キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

製薬会社に研究職で入社した場合の年収の相場と給料が高い理由

製薬会社の年収は他の一般的企業と比べると高いと耳にしますが、実際にはどうなのでしょうか?

自分の好きなことを極めることができる研究職に就きたいと言う方は、年収や仕事の実情が気になるところです。

そこでここでは製薬会社の研究職の年収の相場、また研究職以外の給料についてもご紹介をいたします。その他にも研究職についてや、研究職になるための道のりについてもご紹介をしていますので、合わせて参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

これから流行るであろう、将来性のある仕事とは

これからはどんな仕事が流行るのか、儲かる仕事、将来性のあるのはどんな仕事なのか気になりませんか?...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

転職を考えた時の仕事の探し方とポイントを解説

転職したいけど次にどんな仕事をしたいのかわからない、やりたいことが見つからない、という方もいるのでは...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

技術職への転職が難しいと言われる理由と転職活動をするポイント

技術職に転職したいと考えている人の中には、技術職への転職は難しいと言われることがネックで先に進めない...

会社を辞めることを相談したいなら、相手をしっかり選ぼう

仕事をしていく上で、誰でも楽しく意欲を持って働けているわけではありません。心や体に限界を感じた時...

ジャケットの袖丈が長い時の対処方法とジャストなサイズについて

ジャケットの袖丈が長いとどのような印象を与えてしまうのでしょうか。清潔感があっても、サイズが合っ...

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。管理職になることであなたにふりか...

初めての転職なら未経験でも挑戦しやすい職種がおすすめ

突然ですが、現在の仕事に満足している人はどのくらいいると思いますか。実は社会人として働いてい...

仕事が向いてないと感じるが、半年では本質が見えていないことも

社会に出て仕事をしていると、多かれ少なかれ悩みを抱えます。これはどんな人にも言えることでしょう。...

営業女子のための好印象メイクとは?ポイントは明るい肌

好印象を与えるのはどのようなメイクなのでしょうか。第一印象が大切な営業職は、清潔感を基本としてこ...

電話が怖い【仕事編】克服するためにすぐに取り入れたいコツ

電話はどの仕事でも必要な業務のひとつ。電話が苦手で怖いという人も仕事で電話応対をしなければならないこ...

仕事でミスをした!謝罪文の内容は丁寧なお詫びが大前提

人間は誰しもミスをすることがあります。どんなに注意をしていても、残念ながら完全に避けることは難し...

営業で稼げると注目の業界とは。年収をアップさせる企業選び

営業職と言えば、他の職種よりも高収入のイメージを持つ方も多いと思います。もともと営業の仕事が好きで、...

電話応対のマナーはビジネスでの大切な基本

電話は、声だけでのやり取りになりますので、それに応じたマナーを心掛けなくてはいけません。特に...

スポンサーリンク

製薬会社の研究職の年収を給料の相場から考えてみる

求人を見たら、製薬会社の年収、割と高いことに気付きますよね?

製薬会社に就職するということは、あなたはもしかしたら、これまで学校で何か研究したことがあるかもしれませんね。製薬会社にも、研究職というポジションがあります。年収もそこそこあるかもしれませんね。あなたが製薬に関する知識を持っていたら、是非就きたいポジションだと思います。

正社員で月収20万円から30万円が相場

上記の月収は、新入社員の月収です。ただ、製薬会社も職種が多くあり、例えば、MRや工場では働く方は、上記が平均の月収でも前半くらいで、より高度なレベルの学歴が要求される研究職は、30万円に近い月収になります。職種によって、月収に差があるので、あなたが気にしている年収にも響くと思います。

工場で働く方は年収は、多くて400万円くらいで、MRでの経験者だと年収は、1千万円くらいな方もいるようです。

同じ製薬会社でも、工場で働くのか、研究職なのか、職種でも年収に差は出ます。研究職の方は、それだけの学歴もあります。年収に差が出ても、納得できると思います。

同じ製薬会社でも職種によって年収には違いがある

大学とか、大学院で製薬の知識を得た方は、既に知識があることもあり、製薬会社に就職することを望んでいると思います。求人広告を見ても、製薬会社の年収は、高め。薬に関する知識を既にお持ちなら、是非、採用されたいと願っていますよね?

