キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

仕事で失敗が続く、原因や改善策などについてご紹介

仕事をしていく中で、なぜか失敗が続くことは誰でも経験をしたことがあるでしょう。
ここでは、仕事のミスをしてしまう原因や改善策などについてご紹介しますので、毎日が失敗続きで落ち込んでいる人や、同僚や上司の失敗でイライラしてしまう人などは、ご一読の上、是非参考にしてみてください。
そうすれば、少しでもストレスなく、仕事に集中できるかも知れません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

いまさら聞けない!来客がいらした時の応対のマナーについて

職場では新人研修などを行う場合もありますが、その内容は職務に関するものであることが多いですよね。...

夜勤の睡眠不足を解消するコツや上手な眠りのポイントを紹介

夜勤による睡眠不足に悩まされているあなた。夜勤がある職業の人は睡眠を取る時間がその日によって違うため...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

接客業で覚えておきたい印象の良い電話対応のルール

飲食店などの接客業でも、電話の対応は欠かせない仕事になります。ホールなどの仕事をしていると、お店...

会社を辞める理由が給料の安さという方へ、収入アップの秘訣

会社を辞める理由はさまざまですが、今の会社の給料に不満があり、辞めたいと思っている方も多いと思います...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。...

電話応対が上手になる練習のコツやポイント

会社で働くようになった時につき物なのが、電話応対です。練習期間を設けてもらっていても、なかなか上...

メールを送信する時間は「就業時間内」にがマナー

ビジネスシーンではメールで取引先と連絡を取り合うことも少なくありません。メールなら都合の良い...

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

効率をよくするためには、仕事の進め方がポイントになる

どうして自分は仕事が遅いのかと悩んでいる方はたくさんいます。そういった方の多くは仕事の進め方に問...

自己PRの書き方や面接でのアピールの仕方とは?高校生の就職

高校生が就職を希望する場合は、どのような自己PRをしたらいいのでしょうか。高校生はスキル...

電話応対のビジネスマナー。覚えておきたい基本ルールとマナー

仕事で電話応対をする時には、電話ならではのビジネスマナーがあります。顔が見えない電話は、声のトー...

仕事中に眠いときの対処法!睡魔を撃退するために出来ること

仕事中に急激な睡魔に襲われ、眠いのを我慢しながら仕事をすることもあります。眠いとなかなか仕事がはかど...

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか?スーツのジャケットのボタ...

スポンサーリンク

仕事で失敗が続く時は、冷静に原因を考えてみよう

仕事に失敗は付き物です。
皆さんも失敗の大小に関わらず一度は失敗を経験したことがあると思いますが、失敗はあまりにも連続して続くと、気持ちが滅入ってしまう原因になってしまいますよね。

そこでまずは仕事で失敗が続く原因を考えてみましょう。
何事も原因を突き止めることは改善への近道となりますので、以下にてご紹介する項目に当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。

仕事で失敗が続く原因

  • 計画性が無い
一日で行うには厳しい量の予定を無理に詰め込み過ぎていたり、当日になってバタバタと会議の段取りを進めていたりしていませんか?

人はそれぞれで出来る限界がありますから、計画性を持った行動を取らない結果、仕事の失敗を招いているのかもしれませんね。

  • 体調管理が出来ていない
    体が万全な状態でない時は集中力も低下するため仕事での失敗も多くなる事があります。
    仕事は体が資本です。無理をし過ぎているのであればそれが原因となっているのかもしれませんよ。
  • 反省や改善をしていない
    失敗をすると上司から叱りを受けることがあると思いますが、そうした時に反省の気持ちを持ったり、改善策を考えたりしているでしょうか。
失敗はその都度学習するからこそ防げるものです。
「また次気をつければ良いや~」なんてふうに軽く考えているのであれば、今後も失敗を防ぐのは厳しいと考えておいた方が良いでしょう。

仕事で失敗が続く時の対処法や、気持ちの切り替え方をご紹介

仕事で失敗が続くと「自分でなんとかしよう!」と考える事もあるかもしれませんが仕事で失敗が続く時にその対処はNGとなっています。

失敗したのにその事実を隠してしまうと隠している事実が気になる事で余計な不安や心配を感じて更なる失敗を招いてしまう可能性があるかもしれません。

では失敗が続く時にはどのように対処したら良いのかですが、基本的に失敗が続く時は、「すぐに上司に報告する」という対処法をとるのが◎です。

その時は怒られる事があっても、報告しておけばその後は安心して仕事ができるため更なる失敗を防ぐ事ができますし、しっかりと報告する事で問題が大きくなる事を未然に防ぐ事もできます。

ただ失敗を上司へ報告する上では気持ちが滅入ってしまう事も多いと思います。
ですので上司へ失敗の報告を済ませた後は「気持ちをリフレッシュさせる行動をとる事」も大切です。
よく寝て心身共にリラックスさせたり、信頼できる友人等に話を聞いてもらったりして、翌日に滅入った気持ちを持ち越さないようにしましょう。

