キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

【ビジネスマナー】人物紹介の順番は?正しいマナーを解説

ビジネスにおいて、マナーというのはとても大切なものです。取引先の方と自分の会社の上司を引きあわせるときなど、どのような順番で紹介すればいいのか、知識がなければわからないこともあります。

ここでは、人物紹介におけるビジネスマナーいついてお伝えします。

紹介する順番はどうすればいいのか、状況別の順番についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

正しいビジネスマナーを知って、失礼のない振る舞いをしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

転職で覚えておくべき優良企業の探し方。失敗しない会社選び

今の会社に不満があり、転職を考えている方も多いと思います。ここで誰もが考えるのが「優良企業に転職...

大切と大事の違いを知って正しく使って人と差をつけよう

「大切」と「大事」の違いを問われた時に、答えられない人がほとんどでしょう。話し手が、なんとな...

ビジネススキルは資格取得でアップ!身につけたいポイントを紹介

ビジネススキルをアップするために資格を取得したいと考えている人は必見です。大変な勉強をして資格を...

電話応対が上手になる練習のコツやポイント

会社で働くようになった時につき物なのが、電話応対です。練習期間を設けてもらっていても、なかなか上...

20代で独身なのにパート勤務なのはなぜ?気になる理由について

40代の子持ちの主婦がパート勤務を希望すると、多くの方は家事と子育てを両立するためだと思い疑問を...

これから流行るであろう、将来性のある仕事とは

これからはどんな仕事が流行るのか、儲かる仕事、将来性のあるのはどんな仕事なのか気になりませんか?...

ビジネスを成功させるために、知っておきたいマナーと挨拶

会社で働く時は、ただ決められた言葉と行動を行えばすべてが上手く行くわけではありません。基本のビジ...

ビジネスで大切な電話のマナー、電話の受け方かけ方を解説

ビジネスマナーとしてぜひ覚えておきたいのが電話のマナー。電話対応が悪いと、会社の信用問題にも...

アラサーの転職を成功させるポイント!女の転職を有利にするコツ

仕事が好きでバリバリ働いているアラサー女性の中には、転職を考えている女性もいるのではないでしょうか。...

公務員の女性の服装について選び方のポイントや注意点を紹介

公務員として働いている女性はどんな服装をするべきなのでしょう?これから公務員として働く予定の女性...

スーツを上手に着こなして、快適に冬を過ごそう

スーツの素敵な着こなしのポイントの一つに、「季節感を大切にする」というものもあります。日本に...

在宅勤務として募集の多い職種や在宅勤務のメリット・デメリット

育児や親の介護など、在宅で働きたいという方も多いと思います。本当は今の会社で働き続けたいという気持ち...

男女の顔の違いをわかりやすく解説!イラストの描き方とコツ

イラストを描く上で大切なのが、男女の顔の違いを知ること。違いを知ってそこからアレンジすれば、...

電話応対のマナーはビジネスでの大切な基本

電話は、声だけでのやり取りになりますので、それに応じたマナーを心掛けなくてはいけません。特に...

土日休みの仕事がしたいなら、確実に休める業種を見つけよう

最近では子育てをしているママも社会に出て、仕事をしている家庭が多くなってきました。家庭とは違うこ...

スポンサーリンク

紹介する時は誰が先?人物紹介のビジネスマナー

ビジネスの世界で、マナーは必要不可欠です。しかし、新社会人や遭遇したことのない場では迷ってしまったり判断に困ってしまう場面もあるでしょう。恥ずかしい思いをしないためにも、一度ビジネスマナーをしっかりと確認しておきましょう。

ビジネスの場ではまず最初に挨拶から始まります。一対一の場合は名刺交換で終了しますが、自分が仲介役の立場に居て、2人を紹介するといった場面だった時はどうすればよいのでしょう。

