キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

アルバイトの面接でされる質問とは?受け答えのポイント

アルバイトの面接ではどのような質問をされるのでしょうか。必ず聞かれる質問とは?

受け答えをするときに気をつけなければいけないのは、質問に対してきちんと答えるという事です。

ウソをついたり、曖昧にせずに聞かれそうな事を予測して答える準備をしておきましょう。ハキハキと答えることができなくても一生懸命さは伝わります。採用担当者が見るポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【面接マニュアル】バイト面接での高校生のマナーとよくある質問

高校生になり、バイトを始めようという方も多いと思います。ここで戸惑うのがバイトの面接です。特に、...

店長が嫌い!バイトが辛い・辞めたい時の対処法と考え方を解説

バイト先の店長のことが嫌いで、仕事を辞めてしまいたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

パン屋さんでバイトをするなら製造か販売か?評判について紹介

働くならパン屋さんやケーキ屋さんで、良いニオイに包まれて働くのが夢。そんな方も沢山いらっしゃいます。...

バイトの面接日に寝坊してしまった時はすぐに電話で謝罪

バイト、面接日に寝坊してしまった!これは大学生あるあるかもしれません。面接時間に間に合わ...

コンビニでバイトをする際の履歴書の自己PR文の書き方について

バイトをする際には履歴書の提出が必要となります。また履歴書には自己PRや志望動機の欄が設けられて...

データ入力のバイトが在宅ワークで人気がある理由と注意点

データ入力のバイトは在宅でも行うことができるため、学生から主婦の方まで、幅広い年齢層に人気があるバイ...

アルバイトの志望動機に家から近いという本音は言っても問題なし

アルバイトを始めるとき、志望動機に悩む人は多いようです。本当は家から近いという志望動機だけど...

飲食店のアルバイトの面接で聞かれることや答え方について

飲食店のアルバイトの面接ではどんな事を聞かれるのでしょうか。緊張して上手く話せなかったらどうしよ...

コンビニのバイトは疲れる?キツイと感じられる理由について

バイトと言うとコンビニなら、手軽に始められるのでは?と感じますが、実際にはコンビニのバイトは疲れる、...

パートの履歴書に役立つ自己PRや志望動機の書き方について

パートの履歴書の自己PRや志望動機はどのような事と書いたらいいのでしょうか。自己PRは、ブランク...

パン屋のバイトの面接で聞かれることとポイント・服装と話し方

これからパン屋のバイトの面接を受けようと思っている人の中には、今までアルバイトをした経験がなく、面接...

バイト面接でよく聞かれることと印象の良い答え方

初めてバイトをする時には、バイトの面接ではどんなことを聞かれるのかと、不安に思う方が多いと思いま...

アルバイトの面接で落ちる理由と採用になるためのアドバイス

アルバイトの採用では、必ず面接があります。アルバイトだからと、履歴書を適当に書いてしまったり、面...

バイトの志望動機を考えるポイント【接客業】履歴書・面接対策

これから接客のバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機についてどうしたらいいのか悩んでいる人も...

ネットで副業【初心者向け】始める前に知っておきたい成功のコツ

ネットを使った副業は初心者でも簡単に始めることができるので興味がある人も多いでしょう。主婦でも家に居...

スポンサーリンク

アルバイトの面接で必ずされる質問は応募理由

アルバイトの面接の質問でまず聞かれやすいのが、志望動機、応募理由です。
アルバイトの場合は、正社員の就活のようにそこまで詳しいものを求めていないことが多いので、例えば「家が近くて働きやすいと思ったから」「留学費用を貯めるために稼ぎたかったから」などで構いません。

しかしより採用の可能性を高めるなら、その理由プラス説得力を高める理由を付け加えましょう。意欲があると判断されて、なお印象が良くなります。

  • そのお店で働きたい気持ちをアピール
    例:ここのお店の商品・サービスが好きだから
  • 自分の志向をアピール
    例:人と接するのが好きで接客の仕事をしたかったから
  • 自分のスキルをアピール
    例:体力に自信があり、力仕事なので活かせると思ったから

