キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

ビジネスマナーとして身につけておきたいお茶出しのルール

会社で、取引先の方やお客様など、お茶をお出しする場面もあります。そんな時に覚えておきたいのがお茶出しのマナーです。何となくは知っていて、いつも自己流でやっているという方も多いかもしれませんが、正しいマナーを覚えておくといざという時も困りません。
そこで、ビジネスマナーとして覚えておきたいお茶出しのルールについてご紹介します。大切なお客様へのお茶出しや、大きな会議でのお茶出しなど、きちんとしたマナーを身につけておくと安心です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーツを上手に着こなして、快適に冬を過ごそう

スーツの素敵な着こなしのポイントの一つに、「季節感を大切にする」というものもあります。 日本に...

欠席をお詫びする場合のメールは当日連絡は控えましょう

社会人になると、社内の同僚や上司と食事に行く機会もあると思います。 それだけではなく、取引先の相手...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

事務仕事を効率的にこなすコツと事務仕事は本当に楽なのかについて

事務は結婚後も続けられる、子育てしながらでも働きやすい、楽そうなどの理由から女性の間で人気な職業です...

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。 ...

ビジネスを成功させるために、知っておきたいマナーと挨拶

会社で働く時は、ただ決められた言葉と行動を行えばすべてが上手く行くわけではありません。 基本のビジ...

会社でミスをしたときに謝罪メールを送るときの内容について

会社でミスをしてしまったとき、上司に謝罪をしなくてはいけないときにはどのようなメールを送ればいいので...

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせると...

電話応対のビジネスマナー。覚えておきたい基本ルールとマナー

仕事で電話応対をする時には、電話ならではのビジネスマナーがあります。顔が見えない電話は、声のトー...

ビジネスマナーの上で重要な名刺交換について知りたい

仕事を円滑に進める上で欠かせないのがビジネスマナーです。 特に名刺交換は、どのように振る舞うか...

お家でも取得可能な資格や人気がある女性の就職に役立つ資格

就職をするときに業種によっては資格が必要であったり、資格が有利に働くことは少くありません。また再就職...

在宅勤務として募集の多い職種や在宅勤務のメリット・デメリット

育児や親の介護など、在宅で働きたいという方も多いと思います。本当は今の会社で働き続けたいという気持ち...

お客様にお詫びメールをする時は誠意が伝わる対応をしよう

仕事でミスをしてしまったら、逃げたくなってしまうこともあるでしょう。 ですが、仕事にミスはつきもの...

電話応対のマナーはビジネスでの大切な基本

電話は、声だけでのやり取りになりますので、それに応じたマナーを心掛けなくてはいけません。 特に...

土日休みの仕事がしたいなら、確実に休める業種を見つけよう

最近では子育てをしているママも社会に出て、仕事をしている家庭が多くなってきました。 家庭とは違うこ...

スポンサーリンク

ビジネスマナーで覚えておきたいお客様へのお茶の出し方

自分のためではなく、お客様といった大切な方のためにお茶を準備する経験は仕事をするまではなかったという方も多いと思います。

特に、実家で生活していると自分ではなく親がお茶を用意するため、なんとなくお茶を準備して出すこというイメージだけで詳しいことはわからないという方も多いと思いますが仕事によってはお茶を出すことが多い職場もあります。

社会人として、お茶の出し方を覚えておいて損はありません。どうしても、女性の方が男性よりお茶を出すことをお願いさえることが多いのです。

お茶は出す時に緊張しがしで、失敗してしまうと焦ってしまうもの。失敗をしてしまわないように、覚えておきましょう。

かれん

お茶の出し方

  1. ドアがある部屋の場合はドアの前に立ち、お茶をこぼさないように注意をしてドアをノックします。
  2. 「失礼します」と言ってからドアを開け、軽く会釈をしてからお茶を一度サイドテーブルなどのお客様がいる場所とは違うテーブルにおきます。
  3. ※サイドテーブルなどが無い場合は、入り口側のテーブルの端に一度おぼんのままおきます。
  4. 茶托(茶碗をのせる小さいお皿のこと)をおぼんから降ろさずそのまま茶碗を茶托の上に置きます。
  5. 茶托を両手で持ちお客様の右側から「どうぞ」と声をかけて静かにお茶を出します。
    ※お客様が話している時は、話しかけずに軽く会釈をしてお茶を出します。
  6. 右側が狭い場合は無理をせず左側から出します。
湯呑茶碗に絵柄のある時は、絵柄をお客様から見える向きにして出しましょう。

