みついてしまいます。

臭いに敏感な場合はその臭い自体耐えられるかどうかというのも考えなければなりません。
もし嫌いな食品だったなら。毎日その臭いを嗅ぎながら作業するのはきついですね。

食品工場で働く男性ならではの苦労、力作業は男性頼り

食品工場では正社員は男性が多くパートやアルバイトで女性が割合的に多くなる事が多いのです。

力仕事はほぼ男性が行わなくてはなりません

そのラインに男性があなたしかいなかったら、毎回の力仕事はすべてあなたが行う事になります。

慣れないうちは重さに慣れない事もあり、体力的にもつらくなるでしょう。

しかし、頼られることでやる気もアップするかもしれません。
頼られることが嫌でなければ精神的負担も少なく続けていけるかもしれません。

食品工場は、立ち仕事や体力仕事、単純作業できついという理由で離職する人が多く、多くは仕事内容の割に給料が安いと感じている場合が多いのです。

ここまでの仕事内容を把握して、お給料もきちんと確認してみましょう。
そして長く続けられるか考えてみて下さい。

正社員になってから、管理職になるまでの間には10年以上かかる場合があります。
状況に耐えながら上を目指す必要がありますが、管理職に上がったからといっても飛躍的に給料が上がるわけではないのでしっかりと見極めて就職を決める必要があるのです。

食品工場の正社員はきついと感じる人だけじゃない、やりがいを感じて働いている人も多い

仕事の内容によっては自分にしっかりと合っている場合もあるのです。
ここまできついという内容を紹介してきましたが、やりがいをもって仕事をしている人はたくさんいます。

コツコツと取り組む事で商品になっていく様子を体感できますし、その出来上がったものを美味しく食べてくれる人たちがいる事や、待ち望んでくれている人の事を思って仕事をしていくと、やりがいを感じる事が出来ます。

また、自分が好きな商品に携われる事は誇りにもなりますし、商品をどんな風にしたら美味しく食べる事ができるかなどを考えながら仕事するのも楽しいでしょう。

体が資本の仕事ですから、しっかりと休みも取れるのが特徴です。繁忙期以外はしっかりと休みを取る事もできるでしょう。
また、機械の不調な時などは自分で工夫して機械の調整などもしていく必要が出てくるでしょうから、その点でも新しい技術を身に着けていく事が出来るかもしれません。