キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

技術職への転職が難しいと言われる理由と転職活動をするポイント

技術職に転職したいと考えている人の中には、技術職への転職は難しいと言われることがネックで先に進めない人もいるのではないでしょうか。

今の仕事と全く違う仕事に就くのはとても勇気がいることですし、知識や経験がない分野への転職は不安を感じるものです。

ここでは、技術職への転職が難しいと言われる理由と技術職に向いている人の特徴・転職を考えるときのポイントについてお伝えします。

一度きりの人生に後悔を残さないためにも、しっかりと考えて転職活動をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

連絡忘れの謝罪メールをする際のポイントとビジネスマナーを紹介

ビジネスにおいて連絡忘れのミスをしてしまったときは、すぐに謝罪をしなければなりません。特に、メールで...

未経験でも事務に転職出来るコツやポイント

今勤めている会社からの転職を考えた時に、事務の仕事も良い選択です。しかし、事務の仕事が未経験だと...

ビジネスシーンでのお詫びの手紙の書き方・マナーと文章構成

ビジネスで取引先に失礼なことをしてしまい、相手を怒らせてしまった時は、しっかりとお詫びをする必要があ...

手土産の渡し方【ビジネス】会食の席で手土産を渡す時のポイント

取引先の企業に会食の席を設けてもらった場合、手土産を持参するのがビジネスマナーです。ここで悩むの...

メールでミスを謝罪する時は「直接謝罪してから」がマナーである

誰でもミスをすることはあります。ミスをすると気まずく隠したくなりますが、気がついた時点で素早く対...

受付の対応で感じが良いと思ってもらえるマナー

受付は、会社の顔とも言える場所です。その時に間違った対応をしてしまうと、来社したお客様や、そのお...

ビジネスマナーである手土産の渡し方を覚えてスマートな対応を

会社に入社してすぐに1人で取引先の訪問まわりを任されることがあります。そんな時、ビジネスマナーの...

事務は未経験でも転職しやすい職業なので女性に人気である

事務は「未経験からでも始められる」「子育てと両立しやすい」と言うことから転職に人気な職業です。...

転職【スキル】自信がない人でも成功できるポイントを紹介

転職がしたいけどスキルに自信がないからと立ち止まっていませんか?自分では気が付かないだけであなた...

電話の「応対」と「対応」の違いと、正しい受け付け方

電話でお客様などとお話をする時のことを「電話応対」と呼んだり、「電話での対応」と言ったりすることがあ...

ビジネススキルは資格取得でアップ!身につけたいポイントを紹介

ビジネススキルをアップするために資格を取得したいと考えている人は必見です。大変な勉強をして資格を...

今の仕事に満足していないけれど、転職しない人の理由

あなたのパートナーが今の仕事に満足していない時、あなたはどうしますか?パートナーの気持ちを優先し...

公務員の女性の服装について選び方のポイントや注意点を紹介

公務員として働いている女性はどんな服装をするべきなのでしょう?これから公務員として働く予定の女性...

学校のカウンセラーになるには?こんな資格があると有利

学校のカウンセラーになるにはどのような資格を持っていると有利なのでしょうか。とくに有利と言わ...

一般事務と営業事務との違いなどについてご紹介

就職先を選ぶ上で、どういった職種にするかは重要なポイントですが、漠然と「事務」といっても、実は名前と...

スポンサーリンク

技術職への転職が難しいと言われる理由は専門知識が必要になる

仕事は、それを生きがいとしている人や、生活をするためにと割り切ってしている人など様々です。

この先の自分の人生を考えた時、現在の仕事が行き詰まったり、そもそもこの仕事に向いていないのではないか、今のままの仕事で自分は満足なのかという疑問を感じる人は多いものです。

希望してその職種に応募したものの、実際仕事をしてみると思っていたこととは違っていて毎日ストレスを抱えながら仕事をしていると、人生に充足感を感じられないこともあります。