基本的に相手の事を紹介する場合、敬意を払わなければならない相手を「後に」紹介します。

自分の上司とお客様だった場合は、お客様を「後に」紹介して、上司を先に紹介するといった流れです。
紹介する場で悩まないように、事前に頭の中でどちらを先に紹介するべきなのか考えてから挑むと間違いもないでしょう。

立場に上下関係や年齢差がない時の人物紹介のビジネスマナー

上の項目では、明らかに自分より立場が上の場合の紹介でしたが、自分と立場が大差ない人がいる場合の紹介方法はどうしたら良いのでしょうか。

お客様がいる場合には、どのような年齢であってもお客様が最優先ですので最後に紹介するという所は変わりません。

しかし、立場や年齢に差もなくお客様でもない場合には、「自分との関係が深い方」を先に紹介するようにします。
例えば、長年取引している会社のAさんと最近取引を始めた会社のBさんを紹介したい場合には、付き合いが長いAさんをBさんに紹介します。

こんなときはどうやって紹介?状況別・人物紹介のビジネスマナー

誰かを紹介する場は、いつも同じ人同士にはなりません。様々な状況で紹介しなければならないでしょう。挨拶の場で焦らないように、どのような状況でもスムーズに紹介できるように今一度マナーを確認しておきましょう。

よくあるパターンとしては、自分の身内と他人の場合は他人に身内のことを紹介。年齢差がある場合には年配の人に若い人を紹介。などが挙げられます。

他にも、訪問先で同行者がいる場合には同行した人を紹介する。といったなかなかないような場面に出くわしてしまうこともありますので頭の隅に置いておくと良いかもしれません。

実際には上記以外でも様々な状況がありますので、「この場合にはこっちが先」と覚えておくより、先程も紹介したように「敬意を払わなければならない人」と覚えておくのが良いのではないでしょうか。

自分の会社ではない人同士を紹介するときのビジネスマナー

先程も触れましたが、自分の会社ではない人同士を引き合わせて紹介するような特殊な場面では特に注意が必要です。

紹介する順番としては、先程も述べたように長年取引をしている会社のような縁が深い方を後に紹介します。
どちらが親密な関係かどうか判断に困った場合には年齢や相手の役職などで判断しても構いません。このような場合はケースバイケースで良いでしょう。

そして、同じ会社で複数名いる場合には役職や年齢に関係なくA社の人物を一人紹介したら流れでそのまま他のA社の人物を紹介していきます。
A社、B社、A社のようにあちこち紹介するのはやめましょう。

相手がどのような場合でも紹介する時は手のひらを使って「〇〇会社の〇〇社長です」と言うのが良いでしょう。また、初対面同士ですので会話が盛り上がるように仲介役のあなたが上手く進行してけるような気遣いをするのも必要です。

役職と名前はどちらを先に紹介?基本の紹介マナー

人物を紹介する場合、役職名のあとに名前を紹介するのが基本です。

丁寧に伝えたい一心で社長様のように役職の後に様を付けてしまうケースも多く見られますが、二重敬語になってしまい逆に失礼になってしまいます。

かといって、様がないと失礼に思われてしまう気がするという方は「社長の〇〇様」といったように役職の後に名前に様をつけて呼ぶと失礼になりません。マナーもあり丁寧で良いでしょう。
この時に〇〇社長様といったような使い方はしないように注意しましょう。
また、自分の会社の上司を紹介する際にさん付けて呼んでしまっている人が居ますがこれは間違いです。
どんなに上の立場であっても呼び捨てで紹介するのがビジネスマナーですのでしっかり覚えておきましょう。

そしてもう一つ、ビジネスの場で敬意を払いたいあまりにやってしまう間違いとして、どんな人にでも「殿」を付けてしまう人が居るのですが使い方には注意が必要です。基本的には目上の人に使うものであり、口語では様を使うほうが自然です。

うっかり普段どおりにさんを付けてしまったり、敬意を示したいあまりに不自然な敬語になってしまう事もありますが、会社の印象が悪くなってしまう可能性もありますので、人に紹介する場面では特に気をつけておくと良いでしょう。