仕事で失敗が続く時でも、これを覚えておけば落ち込まない

仕事で失敗が続くと殆どの人は落ち込んでしまうと思いますが、失敗が続く度に気にし過ぎて落ち込んでいては今後の仕事に支障をきたしてしまうかもしれませんので、ここでは「仕事をする上で覚えておくべきこと」についてご紹介します。

失敗が続く時でもこれを覚えておけば安心

  • 失敗しているのは自分だけではない
    仕事をしていると失敗する側ではなく、失敗される側になることがあるように、失敗は基本的に誰にでも起こり得ることです。
    自分一人だけが失敗をしているわけではないということを覚えておけば、失敗した時でも気持ち的に楽になることができるはずですよ。
  • 自分のレベルに合った失敗しかできない
    仕事は人それぞれで任される内容が変わります。
    そのため、失敗も自然と自分が任されている範囲内の仕事でしか起こらないため、あなたが重役でもない限りは、会社の存続に関わるような失敗が起こる可能性は低いのです。
    もちろん失敗によって業務に支障が出るという事実に変わりはありませんので、次は同じ失敗を繰り返さないように反省と対処をする必要がありますが、あまり深く考えすぎる必要はないのかもしれません。
  • 全てが悪い失敗とは限らない
    仕事をしている上では、新しいことに挑戦する機会もでてくる場合があると思いますが、そんな時に起こる失敗は悪い失敗であるとは限りません。
    なぜなら、新しいことに挑戦する時は何も分からない状態で始めなければいけないため、通常よりも失敗をするリスクが高くなるからです。
    繰り返し注意されていることを失敗するのと、初めて行うことで失敗をするのとでは、同じ失敗でも全く内容が異なるのです。
    このように、失敗の内容によっては前向きに考えることもできるということを、覚えておいて下さいね。

こんな特徴がある人は、仕事の失敗が続きがち

仕事で失敗が続く人にはある特徴があると言われています。
どのような特徴があるのか見てみましょう。

仕事で失敗が続く人の特徴

  • ダルいという気持ちが全面に出ている
    「なんだか面倒くさいな~」という気持ちで仕事に取り組んでいると、集中力が続かず失敗も起こりやすくなってしまいます。
    また、こういう人は失敗をした時にもあまり深く考えない可能性があるため、同じような失敗を繰り返し起こすでしょう。
  • 責任感がない
    責任感が欠けていると「適当にやればいっか!」という考えが生まれがちになり、失敗をした時にも「周りが助けてくれるから大丈夫」という考え方になってしまいがちです。
    そうした責任感の無さが失敗を招いているのかもしれませんね。
  • スピードを優先している
    任された仕事は素早く片付けるもの!と認識していないでしょうか。
    仕事を素早く片付けるのはとても良いことですが、あまりスピードばかりを優先してしまうと、確認が行き届かずに失敗が起こりやすくなってしまいます。

以上が仕事で失敗が続く人の特徴となります。

特徴に当てはまる所がある方は、今後は特徴に当てはまることのないように、いま一度仕事への取り組み方を考え直してみると良いかもしれませんね。

仕事の失敗が続く人と一緒に仕事をしなくてはいけない時の対処法

一方で仕事をしていると、仕事の失敗が続く人と一緒に作業を進めなければいけない場合もあり、そうした人と一緒に仕事をすると相手の失敗をフォローしなくてはいけませんよね。
また、そんなフォローも数回程度であれば「仲間だし」と助けてあげる気持ちになると思いますが、繰り返し毎度のように失敗ばかりだとさすがに疲れてしまうことでしょう。
そこで最後は「仕事の失敗が続く人」と一緒に仕事をしなくてはいけない時の対処法をお伝えします。

仕事の失敗が続く人と一緒に仕事をする時の対処法

  • 最初から難しい仕事をやらせないようにする
    仕事の内容が難しくて失敗を繰り返してしまうのであれば、簡単な仕事をやらせて、代わりに自分が難しい仕事をやるというのが一番です。
    自分にとっては負担となってしまいますが、先に手を打っておけば、失敗されるリスクは限りなく低くすることができるでしょう。
  • 分からないことは聞いてくるように伝える
    失敗を続けてしまう人には、分からないけど聞きにくいからそのまま進めてしまうというパターンの人もいるため、一声かけてみるのもお勧めです。
    「分からないことがあったら何でも聞いてね!」なんてふうに、優しく声をかけてあげれば、失敗を未然に防ぐことができるかもしれません。
  • 仕事を手伝ってあげる
    自分の仕事を終えたら仲間の仕事を手伝ってあげるのも仕事で失敗が続く人のフォローとなります。
    仕事で失敗を続ける人は確認が適当だったり、見落としがちだったりしますので、「確認は僕がするね!」と言って失敗が無いか見てみると良いでしょう。

また、仕事を共に進める人(仕事の失敗が続く人)が「上司」の場合には上記で対処することは難しいため、基本的には見過ごすほかありません。

負担にはなってしまいますが、自分で修正できそうな箇所はできるだけ直して、仕事を進めるようにしましょう。