キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

管理職は仕事の責任が重くなるけどメリットややりがいもある

ある程度の年齢になると管理職の出世についても考えるでしょう。

管理職になることであなたにふりかかる責任や役割が増えてきます。
それに給料面については「残業代がでない」ということで、責任、仕事面、給料面から見ても管理職に出世したくないという若者もいるほどです。

ですが、そんな管理職にもメリットがあり、やりがいを感じている人もいるのは事実です。
出世の時期がくる前に、管理職について調べて心構えをしておきましょう。

また、管理職をこなしていくためには、管理職に向いている人についても頭に入れておくと良いですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

ビジネスシーンで初対面の人に挨拶する時のマナー

ビジネスの場面で挨拶は欠かせない項目の一つです。それが初対面の相手ですと、第一印象を決める挨拶は...

三つボタンスーツの留め方を紹介!おしゃれに着こなすマナーとは

三つボタンのスーツをはじめて着る際にボタンの留め方に悩んだりしませんか?スーツのジャケットのボタ...

公務員の女性の服装について選び方のポイントや注意点を紹介

公務員として働いている女性はどんな服装をするべきなのでしょう?これから公務員として働く予定の女性...

電話応対のビジネスマナー。覚えておきたい基本ルールとマナー

仕事で電話応対をする時には、電話ならではのビジネスマナーがあります。顔が見えない電話は、声のトー...

銀行の事務の志望動機と業務内容、家事と育児を両立するコツ

長く働ける、安定していると言った理由で銀行の事務のパートは主婦から人気です。面接するにあたっ...

受付の対応で感じが良いと思ってもらえるマナー

受付は、会社の顔とも言える場所です。その時に間違った対応をしてしまうと、来社したお客様や、そのお...

電話が嫌いな女性でも克服できる!今日からやるべき対策を紹介

電話が嫌いな女性でも仕事をしていると電話対応をしなければならないことがあります。できるだけ受けた...

電話応対の方法は?担当者が出張中の場合の正しい対応の流れ

担当者が出張中で不在の場合、その人宛にかかってきた電話をどのように取ればいいのか悩む人もいるのではな...

ビジネスで大切な電話のマナー、電話の受け方かけ方を解説

ビジネスマナーとしてぜひ覚えておきたいのが電話のマナー。電話対応が悪いと、会社の信用問題にも...

志望動機が思いつかない人必見、転職時の志望動機の考え方とコツ

転職活動をしている中で応募したい企業があっても、肝心の志望動機が思いつかないこともあります。...

上司とのラインで絵文字やスタンプはNG?ラインのマナーを解説

仕事の連絡を上司にするとき、ラインを使ってやり取りをしている人もいるのではないでしょうか。このときに...

転職で覚えておくべき優良企業の探し方。失敗しない会社選び

今の会社に不満があり、転職を考えている方も多いと思います。ここで誰もが考えるのが「優良企業に転職...

技術職への転職が難しいと言われる理由と転職活動をするポイント

技術職に転職したいと考えている人の中には、技術職への転職は難しいと言われることがネックで先に進めない...

男女の顔の違いをわかりやすく解説!イラストの描き方とコツ

イラストを描く上で大切なのが、男女の顔の違いを知ること。違いを知ってそこからアレンジすれば、...

スポンサーリンク

管理職に出世することを嫌がる若者が多い理由は責任の重さにある

社会人男性で、30代、40代で会社勤めも長くなると、管理職を任されますよね。年齢も年齢ですし、若い世代を管理できる立場、仕事も責任があるものを上司から任される頃だと思います。管理職に就きたいけど、管理職の仕事は責任も伴うし、迷っていますか?責任ある仕事は誰もやりたがらないかもしれませんね。

あなただけの成績が評価される訳ではない

この管理職が背負わなくてはいけない「責任」ですが、あなた自身の成績ではなく、例えば、企業の一階全体の責任を問われたり、一つのチームの責任を問われることになります。それに面白みを感じ、「逆にその方が仕事はやりやすい」と感じる方もいます。ただ、あなたがそんな責任は感じたくない。私は私がした仕事の責任だけを負いたい、そう感じるとします。そうすると、あまり管理職の仕事は合わず、重荷に感じると思います。
管理職の仕事は、全体の仕事の責任を問われます。個人の責任ではないので、そのより幅広い責任をあなたが背負えるかどうかだと思います。