職業には、内容によって職種が様々ですが、中でも「技術職」と呼ばれる職種は人材不足の時代に重宝されるニーズの高い職種と言えます。

技術職の人材を必要としている企業が多く、専門知識も必要とするため、一般職と比べると年収も高い傾向にあります。

中途で一般職から技術職に転職するのは新卒で入社する場合と比較すると難しい

その原因としては、技術職は専門的な知識を必要とするからです。

特に、機械エンジニアのように、機械作りに携わる職種では、専門的な知識をすでに持っていることが前提というところも多いです。

今までまったく異なる職種で働いていて、機械エンジニアに転職するためには専門知識をまず身に付けることが必要と言えます。

技術は進歩する!技術職の転職が難しい理由は技術革新にもある

技術革新でオートメーション化が進む現場

私達が暮らす、この日本という国は昔からモノづくりの技術に優れた国と言われていますよね。

世界の中でもトップクラスに入る技術系の企業も多くあります。

そんな技術が進んだ日本なので、技術職に転職するのも楽なのでは?という人も中にはいるかもしれませんが、それは違います。

技術が進んだ時代だからこそ、人ではなくロボットの力を取り入れて成り立っている職種は多い

ものづくりを行う企業でも技術革新は進み、人の手で物を作り上げる工程を機械で行うオートメーション化が取り入れられています。

特に、AIの進化は驚くほどで、手術の際にAIロボットによる支援手術や、農作物を摘んだり、料理をしてくれるAIロボットなど、年々技術が進んでいます。

AIが活躍するほどに人の手は要らなくなるということ

人が要らなくなれば、企業側としても給与を支払う必要がなくなりますよね。

企業側として求める技術職は、そんなロボットによる自動化では難しい繊細な技術を持つ職人です。

そのため、未経験の技術職への転職は難しいと言われています。

技術職への転職は自分の年齢を考慮する必要も

転職を考えた時、求人内容を見ると、年齢制限があるところも多いですよね。

特に、専門的知識を必要とする技術職への転職は、企業側としても即戦力となる人を求めています。

技術職は体力と技術を求められる

まったく経験がない人を採用しても、一から教育しなければいけないからです。

技術職は、機械を設計・開発したり、作る仕事です。

どんな職種にも言えることですが、ものづくりには必ず納期があります。

その納期までに間に合うように仕事を終わらせる必要があるため、「定時に帰ります」なんてことは言えず、トラブルにも臨機応変に対応し、遅くまで作業することも日常的というところも多いでしょう。

そのため、技術職には出来るだけ体力がある若い力を企業側は求めている場合、年齢も「35歳まで」などの条件があるところが多いのです。もし、技術職に転職したいと考えているなら、自分の年齢も考慮しておくと良いでしょう。

技術職への転職が向いている人の特徴・向いていない人の特徴

技術職は大雑把な性格な人は向いていない

技術職の多くが、ミリ単位、ミクロン単位の微細な数値の調整が結果を左右する重要な物になります。

そのため、その機械を触る技術者には、どんな些細な事も見逃さないような注意深さや粘り強さ、さらに新しい物を発見する喜びがある人が向いていると言えます。

逆に、大雑把でこのくらいでいっかと考えるような性格の人に技術職は向いていません。
例えば、機械が予想と違う動きをした時、どこに不具合が出ているのか設計段階から見直せる人と、とりあえず中身を見て自分の予想で直そうとする人の場合、前者の方が技術職には適しているということです。

難しいと言われる転職を成功に導くポイントを知ろう

難しいけれどチャレンジするという姿勢

未経験から技術職への転職は、難しいということをご紹介してきましたが、まったく可能性がないという訳ではありません。

ここまでの記事を読んで、自分なりに考えた結果「でもやっぱり技術職になりたい」と思った人は、技術職への思いがそれだけ強いということなので、技術職への転職の道も明るいと言えるでしょう。

技術職は、仕事内容が繊細で、処理スピードも早いので業務量も多い職種です。

そのため、技術職で入社しても途中で辞めてしまう人もいるほど、厳しい業界でもありますが、逆に言うと、技術職は実力が物を言う世界でもありますので、自分の能力を発揮してモノづくりに生きがいを感じられる職種です。

転職が難しいと言われている技術職に応募する際には、自分の売りとなる技術や資格を備えた上で、「チャレンジ精神」を忘れずに自分を売り込みましょう。