アルバイトの面接でシフトや通勤時間の質問されたらきちんと答えましょう

次にアルバイトの面接の質問で聞かれやすいのが、「週何日出てこれるか」「土日も働けるか」といったようなシフトについての質問です。

事前に自分のしっかりとした希望は出しておきましょう

例:週3日か4日希望で、17~22時まで働けます。

テスト期間は休みがちになる可能性があるなら、あらかじめその期間があることも伝えておいたほうが良いでしょう。

とりあえず受かりたいがために、全部出れますといったり本当は出られない時間も出れますと嘘をつくのはやめましょう。

お店側は本当にその時間帯に働きたい人が欲しいわけですから、いざ採用して実は無理ですとなったら困ります。

仕事開始日も聞かれることがありますが、これも正直に答えて構いません。しかし1ヶ月後などあまり後になると、向こうは早く働いてほしいのに…と考えている可能性があるので、できれば採用されたらすぐに働ける状態で応募するのが望ましいです。

通勤時間についての質問も、交通費のことや移動時間についてお店側はわかっておきたいので、正直に詳細に答えましょう。

面接の質問でよくされる長所と短所の答え方について

「長所」の答え方

長所はただ答えるだけでなく、応募する職種にどれだけ役立つかといったことをアピールできると良いです。

  • 「明るい性格で人と話すことが好きなので接客に向いていると思います。」
  • 「手先が器用で、細かい作業をすることが好きです。」

短所の答え方

短所を答える場合は、自分でフォローも一緒に入れるか、もしくは、直そうと努力しているエピソードを手短に入れると良いです。

  • 「心配性なところがあります。でもそれがミスをチェックする場面で役立つこともあります。」
  • 「自分なりの信念を持っているつもりだったのですが、頑固だと言われたことがあります。それ以降は周囲の意見やアドバイスも柔軟に取り入れるよう気をつけています。」

アルバイトの面接で答えにくい事を質問された場合

アルバイトの面接では、答え方に一瞬戸惑ってしまうような答えにくい質問をされることも時にはあります。その時の対応を見て人柄を判断することもあるので、変に嘘をつくことはせず落ち着いて答えましょう。

よくある答えにくい質問

「なぜ前のアルバイトをやめたの?」
前のアルバイト先の悪口になってしまいそうな、マイナスなことは言わないように気をつけましょう。向上心があったから違う仕事を選んだという方向で答えられると良いです。
「うちの会社のことを知ってる?」
知らなかった場合、「知りませんでした」とだけ答えるより、「知らなかったけどこれから知りたいと思ってる」という意欲を伝えると良いです。
「○○(希望していない職種)でも働ける?」
はっきり希望を伝えましょう。できると思ったらYESで良いですし、できれば希望の職種が良いと思っているなら、そう正直に答えます。

アルバイトの面接では質問の受け答えの他に採用側はココを見てます

身だしなみをしっかりと

アルバイトの面接といっても、職種によってはしっかりとした身だしなみが求められることがあります。例えばコールセンターやオフィスに勤めるようなアルバイトなら襟付きのシャツ、ジャケットなどを羽織って行った方が良いでしょう。比較的服装がゆるそうなコンビニや飲食店の場合でも、いつも友達と遊びに行くような服装よりきれいめで落ち着いた服装を心がけましょう。ロングヘアーの方もまとめておいた方が印象が良いです。

相手の目を見て答える

採用担当者から質問をされたら、相手の目を見ながらハキハキと答えましょう。接客仕事であっても事務仕事であってもコミュニケーション能力を求められることが多いので、目を合わせられないと「大丈夫かな?」と思わせてしまいます。またできるだけ笑顔で話すようにすると緊張しにくいでしょう。

最後まで気を抜かない

部屋を退出する時、ドアを閉める時、お店から出る時など、最後まで雑な対応をしてしまわないよう気を抜かないようにしましょう。こういった時の行動がチェックされている可能性もあります。ただの通行人だと思っていたら実は出勤前のお店の人だったなんてことも無きにしも非ずです。