お茶を出す時のビジネスマナー、会議の席へのお茶の出し方

ビジネスの場面では会議などの人数が多い所でお茶を出すこともあります。

お茶を出す時は注目されやすく、緊張してしまうことが多いですが、座る位置によってお茶を出す順番が決まっています。

お茶を出す順番をしっかり覚えておくと、いざという時に混乱せずにお茶を出すことができます。

上座から出す

例えば、10人位の規模の会議だとしましょう。

上座は入り口から1番遠い位置の奥の席になります。

時には、全員の視線が自分に集中してしまうこともありますが、焦ることなく1番置くの上座のお客様からお茶を出しましょう。

狭いスペースの場合

右側から出すことがお茶を出す時のマナーとされていますが、右側にまわるスペースが少ない場合もあります。

そういった場合は無理に右側にまわるとぶつかっってしまい逆に迷惑となってしまいます。

スペースがない時は「こちらから失礼します」「前から失礼します」などと声をかけてから空いているスペースを使ってお茶を出します。

お茶を回して配ることも

複数の方にお茶を出す際、一人でお茶を配るには時間がかかることがあります。

会社の方によってはお茶を回して配る配慮をしてくださる方もいますそういった場合は、そのままスムーズにお茶を出すことを優先してお願いしましょう。

ビジネスシーンでも役に立つ美味しいお茶の入れ方

お茶を出す際のマナーを紹介しましたがお茶の入れ方も大切になります。お客様に出すお茶は美味しいと思っていただけるお茶を入れられる方が会社の印象も違ってきます。

また、普段からお茶の入れ方を知っておくと結婚をしてから親戚の方にお茶を入れたり、仕事のイベントなどお茶を入れる機会は多くあるためとても役立ちます。

美味しいお茶の入れ方は難しいことはなく、一度覚えるとその後も活かすことが出来ます。

人数分の湯呑茶碗と茶托

割れていたり汚れている物がないか確認しておきましょう。

  • 急須
  • お湯(60度から80度)

お茶の種類によって変えて使います。

手順

  1. 急須と湯呑茶碗にお湯を入れておき温めておきます。
  2. すべての湯呑茶碗にお湯を入れたらお湯を捨てます。
  3. 茶葉によって使うお湯の温度を分けておくとより美味しいお茶を入れられます。煎茶は70度から80度、玉露は60度くらいのお湯を使います。
  4. 寒い日など熱いお茶の方が良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、茶葉に合った温度をのお湯の方が美味しくなり、また火傷をせず丁度良い温度でお茶をお客様に出すことができます。
  5. 急須に、茶葉とお湯を入れます。
    お客様の人数が多い時は、一度使った茶葉を捨てて、急須に新しく茶葉とお湯を入れて、もう一度お茶を入れることがあります。
  6. 茶葉を蒸らすために、急須に蓋をして1分程待ちましょう。
  7. 温めておいた湯呑茶碗にお茶を入れます。

例えば、お客様が3人の場合

  1. 1つ目の湯呑茶碗に少しお茶を入れ、次に2つ目の湯呑茶碗にお茶を入れます。
  2. そして、3つ目の湯呑茶碗にもお茶を少し入れ、この動作を繰り返します。
こうすることで、お茶の濃さを均一にすることができます。

しかし、ここでゆっくりお茶を入れることで、お茶が冷めてしまうことがあるので手早く行いましょう。

湯呑茶碗の持つ所など、お茶をこぼしてしまって濡れていないか確認しておきましょう。

濡れている場合は、火傷に注意してゆっくり丁寧に布巾などで拭き取っておきましょう。

コーヒーや紅茶を出す時のビジネスマナー。砂糖やミルクの置き方

相手の方や会社によってはお茶の他にコーヒーや紅茶を出すこともあります。

ホットコーヒーに使う砂糖とアイスコーヒーに使う砂糖はタイプが違います。

コーヒーや紅茶を普段から飲む機会がある方だとわかりやすいですが、飲む機会が少ない方は使う砂糖やミルクを覚えておくと良いでしょう。

砂糖とミルクのセットの仕方

コーヒーやお茶を出す場合は、ソーサーという小さいお皿の上にカップを載せて出します。

砂糖とミルクを、使わない方もいるかもしれませんが、必ず用意しておくようにしましょう。

セットする際は、ソーサーの手前に砂糖とミルクを置きます。

会社によっては、自由に砂糖とミルクを入れるようにまとめて別の容器にセットしておくこともあります。

しかし、お客様の人数やテーブルの大きさ、座る位置によってはお客様が砂糖などを使いにくい場合もあります。

ケースバイケースで、お客様が使いやすい位置に配置するようにしましょう。

お菓子を出すとき

お茶の他にお菓子をだす時は、位置に決まりがあります。

  • お客様の右側から出す時は、お菓子、お茶の順。
  • お客様の左側から出す時は、お茶、お菓子の順に出します。

位置は、お茶の左隣にお菓子とおぼえておきましょう。

お茶を出す時にありがちなトラブルの回避方法

お茶を出す際に、緊張してしまい普段どおりにすることが出来ずに、お茶をこぼしてしまうことがあると思います。

大丈夫です!お茶をこぼしてしまった時はまず冷静になって対処しましょう。

対処の仕方を知っておくことで、いざという時にも落ち着いて対応することができます。

お茶をこぼしてしまったとき

自分のミスでこぼしてしまった時はまず丁寧に謝ります。

すぐにお客様の着ている服や、書類など他の物が濡れていないかを確認して乾いた布巾で拭きましょう。

こぼしてしまったお茶は一度下げて新しくお茶を入れて出します。

お茶の数が足りなかったとき

お茶の数が足りなかった場合も焦らず対応することが出来ます。

先にお客様にお茶を出してから「改めてお持ちします」と声をかけてから、足りない分のお茶を入れて出しましょう。