某製薬会社の平均年収は、1000万円を切るくらい。

上記の平均年収を聞いたら、「是非製薬会社で働きたい」そう感じますよね?残念ながら、製薬会社でも、職種により、年収に差はあります。

例えば、あなたが興味がある研究職の平均年収は、大体、600万円くらいです。これが、MR職になると、年収も上がり、850万円くらいになります。

因みに、あなたが興味がある研究職は、新しい薬品を開発するのが、仕事のメインになります。ですので、かなり専門の知識が必要になる職種と言えそうです。

研究職の年収は、大体600万円くらいですが、あなたの理想には適っていますか?既に知識もお持ちなら、他の職種に比べて、製薬会社は、働きやすい環境かもしれませんね。製薬会社の研究職にも向いているかもしれません。

製薬会社の年収が他の企業と比べて高い理由

他の求人と比べて、製薬会社の求人の年収、かなり差があると思いませんか?どうして製薬会社はこんなに年収が高いのか、その理由も、知りたいですよね?

薬は売れればそれだけ利益を望める

製薬会社の良さは、販売している薬は売れれば、それだけ利益をもたらすことができる点です。一つの薬は売れれば、それだけ会社の利益になります。だからこそ、製薬会社の年収は他の企業に比べて、年収が高い傾向にあるのです。

MRはできる人材が少ない

研究職はどうかわかりませんが、MRができる人材は限られており、辞められると他の方を探すのも容易ではないからです。

辞められると困るから、その分、給料を高くする、年収を高くするのです。

研究職に向いている人とは?研究職の実情

どんな人材が、研究職に向いていて、実際に働いても、ストレスを感じず、働き続けることができるのか。実際、製薬会社で研究職で働きたい方は、研究職に就いた後、実際働いている方がどんな悩みを持つのか知るべきです。製薬会社で内定をもらい、研究職に就いた後、あなたも同じ悩みを持つことになります。

昇格はしにくいかもしれません

部長になれる方、課長に昇格する方はいます。ただ、人数に限りがあるので、もしかしたら、あなたが望んでいるポジションにはなりにくいかもしれません。

あなたが昇進や昇格を望まないのであれば、特に問題は感じないと思います。ただ、昇格を望む方にとっては、給料面はよくても、物足りなさを感じるかもしれません。

ドラッグストアや外資系の方が年収は稼げるかも

製薬会社も確かに利益を生みやすい業界ではあります。ただ、ドラッグストアや外資系の会社はもっと稼げます。給料の良さだけにを比較すると、ずっと製薬会社の研究職は嫌だと感じるかもしれませんね。

ただ、ずっと研究しているのが好きな方は、この点もあまり「デメリット」に感じず、ずっと研究職で働けるのかもしれません。年収にも満足できるかもしれませんね。

大学院の修士、博士課程から製薬会社の研究職に付くのが一般的

年収とか、好きな研究ができる点を魅力に感じていますか?これから、是非、製薬会社の研究職に就きたい、そう願っていますか?

製薬会社の研究職に就職するのは簡単なことではありません

あなたが高校生であれば、大学は当然卒業しなくてはいけませんし、その後も、大学院も卒業しなくてはいけません。必要とされるのは、「修士号」です。この難関を越えなければ、製薬会社の研究職に就くのは、難しいと考えて下さい。

しかも、修士号を取得したからといって、必ずしも、製薬会社に就職できる訳でもないようです。世の中、「コネ」はあります。実際、コネを使って就職する方も大勢いると思います。あなたが本当に製薬会社の研究職に就きたいのであれば、そういった、人脈ですとか、「コネ」も必要だと思います。勉強ができるだけでは、就職は難しいかもしれませんね。

実力があるだけでも駄目、人脈もある方が就職に成功しているのかもしれません。バランスよく就活できる方が、製薬会社の研究職に就き、活躍しているのかもしれません。