管理職になると責任の重さだけではなく役割が増えるのも大きな負担となる

管理職ということは、普通に働く方より、責任も重くなりますし、それに加えて、仕事の量も増えます。

一社に勤務している期間が長かったり、年齢も上の方は、どうしてもこの管理職の方が背負う、責任とか、仕事の量を重く感じざるをえないかもしれませんね。

管理職は、新人を教育しなくてはいけない

上記のような、仕事の量が増えます。新人、部下を育てること、また、自分と同じ仕事をすることができるよう、教育するのも、仕事の中に入ります。

また、教育するだけではなく、実際に数字に出すこと、成果を出すことも求められるのが、管理職の仕事です。数字が上がらないと意味がない。また、できるだけ、同じ職場から仕事を辞める人を減らすのも、管理職の仕事になります。
新人のレベルも上げなくてはいけませんし、きつく教育しすぎて、退職されても困ります。管理職の方は、そういった、配慮も求められるのかもしれませんね。それができる方はいいのですが、できない方は、例え能力があり、抜擢されても、日々反省の日々も多いかもしれません。

管理職の中でもより責任が重い管理監督者になると管理手当はでるが残業代はでない

年齢も30代、40代になると、管理職、憧れますよね。今年は、管理職になれるのではないか。実際、管理職に昇格し、働き始めた方で、毎日を生き生きと生活している方もいます。あなたもそれを望んでいるかもしれません。ただ、管理職の中でも、管理監督者への昇格は、給料面も含めて何もかも良い訳ではありません。その点にも注意しつつ、会社での管理職のポジションを目指して下さい。

管理監督者の待遇、給料は既に高い

どうして、管理職、管理監督者には、残業代は払われないのだろう?折角昇格したのに?

残業代がもらえない理由は、既に管理職の給料は高く、待遇も良いからです。

それを考慮したせいか、労働基準法で管理監督者には、残業代は支払う必要はないと決められています。既に給料は高いので、そこまで支払う必要はないと考えられているようです。これから管理職を狙っている方にとって、少し残念に感じる点かもしれませんね。

大変な管理職にもメリットはあるのでやりがいを感じる人もいる

管理職は、大変な仕事です。能力があり、抜擢されたとしても、上記で説明した通り、新人の教育はしなくてはいけないし、実際に、数字、結果を求められますし、会社で普通に働いている方に比べて、責任は重くなります。

ただ、管理職にもメリットは十分あります。例えば、企業として、きちんとした管理職のポジションを任せられていることにより、社会的信用は得られます。例えばあなたのお子さんがアパートを借りる時、親として、あなたが保証人になります。今与えられている、会社の管理職のポジションを躊躇なく書けます。企業で、管理職として働いているというのは、それだけ社会から信用されているポジションにあなたはいるという証拠になります。アパートの審査の際も、審査が通らないことはあまりないと思います。これも、管理職で働いている方にとって、メリットだと思います。管理職も捨てたものではありません。

誰でも管理職の仕事をこなせるわけではない。管理職に向いている人

誰でも管理職になれる訳ではありません。管理職にも向き、不向きはあります。

チームをリードできる人

成績が例え優秀でも、チームをリードできる能力がない方には、管理職の仕事は向かないかもしれません。個人の成績は優秀でも、管理職に就く人は、チームをリードする力、まとめる力が必要とされます。それがないようでは、管理職は合わないかもしれません。その仕事をする能力は必要になります。ただそれだけではなく、人を指導できる力、教育できるスキル、チームをリードする能力も必要です。

話しかけやすい人

管理職の方が、他の人に対する態度ですが、冷たいと周囲から質問などしにくくなります。管理職を目指している方は、どんな人とでもコミュニケーションを取れる技術が必要かもしれません。誰とでも簡単にコミュニケーションを取れるスキルのようなものが管理職には、必要だと思います。管理職ですから、人をマネージする能力も問われます。仕事の中には、新人教育も含まれますから、初対面の方でも、きちんとした対応ができなければいけません。その対応ができる方が、管理職に向いているのだと思います。幅広い年代の方とコミュニケーションが取れ、誰とでも話せる方は、逆に、管理職に選ばれやすいかもしれませんね。ただ、管理職なので、責任も問われがちにはなると思います。